引き続き縄文展

レプリカながら別ブースの暗室に、炎の演出などあって火焔型土器は特別扱い。

中期になってから作られ出され、日本美術の始まりとも言われています。

火焔型土器の装飾の仕方はおおよそ似通っていて、それぞれの文様には各土地で使われていた技法が見られるよう。

胴は北陸、取手は関東など、様々な装飾方法の掛け合わせで生まれているのだそうです。

正直使いにくそうなのですが、出土品の中にはおこげが付いていたものもあり、実際に煮炊き用の土器として使っていたと考えられています。

取手全体を顔面型にした土器もおもしろい作風。

鼻の穴だけ妙にリアルな。

土偶。

土偶は使用の目的などまだまだ謎が多いよう、抽象的な表現が多い縄文美術の中、比較すると具体的に作られたもの。

完全品での出土がないことから、破壊して使用するものだったのではと考えられているそうです。

沖縄で出土されたヒスイの全個数が集められていました。

産地は新潟の糸魚川、日本各地に流通していたそうですが、1500km離れた沖縄にも。

当時の交易の広さに驚く貴重な資料です。

 

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

よしのやま酒粕

こちらも同じ方よりのいただきもの、丹後は吉岡酒造場の酒粕です。

Details »

中村軒

桂は中村軒の柏餅と桜餅をいただきました。

Details »

5月の営業日

5月の営業日をお知らせいたします。

Details »

柿渋うちわ価格改定

熊本、来民の柿渋うちわ、原材料の高騰により価格が上がるとの連絡がありました。

Details »

黄金柑と甘夏の皮

いただいた和歌山産の黄金柑とこれまたいただきものの京都の庭産甘夏と、同じタイミングだったので一緒に皮の始末をすることに。

Details »

黄金柑

和歌山産の黄金柑をいただきました。

Details »

本日の営業時間

本日は16時閉店となりますのでお間違えのないようにお願いいたします。

Details »

落合羊羹

岡山から来てくださった方より、羊羹のいただきもの。

直包の中に不揃いな棒羊羹、この様子から十分にローカル感が伝わってきます。 Details »

あいかむ

あいかむ大好きな友人がただ今来京中につき、仕事終わりに自転車走らせ食べに行ってきました。

Details »

企画展のフライヤー

企画展のフライヤーが出来上がりまして、店頭で配布をしております。

Details »

洋食にも向く和食器

DSCF1275

昨日ご案内をしました今月26日(金)より開催の9周年記念企画展 、テーマは「洋食にも向く和食器」です。

Details »

9周年記念企画展

9周年記念企画展についてお知らせをいたします。

Details »