黄金柑と甘夏の皮

いただいた和歌山産の黄金柑とこれまたいただきものの京都の庭産甘夏と、同じタイミングだったので一緒に皮の始末をすることに。

皮はきれいに洗って薄切りに、少しの水と浸るほどのみりんで水分がなくなるまで煮詰めて完成です。

みりんを使ったことにあまり意味はなくて、家に砂糖がないので何となくです。

砂糖を買ってもうまく使い切れないことが多く、いつからか常備しなくなりました。

甘みが欲しい時にはハチミツ、酒粕、みりんの3択で何とかしています。

アルコール分もうまく働きそうとみりんで挑戦、気持ち柔らかさも出たような。

苦味や酸味は強くても平気ですが、辛味と甘味は強いと苦手なタイプ、ビターな仕上がりですが、わたしにはちょうど良くできました。

そのままつまんだり、ヨーグルトに入れたり、そして先日いただいた落合羊羹と一緒に食べてみたり。

相性の発見を楽しんでいます。

保存は毎度の野田琺瑯のタッパー、そして調理に使ったのはアルミの雪平鍋です。

雪平鍋、毎日のように使用していて傷やスレはあるものの上にある画像の通り、変色も劣化もなくいい状態。

軽くて熱伝導が良くて本当に重宝しています。

雪平鍋の中でもこだわってここのを使っているのですが、ご興味ありましたら理由もどうぞ聞いていただき選んでいただければと思います。

改めて、黄金柑も甘夏も頂戴しましてありがとうございました。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ぐい呑み

Meetsのテーマを拝借して、掲載をいただいたでく工房のガラスのぐい呑みの他、”家飲みを格上げする酒器”を少しご紹介させていただきます。

Details »

Meets Regional 8・9月合併号

7月1日発売、京阪神エルマガジン社発行のMeets Regional 8・9月合併号に掲載をいただきました。

Details »

MR. MAURICE’S ITALIAN

ランチはホテルのレストラン、MR. MAURICE’S ITALIANへ。

Details »

旧館

他の客室も見学を、窓の形に馴染みのある方も多いかと。

この印象的なアーチ窓は旧館部分の3階です。

Details »

ミーティングルーム

連日細かい滞在記、あと数回お付き合いを。

エレベーターホールの壁面も信楽焼のタイルで、案内表示は柚木沙弥郎氏。 Details »

STUMPTOWN COFFEE ROASTERS

ロビーから続く扉の奥はコーヒーショップ、STUMPTOWN COFFEE ROASTERSです。

Details »

ロビー

Ace Hotel Kyoto滞在記、客室に続いて本日はロビースペースを。

Details »

Ace Hotel Kyoto

先月開業しましたAce Hotel Kyotoへ。

有り難くプレオープンの時に泊まらせていただきました。 Details »

完売しました。

BRAUN社のアラームクロック、ドイツ製ムーブメントを使用した製品につきまして、当店在庫分が完売をしました。

Details »

とり伊

四条大宮にある水炊きのお店、とり伊で親子丼をいただきました。

Details »

ビゴの店

北大路にあるパン屋さん、ビゴの店のパンをいただきました。

Details »

夏越の祓

岡崎神社で茅の輪くぐり、本日6月最終日、今年ももう折り返しです。

Details »