梅酒仕込み

先日、梅酒仕込みに必要な道具や材料についてご案内をさせていただきました。

屋台八百屋で見つけた梅を漬けましたので、ものすごく簡単な手順をご紹介させていただきます。

梅1kg(お店ではほぼこの単位で販売しています。)を洗い、つまようじでヘソを取って自然乾燥します。

ほとんどのレシピでは「清潔なふきんで水気を取って瓶に入れる」と書いてあるのですが、一番簡単で衛生的だと思っているのが自然乾燥。

梅を買ってきた日の晩に洗っておき、翌朝仕込むようにしています。

今の季節だと乾きすぎることもありませんし、暮らしは丁寧ながら簡潔にがモットー。

と聞こえはいいのですが、要はどうしたら楽できるかを常に考えていて、なんら問題がないので毎年そうしています。

傷がある部分は取り除き、こちらもきれいに洗って自然乾燥させた保存瓶に投入。

氷砂糖を入れ、ホワイトリカー1.8L(販売単位)を注いで終了です。

氷砂糖の量はお好みなのですが、わたしは少なめの250gほど、水位はこれくらいです。

標準では500g入れるので、4L瓶で8割ラインと程よい収まりに。

その字の通り梅雨が梅の時季となるのですが、関西の梅雨入りはまだこれから。

今年はずれ込んでいるので、ちょっとのんびりしてしまって。

今月末までが目安でしょうか、梅酒、梅シロップと仕込みを考えておられる方は先日の準備案内を参考に、時季が過ぎないようお気をつけてされてください。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

手造りかりんと

佐渡のお菓子、ワダコメの「手造りかりんと」をいただきました。

Details »

大文字登山 鹿ケ谷より

久々に大文字へと山歩き。

昨年の台風21号による被害で久しく閉鎖していた登山道、 Details »

書籍「工芸批評 」

先日お知らせいたしました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」、書籍についても触れましたが、当店で販売することになりました。

Details »

京都手帖2020

光村推古書院発行、京都手帖2020に掲載をいただきました。

Details »

BRAUNアラームクロック

先日お知らせをさせていただいた仕様変更につきまして、アラームクロックの方が完売しました。

Details »

小鹿田焼の壺

久しぶりに入荷しました大分、小鹿田焼の壺。

Details »

「工芸批評」

10月9日から始まりました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」で、でく工房のシンプルグラスの展示(販売)が行われています。

Details »

公園西口

大阪日本民芸館EXPO’70パビリオンと充実した鑑賞の余韻に浸ろうかと、遠い出口から帰ることに。

Details »

EXPO’70 パビリオン

万博の記念館として2010年にオープンしたEXPO’70パビリオン、元鉄鋼館を利用した施設で設計は前川國男氏です。

Details »

日本庭園

大阪日本民芸館の入館券で日本庭園へも入園することができます。

Details »

pain de joujou

お昼ごはんは茨木市駅周辺で探したパン店、pain de joujouのカレーパン、あんもちクロワッサン、クリームパンです。

Details »

大阪日本民芸館

公園東口より少し遠回りをして散歩しながら大阪日本民芸館へ。

  Details »