壺屋

沖縄仕入紀行に戻りまして、壺屋でのいろいろを。

時間のある時に行ってみたかったビンジュルグワー。

ビンジュルグワーとは壺屋の土地を守る神様を祀っているところです。

案内板に書いてあったのですが、壺屋の行事は全てここに始まりここで終わるよう、この土地の方にとってとても大切な場所。

ガジュマルの木、この高さだと剪定は難しいと思うのですが、すごくきれいな形をしていて拝みたくなる気持ちになりました。

隣には壺屋焼で飾られた建物、町民会館だったかと。

壺屋の道、至る所で陶片で作られたタイルアートを見ることができます。

細くて傾斜が多い印象なのですが、滑り止めも兼ねているのだと思います。

ひとつひとつ違うので、それらを見て歩くだけでも楽しくて。

車道なのでどうぞ下を向き過ぎないようご注意ください。

やちむん通りへ。

路面の雰囲気ある家とブーゲンビリアを撮影していらっしゃる方がおられましたが、右奥のコンクリート造のお宅の方が角好きには気になるところ。

赤瓦の建物も残ってはいますが、周辺はほとんどコンクリ造、混在して見られるのが観光地らしい風景です。

ここから焼物博物館へと向かい、この時行われていた特別展「民藝と壺屋焼」を鑑賞しました。

金城次郎、小橋川永昌、新垣栄三郎の品も含め戦前の壺屋焼や濱田庄司、河井寛次郎の作品までコンパクトながら凝縮して展示されていました。

じっくり見入っていたのですが、途中で鑑定依頼の方が来られて学芸員の方と何やらやり取り。

それが気になって仕方なくて、金城次郎のものかどうかを見て欲しかったらしいのですが‥‥、なかなか面白い現場に居合わせました。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

太平通り たまご屋

帰りの飛行機の時間まで那覇の市街地をぷらぷら。

太平通りを目当てに国際通りから市場通りを抜ける何となくのお決まりコースです。 Details »

ジャンバルターコー

晩は名護のジャンバルターコーへ。

何度か来ていますが、タコスとチキンを好み伺っているお店です。 Details »

ウッカガー

沖縄仕入紀行に戻りまして、久松食堂からすぐのウッカガーに立ち寄り。

Details »

梅酒仕込み

先日、梅酒仕込みに必要な道具や材料についてご案内をさせていただきました。

屋台八百屋で見つけた梅を漬けましたので、ものすごく簡単な手順をご紹介させていただきます。 Details »

久松食堂

買い付けの後は金武の久松食堂でお昼ごはん。

久々にチーイリチャーが食べたくなって。 Details »

買い付け

大宜味村の共同窯へ、菅原さんの器の買い付けです。

Details »

ビートル

翌朝、ホテルから大宜味へと向かう間です。

出発が早過ぎたので車を停めて少し休憩。

Details »

伊江牛 糸満直売所

沖縄到着後、精肉店が営んでいる食堂でお昼ごはんです。

Details »

トミーズ

神戸空港を利用する時に必ず立ち寄るのがトミーズ。

Details »

沖縄仕入旅

菅原さんの器の入荷案内が済んだところで、沖縄仕入旅の様子をお送りします。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄は大宜味村共同窯、菅原工房(菅原謙)の器が入荷しました。

Details »

Cheer up!

近代美術館で鑑賞の後、お昼ごはんを買いにCheer up!へ。

Details »