梅酒仕込みの準備

そろそろ梅酒作りの季節に、毎年恒例のご案内です。

DSCF1449

仕込みや管理が簡単なことから梅酒(梅シロップ)を作る方は年々増えている印象。

そこで今年初めてという方にちょっとしたアドバイスができましたらと。

梅の実を買う前にその周辺物を用意しておいた方が後悔なくできますので、どうぞご準備はぬかりなく。

一度経験しているのですが、良さそうな梅を見つけて先に買ったところ後の準備でもたもたしてしまい、その間に鮮度が落ちてしまいました。

2日間くらいのことですが生の果物、今思うと凡ミスで。

それからは瓶、ホワイトリカー、氷砂糖と揃えてから梅の実を買うようにしています。

梅の実は1kgで販売をしていることが多いのですが、ホワイトリカー1升に氷砂糖300〜500gとの一般的な作り方ですとこちらの4L瓶が最適な容量。

ミルクビンのような形の取手付き密封瓶で、私は手持ちの3本を使い回し、保管はだいたいキッチンの床です。

掃除の際は取手が付いているので移動が楽ですし、出したままでも気にならない見た目とあって。

取り出しやすい場所に置き、少しずつ楽しんでいます。

梅酒をすくうに便利なのがこちらの杓子。

Exif_JPEG_PICTURE

梅の実も難なく取り出せる大きさで1杯が約50cc、ステンレス製と衛生的です。

保存瓶の方も長く保管するとあって衛生面が気になるところですが、パーツが全て分解できるので隅々まで洗うことができます。

Exif_JPEG_PICTURE

またパッキンが消耗した際には取り替え可能、1個から注文をお受けしていますので、ご希望ありましたらお気軽にお申し出ください。

Exif_JPEG_PICTURE

昨年漬けた梅酒をまだ飲みきっておられない方は、移し替えをして瓶を空けていただければ。

蓋は酸や塩分に強いステンレス製、冷蔵庫のドアポケットに入るサイズとあり、これから冷たいものがおいしくなる季節にちょうどよくです。

ご紹介しましたそれぞれ、この時季は多めに在庫をしていますが、まとまった数でご入用の場合は事前にご連絡ください。

また密封保存瓶には梅酒、梅シロップ、フルーツビネガーなど便利なレシピが付いていますので、そちらもどうぞご参考に。

【ステンレス取手付き密封保存瓶】

4L ¥1,800(抜)

2L ¥1,500(抜)

1L ¥1,300(抜)

1~4L共通シリコンパッキン ¥200(抜)

【ステンレス杓子】

¥430(抜)

【ステンレスキャップ保存瓶】

450ml ¥350(抜)

900ml ¥400(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ggg

ギンザ・グラフィック・ギャラリーへ、「日本のアートディレクション展 2019」を見に行きました。

Details »

Ginza Sony Park

続いてGinza Sony Parkへ。

Details »

GINZA SIX

久々の東京とあって銀座もいろいろと変わっていて、初めての場所巡りを。

こちらGINZA SIXです。

Details »

銀ぶら

喫茶アメリカンまでの道中、朝の銀座を散歩。

Details »

喫茶アメリカン

東京滞在2日目、いつかと思っていたこちらのサンドイッチで朝ごはんです。

歌舞伎座のすぐ近く、喫茶アメリカンで極厚サンドイッチをテイクアウトしました。 Details »

「工芸批評」展

銀座松屋で行われていた「工芸批評」展、最終日に駆け込みで伺いました。

Details »

三浦三崎港 めぐみ水産

葉山から横浜へ戻り、地下街ポルタの中にある三浦三崎港めぐみ水産でさくっとお昼ごはんです。

Details »

「カイ・フランク」展

神奈川県立近代美術館葉山館で行われている「日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク」展を見に参りました。

Details »

謝甜記 貮号店

東京方面への旅、スタートは横浜中華街の謝甜記貮号店で朝粥を。

数あるお粥メニューから悩みつつも魚生粥を注文しました。

Details »

東京行き

気がつけば3年半ぶり、東京方面に行ってきました。

とりあえずの横浜中華街、理由は後ほど。

Details »

服部のとうふ

当店から徒歩5分ほど、スーパーYAOSENで扱っている服部さんのとうふです。

工房は真如堂の近くにありますが、 Details »

小代焼ふもと窯 入荷しました。

先日買い付けをしてきました熊本は小代焼ふもと窯の器、本日店頭出しが完了しました。

Details »