お手入れー白雪ふきんー

お買い上げいただいた時に、商品の取り扱いについての注意書きをお渡ししたり、口頭でお言葉添えをさせていただいているのですが、ちょっと知りたい時にいつでも情報が見られるように、不定期ですが商品別のお手入れ方法を書いていきたいと思っています。

先ず最初は、数で言うと一番多くお買い上げいただいている白雪ふきんシリーズから。

白雪友禅はんかち ¥420

綿100%でガーゼのような柔らかさ。

やや繊細な生地で、商品の帯には手洗いと記載していますが、私は洗濯用洗剤を使いネットに入れて洗濯機で洗っています。

こすり洗いをすると、生地が擦れるのでご注意を。

白雪ふきん友禅染め ¥368

レーヨンベースの素材で、ネット使用の洗濯機洗いができます。

より長持ちをさせるには、おしゃれ着洗い用の洗剤(エマールやアクロンなど)を使った方が固くなりにくいですね。

漂白剤の使用も可能です。

白雪スクワランうるおいタオル ショート¥788 レギュラー¥1,365

スクワランうるおいたおるの詳細はこちらへどうぞ。

レーヨン100%で、保湿成分のスクワランが配合されています。

ネット使用の洗濯機で洗えますが、おしゃれ着洗い用の洗剤(エマールやアクロンなど)を使うことをおすすめします。

普通の洗濯用洗剤で洗ったことがあるのですが、生地の柔らかさの保ちが断然違ってきます。

使用の目安はおよそ3ヶ月、少しごわつくようになってきたら買い替え時です。

漂白剤の使用はスクワランが落ちてしまうので不可。

麻・白雪ふきん(2枚入) ¥630

綿ベースで麻が15%入っています。

こちらは、ネット使用の洗濯機洗いで大丈夫です。

汚れ落ちがいいので普段は水洗いをし、たまに洗濯機を使って洗っています。

キッチン周りの使用が多いので、漂白可能であるのもうれしいですね。

白雪ふきん・彩 ¥630

こちらも同じく、綿ベースで麻が15%入っています。

麻・白雪ふきんは8枚重ねですが、白雪ふきん・彩は2枚重ね。

薄く大判であるのが特徴ですので、洗濯機でのご使用はお控えください。

乾きも早く汚れも落ちやすいので、普段のお手入れは水洗いで十分です。

漂白剤の使用も可能。

全てのふきんについてですが、乾燥機はご使用にならない方がいいですね。

商品の注意書きを基本に、私の体験談をプラスして書いているので、その点は予めご了承の上で参考にしてください。

他にもいろいろと書いておきたい商品のお手入れ方法がありますので、それは追々。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »

照屋窯

続いては照屋窯へ、ご挨拶と買い付けに参りました。

Details »

金月そば

読谷でのお昼ごはんは金月そばへ。

やちむんの里からも近く、道の駅喜名番所の向かいです。

Details »