引き続き縄文展

レプリカながら別ブースの暗室に、炎の演出などあって火焔型土器は特別扱い。

中期になってから作られ出され、日本美術の始まりとも言われています。

火焔型土器の装飾の仕方はおおよそ似通っていて、それぞれの文様には各土地で使われていた技法が見られるよう。

胴は北陸、取手は関東など、様々な装飾方法の掛け合わせで生まれているのだそうです。

正直使いにくそうなのですが、出土品の中にはおこげが付いていたものもあり、実際に煮炊き用の土器として使っていたと考えられています。

取手全体を顔面型にした土器もおもしろい作風。

鼻の穴だけ妙にリアルな。

土偶。

土偶は使用の目的などまだまだ謎が多いよう、抽象的な表現が多い縄文美術の中、比較すると具体的に作られたもの。

完全品での出土がないことから、破壊して使用するものだったのではと考えられているそうです。

沖縄で出土されたヒスイの全個数が集められていました。

産地は新潟の糸魚川、日本各地に流通していたそうですが、1500km離れた沖縄にも。

当時の交易の広さに驚く貴重な資料です。

 

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ggg

ギンザ・グラフィック・ギャラリーへ、「日本のアートディレクション展 2019」を見に行きました。

Details »

Ginza Sony Park

続いてGinza Sony Parkへ。

Details »

GINZA SIX

久々の東京とあって銀座もいろいろと変わっていて、初めての場所巡りを。

こちらGINZA SIXです。

Details »

銀ぶら

喫茶アメリカンまでの道中、朝の銀座を散歩。

Details »

喫茶アメリカン

東京滞在2日目、いつかと思っていたこちらのサンドイッチで朝ごはんです。

歌舞伎座のすぐ近く、喫茶アメリカンで極厚サンドイッチをテイクアウトしました。 Details »

「工芸批評」展

銀座松屋で行われていた「工芸批評」展、最終日に駆け込みで伺いました。

Details »

三浦三崎港 めぐみ水産

葉山から横浜へ戻り、地下街ポルタの中にある三浦三崎港めぐみ水産でさくっとお昼ごはんです。

Details »

「カイ・フランク」展

神奈川県立近代美術館葉山館で行われている「日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク」展を見に参りました。

Details »

謝甜記 貮号店

東京方面への旅、スタートは横浜中華街の謝甜記貮号店で朝粥を。

数あるお粥メニューから悩みつつも魚生粥を注文しました。

Details »

東京行き

気がつけば3年半ぶり、東京方面に行ってきました。

とりあえずの横浜中華街、理由は後ほど。

Details »

服部のとうふ

当店から徒歩5分ほど、スーパーYAOSENで扱っている服部さんのとうふです。

工房は真如堂の近くにありますが、 Details »

小代焼ふもと窯 入荷しました。

先日買い付けをしてきました熊本は小代焼ふもと窯の器、本日店頭出しが完了しました。

Details »