野口五郎岳

野口五郎岳への上りの途中、振り返った先には野口五郎小屋とこれまで歩いてきた道、そしてその奥には雲海が広がっていて。

30分弱で標高2,924m野口五郎岳到着。

山頂を経由し水晶へとの案内表示、次に目指すのは個人的に憧れの強い水晶岳です。

槍ヶ岳を正面に見てまずは手前の水晶小屋へ。

コースタイムで2時間50分、これまでより少しアップダウンはきつめです。

晴天の中太陽にさらされ続けているので喉の渇きが早くありまして、水分補給は入念に行いました。

暑さはあるもののこれ以上にない好天と景色。

歩くスピードでも刻々と風景が変わり、北アルプス深部の雄大さを満喫です。

お花畑に、

岩陵越しの槍ヶ岳。

道中の岩場も安全なもので。

景色だけでなく足場も様々、長くも飽きないコースです。

ひとつひとつ越えていき、

水晶岳がどんどんと近づいてきて(右奥の黒い山)。

東沢乗越まで来ました。

乗越(のっこし)とは峠のこと、となるとここから下るということで。

斜面が赤く見えているのが赤岳、水晶小屋はその上にあり、もう少し。

分かってはいるものの一度下がってから上がる、その全容が見えてしまって。

小屋までがしんどかったです。

一歩一歩が高め、その強度が1時間続くためなかなか。

着いたら食事休憩、ここが踏ん張りどころです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ggg

ギンザ・グラフィック・ギャラリーへ、「日本のアートディレクション展 2019」を見に行きました。

Details »

Ginza Sony Park

続いてGinza Sony Parkへ。

Details »

GINZA SIX

久々の東京とあって銀座もいろいろと変わっていて、初めての場所巡りを。

こちらGINZA SIXです。

Details »

銀ぶら

喫茶アメリカンまでの道中、朝の銀座を散歩。

Details »

喫茶アメリカン

東京滞在2日目、いつかと思っていたこちらのサンドイッチで朝ごはんです。

歌舞伎座のすぐ近く、喫茶アメリカンで極厚サンドイッチをテイクアウトしました。 Details »

「工芸批評」展

銀座松屋で行われていた「工芸批評」展、最終日に駆け込みで伺いました。

Details »

三浦三崎港 めぐみ水産

葉山から横浜へ戻り、地下街ポルタの中にある三浦三崎港めぐみ水産でさくっとお昼ごはんです。

Details »

「カイ・フランク」展

神奈川県立近代美術館葉山館で行われている「日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク」展を見に参りました。

Details »

謝甜記 貮号店

東京方面への旅、スタートは横浜中華街の謝甜記貮号店で朝粥を。

数あるお粥メニューから悩みつつも魚生粥を注文しました。

Details »

東京行き

気がつけば3年半ぶり、東京方面に行ってきました。

とりあえずの横浜中華街、理由は後ほど。

Details »

服部のとうふ

当店から徒歩5分ほど、スーパーYAOSENで扱っている服部さんのとうふです。

工房は真如堂の近くにありますが、 Details »

小代焼ふもと窯 入荷しました。

先日買い付けをしてきました熊本は小代焼ふもと窯の器、本日店頭出しが完了しました。

Details »