緑茶の胡麻和え

いただいた宇治の新茶、出がらしの葉があまりにもきれいな緑色だったので、胡麻和えにしていただきました。

小鹿田焼のすり鉢に白胡麻と荏胡麻(あったので入れました)を入れて擦り、出汁醤油を加え、出がらしの葉を和えて出来上がり。

6寸サイズのすり鉢を愛用していて、青菜などであれば容量程よく器として食卓に出してしまうのですが、今回は茶葉の量に合わせて小鉢に移し替えました。

出がらしでもお茶の味は残っていて、気になるような苦みもなく、そのままでもごはんにかけてもおいしくいただけます。

ぶっかけうどんや冷奴の薬味にもいいかと思います。

緑茶の葉にはいろいろと栄養がありますが、お茶として摂取できるのは水溶性の要素だけ、よく耳にするところでカテキンやビタミンC。

胡麻和えにしていただいたのは脂溶性の栄養素が摂れるかなと思ってのこと、具体的にどんな要素か知らずにしたのですが、調べてみると食物繊維やベータカロチン、ビタミンEなどがあるようです。

擦りたてのゴマであれば油分も酸化しにくく、水溶性、脂溶性、両方の栄養を余すことなく摂取できる満足感もあって、手軽ながらいい始末かと。

品薄になりがちな片口すり鉢、現在はふもと窯の6寸サイズと小鹿田焼の5寸、6寸サイズをご用意をしています。

胡麻和えやタレ作り、離乳食作りにとお買い求めになる方がほとんどなのですが、最近はスパイスカレーの調合にとの目的もちらほら。

そして茶葉の出がらし処理用にはこちらの大振りの茶こしが便利です。

網が二重になっていて、すくい漏れることのない作り。

ステンレス製で扱いも簡単です。

ふもと窯・小鹿田焼 片口すり鉢 ¥3,600~4,800(抜)

大振りのステンレス茶こし ¥650(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

Cheer up!

雨降りの今日は歩いて出勤、大好きなパン屋Cheer up!に寄ってお昼ごはんを調達です。

Details »

「SとN」の写真と言葉と料理、デザインの話

当店で配布させていただいており、また個人的にもファンである「SとN」、3月にご近所蔦屋書店でトークイベントが行われるようです。

Details »

ANDADURAの革小物

ANDADURAの革小物、ただ今在庫が揃っています。

当店の定番品はペンケース(左)、ミニ財布(右)、コインケース2種、 Details »

“DIALOGUE”

2月27日(木)〜29日(土)に行われるKyoto Crafts Exhibition“DIALOGUE”のフライヤーをお預かりしています。

Details »

絵付けのない器

沖縄の器と言えば、連想するのは鮮やかで大胆な絵付けが施されたもの。

それが苦手で…、という方、接客をしていると少なからずおられることには気がついていて。 Details »

京都新聞 きらっと京滋

京都新聞読者用の情報誌、きらっと京滋2020年3月号に掲載をいただきました。

Details »

お赤飯せんべい

新潟は長岡のお赤飯せんべいをいただきました。

Details »

御倉屋

紫竹にあります和菓子店、御倉屋のお菓子をいただきました。

Details »

QRコード決済

PayPayALIPAYとQRコード決済が使えるようになりました。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄は大宜味村共同窯、菅原工房(菅原謙)の器が入荷しました。

この度もアイテムのみですが、ご紹介をさせていただきます。

Details »

杉戸煎餅

東京は葛飾、杉戸煎餅のかき餅をいただきました。

ずっしりめのかき餅、いただく前から青のりのいい香りが。

Details »

大阪日本民芸館 2020春季展

3月1日(日)から始まります大阪日本民芸館の春季特別展『民藝の力 -パビリオン「日本民藝館」とEXPO’70-』、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしています。

  Details »