引き続き縄文展

レプリカながら別ブースの暗室に、炎の演出などあって火焔型土器は特別扱い。

中期になってから作られ出され、日本美術の始まりとも言われています。

火焔型土器の装飾の仕方はおおよそ似通っていて、それぞれの文様には各土地で使われていた技法が見られるよう。

胴は北陸、取手は関東など、様々な装飾方法の掛け合わせで生まれているのだそうです。

正直使いにくそうなのですが、出土品の中にはおこげが付いていたものもあり、実際に煮炊き用の土器として使っていたと考えられています。

取手全体を顔面型にした土器もおもしろい作風。

鼻の穴だけ妙にリアルな。

土偶。

土偶は使用の目的などまだまだ謎が多いよう、抽象的な表現が多い縄文美術の中、比較すると具体的に作られたもの。

完全品での出土がないことから、破壊して使用するものだったのではと考えられているそうです。

沖縄で出土されたヒスイの全個数が集められていました。

産地は新潟の糸魚川、日本各地に流通していたそうですが、1500km離れた沖縄にも。

当時の交易の広さに驚く貴重な資料です。

 

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

京都マラソン開催につき

2月の営業日案内でもお知らせをいたしましたが、17日(日)は休業させていただきます。

京都マラソン開催日となる明日、京都市内至るところで交通規制がありまして、バスの運行なども多々変更が行われます。 Details »

大阪日本民芸館 2019春季展

3月2日(土)から始まります大阪日本民芸館の春季特別展「自然布 -草木で織りなす-」、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしています。

Details »

趣味どきっ!「私の好きな民藝」

昨年4月から5月にかけてNHKで放送されました趣味どきっ!「私の好きな民藝」、好評につきアンコール放送が決まりまして、テキスト本も新たに発売となりました。

Details »

民藝のある暮らし

1月12日発売、宝島社発行の大人のおしゃれ手帖特別編集「民藝のある暮らし」に掲載をいただきました。

Details »

白雪ふきん 2019年限定色

毎年限定色の販売をしている鹿柄のふきんとはんかち。

今年はゴールドです。 Details »

太平通り商店街

引き続き那覇の市街地を散歩。

国際通りから牧志公設市場を右手にして抜け、太平通り商店街へ。

Details »

緑ヶ丘公園

沖縄滞在最終日、帰りの便まで数時間なので那覇の市街地を散歩していました。

Details »

南国亭

八重瀬にあるアグー豚の専門店、南国亭でお昼ごはんです。

Details »

tou cafe and gallery

読谷にある松田米司(読谷山焼北窯)さんのギャラリー、tou cafe and galleryへ伺いました。

Details »

うるま市産業まつり

知人に挨拶をしたく、前年に続きうるま市の産業まつりへ。

Details »

懸想餅

仕入紀行の最中ですが再び中断、季節ものなので先に書かせていただこうかと。

Details »

金月そばとぜんざいバー

読谷店でいただいたことがある金月そば、那覇にある国際通りむつみ橋店も気になっていてお昼ごはんに伺いました。

Details »