KOUGEI NOW 2019 “DIALOGUE”

KOUGEI NOW 2019 Kyoto Crafts Exhibition”DIALOGUE”「親密な工芸」、本日内覧会に行ってきました。

昨年に引き続き会場はホテルカンラ京都。

宿泊する以外に入ることのできない客室を使っての展示は、全館規模ともあって今年も贅沢な会場です。

ベッドルーム、

パウダールーム、

バスルームと。

スィートルームもこうして会場のひとつになっています。

今年2回目となるKOUGEI NOW、一貫したテーマは「工芸を未来志向のものづくりへ」、2019年は「親密な工芸」と題して、物と人との関係性に焦点を当てています。

一般的に展示会は新作発表の場であることが多いのですが、KOUGEI NOWはまだ始まったばかりとあって初めて出展される方もおられるため、新しいものだけでなく根本の仕事も見られて、個人的にはそこを楽しみに伺っています。

直接的に何か仕入れとはなくとも、工芸の世界を広く知ることはとても有意義でして。

これからを見据えた新しい商品が多い中、最初に好奇心を持ったのが南條工房のおりん。

鳴らしていいとのことで、シャンプー入れにあったバチを使って遠慮なく。

音の響きが最高なバスルームでの展示、体に染み込む周波数を探していろいろと試し打ちしていました。

仏具店でのみ販売をしていたおりんですが、今後は興味をお持ちの方に深く説明したいと直接小売も始められていて、まずは知ってもらうことからと展示会に出られたようです。

おりんの音階まで考えたことがなかったので、とても新鮮な体験でした。

丹波漆も印象に残った展示ルームのひとつ。

福知山市夜久野で採られる漆は奈良時代から始まったようですが、時代の流れと共に縮小し、現在では年間で2kg程度しか採れないようです。

希少な丹波漆で仕上げた商品、今は直販のみのようですが、漆の採取量が増えれば先々に繋げていきたいとのこと。

植樹や後継者の育成、広報や支援活動などいろいろと動いておられます。

夜久野は鳥取への買い付け時に通ることがあるのですが、丹波漆のことは全く知りませんでした。

3月8日(金)は11時〜19時、9日(土)は11時〜17時の開場で一般の方も入場可能です。

また会場で配布しているKYOTO CRAFTS MAPに当店もさりげなく載せていただいています。

ホテルカンラを起点にクラフト巡りを楽しむにはいい冊子、どうぞお手に取ってご覧いただければと思います。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ggg

ギンザ・グラフィック・ギャラリーへ、「日本のアートディレクション展 2019」を見に行きました。

Details »

Ginza Sony Park

続いてGinza Sony Parkへ。

Details »

GINZA SIX

久々の東京とあって銀座もいろいろと変わっていて、初めての場所巡りを。

こちらGINZA SIXです。

Details »

銀ぶら

喫茶アメリカンまでの道中、朝の銀座を散歩。

Details »

喫茶アメリカン

東京滞在2日目、いつかと思っていたこちらのサンドイッチで朝ごはんです。

歌舞伎座のすぐ近く、喫茶アメリカンで極厚サンドイッチをテイクアウトしました。 Details »

「工芸批評」展

銀座松屋で行われていた「工芸批評」展、最終日に駆け込みで伺いました。

Details »

三浦三崎港 めぐみ水産

葉山から横浜へ戻り、地下街ポルタの中にある三浦三崎港めぐみ水産でさくっとお昼ごはんです。

Details »

「カイ・フランク」展

神奈川県立近代美術館葉山館で行われている「日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク」展を見に参りました。

Details »

謝甜記 貮号店

東京方面への旅、スタートは横浜中華街の謝甜記貮号店で朝粥を。

数あるお粥メニューから悩みつつも魚生粥を注文しました。

Details »

東京行き

気がつけば3年半ぶり、東京方面に行ってきました。

とりあえずの横浜中華街、理由は後ほど。

Details »

服部のとうふ

当店から徒歩5分ほど、スーパーYAOSENで扱っている服部さんのとうふです。

工房は真如堂の近くにありますが、 Details »

小代焼ふもと窯 入荷しました。

先日買い付けをしてきました熊本は小代焼ふもと窯の器、本日店頭出しが完了しました。

Details »