温泉津温泉 元湯

早朝、温泉津に到着。

港のこの風景を眺めてから目覚ましの湯へと向かうのがいつもの流れです。

温泉津には外湯がふたつあり、慣れている安心感から毎度薬師湯を利用していました。

今回はいつかはと思っていた元湯の方へ。

ためらっていた理由はお湯が相当熱いと聞いていたもので。

熱湯とぬる湯があるものの熱湯で45℃ほど、ぬる湯も決して入りやすくはないらしく、ドキドキしながら向かいました。

浴場内にシャワーはなく、洗髪する場合は入浴料(370円)に加えて50円(だったかと)かかるとの仕組み。

薬師湯と同じく浴槽には湯の花がこってり付いています。

原形がわからないほど丸みを帯びていて、それほどに濃い泉質ということ。

薬効が強いので長湯は厳禁、ぬる湯の熱さは耐えられる範囲で心配することはなく、こちらもいいお湯でした。

元湯の向かいにある駐車場の脇には飲用の湯があります。

ボタンを押すと龍の口から流れ出る仕組み、温泉場で度々目にする飲用湯ですが、ここほどの濃さは初めて、なかなかの味でした。

内から外から温泉津の湯を染み渡らせ、身体を起こしてからは森山窯へと向かいます。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

祇園祭前祭宵山

祇園祭に行っていた訳ではないのですが、たまたまその期間に夜の外出が重なって。

Details »

延興寺窯

山陰仕入旅、最後は延興寺窯へ。

延興寺とは鳥取は岩美町の土地の名前で、おおよそ工房から見える辺りがその地域。 Details »

元湯温泉

鳥取滞在の翌朝は元湯温泉で早朝風呂です。

Details »

営業時間変更のお知らせ

本日15日(月・祝)は17:30閉店となります。

毎月の営業についてはトップページにありますカレンダーをご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

更科

山陰仕入旅、続いては晩ごはん。

お昼に魚をいただいたものの、続けて食べてもいいほどに山陰の魚介はおいしいです。

Details »

海の店ささき

温泉津から東へ移動する際によく利用しています食堂、海の店ささきでお昼ごはんです。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根は温泉津焼森山窯の品出しが完了しました。

種類豊富ですので、この度もアイテム名のみのご案内とさせていただきます。 Details »

やきものの里

森山窯を後にして温泉津やきものの里へ。

森山窯からは歩いて行ける距離です。 Details »

温泉津焼 森山窯

温泉津温泉からは森山窯へ。

恒例の買い付けです。 Details »

温泉津温泉 元湯

早朝、温泉津に到着。

港のこの風景を眺めてから目覚ましの湯へと向かうのがいつもの流れです。 Details »

台南微風

森山窯の品出し準備が整いつつありますので、随分と前のことにはなりますがそろそろ山陰仕入旅の様子を。

島根、鳥取へは京都で車を借りて向かっています。 Details »

DJANGO toKyo

メタボ岡崎(当店の入る建物)で営業をして9年を過ぎましたが、初めてのことになります。

105号室にお店がオープンします。 Details »