再「陶工・河井寛次郎」

京都国立近代美術館で行われている「川勝コレクション 鐘溪窯 陶工・河井寬次郎」展、最終日の本日もう一度。

招待券をいただきまして、2回目は贅沢にも気のままに鑑賞、幸いにもふらっと行ける距離でして。

10日しか空いていないにも関わらず、新鮮に感じる作品もちらほら。

その時の気持ちで関心の強弱って変わるもの、今日の気分はこちらのよう。

流描き両手文鉢。

呉須泥刷毛目皿。

泣碗。

こうなって付けた名称かと思いますが、一周ぐるりと奇跡的な間隔と長さで垂れています。

黄釉扁壺。

海鼠釉瓶子。

白磁壺(富本憲吉)。

前回反応したのが「機械は新しい肉体」の一文

今日は「手考足思」に。

好きなものの中には必ず私はゐる。

私は習慣から身をねじる、未だ見ぬ私が見度い(みたい)から。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

照屋窯 入荷しました。

先日お知らせをしていました照屋窯の器、店頭出しが完了しました。

Details »

富盛の石獅子

八重瀬にある富盛の石獅子を見に行きました。

Details »

2月の営業日

2月の営業日をお知らせいたします。

Details »

あやぐ食堂

首里のあやぐ食堂へ。

Details »

照屋窯

照屋窯へとご挨拶に。

Details »

読谷山焼北窯 入荷しました。

先月に買い付けをして参りました沖縄、読谷山焼北窯の器の店頭出しが完了しました。

Details »

読谷山焼北窯買い付け

陶器市が終わり、読谷山焼北窯の買い付けへ。

Details »

南部そば

てびちそばで有名な南部そばへ。

Details »

鳥玉

頭いっぱいだったのであまり遠出をしたくなく、予約していた宿から徒歩圏内にあった鳥玉で晩ごはんをいただきました。

Details »

「岡本太郎の沖縄」

2018年公開のドキュメンタリー映画「岡本太郎の沖縄」を見に行きました。

南城市のイベントの中で上映会が行われており、この日は監督も来られていて。

Details »

知念岬

南城市の知念岬へ。

Details »

シーサイドドライブイン

恩納村のシーサイドドライブインへ。

Details »