ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

座喜味城跡のすぐ脇、やちむんの里からも車で10分弱です。

ホール部分ですが、読谷山花織が掛けられていたりと。

4つある展示室では読谷の歴史や文化、自然に関する資料を見ることができます。

2階にガマの再現部屋があったのですが、辺りに誰もいない展示室、ちょっと入る勇気がなくて。

ガマとは洞窟のこと、沖縄戦の際には防空壕に使われたこともあって集団自決の場になったりと特別な意味合いがあります。

再現とは分かりつつもカーテンをめくったところまで、一歩進めず終いでした。

ここは少し頑張った場所なのですが、展示用に制作された亀甲墓。

屋根が亀の甲の形をしていることからのこの名称、人は亡くなると還るとの考えから形は母体(子宮)を表しています。

ここは明るく、お墓自体はレプリカなので何ともないのですが、閉じた空間で周囲を厨子甕に囲まれて居るのは(結構近くて)心穏やかではなくて。

本物の厨子甕でも単品ライトアップの博物館形式であれば落ち着いて見られるのですが。

ひとり鑑賞なのが大いにあって、1分限界です。

でもこういう展示はなかなかないので、体感を伴うというのは良い経験かと(ガマ未経験ですが)。

館内の廊下からずらっと並ぶ厨子甕が見えました。

ミュージアムの外は座喜味城跡へと向かう道に繋がっていて、近くまで行けるのではと回ってみることに。

つづく。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

水無月

今年の水無月は鍵善良房で。

こんなに邪気払いの気持ちが募る6月を迎えるとは…、夏越の大祓を待たずともとの思いから、 Details »

梅酒仕込み

ブログの再開は季節のもので、今年も梅酒の仕込みを終えました。

とりあえず1瓶です。

Details »

6月1日〜7日の営業について

先週より通常時間にて営業を再開しました。

「こんにちは、お久しぶりです!」とのお声がけができ、
Details »

5月25日〜31日の営業について

現在、新型コロナウィルスの感染状況に応じながら少しずつ営業を再開しています。

予約制は25日まで、26日以降は以下のスケジュールで営業をいたします。 Details »

限定的営業再開

15日(金)より限定的ではありますが、営業を再開いたします。

在店が1組のみとなるよう予約制にて受付、入店いただける時間(店舗到着時間)は13:30〜19:00、水曜定休です。

ご希望の方は前日の18:00までにメールにてご連絡ください。 Details »

改めてお知らせ

昨日の緊急事態宣言指定地域の拡大を受けて4月17日(金)より期間未定の店舗休業といたします。

事前連絡制の期間もご利用がないことは承知の上で、最終的な選択肢としての策でしたが、深刻な状況を受けての決定です。 Details »

今後の営業について

4月12日(日)から事前連絡制での営業とさせていただきたくのお願いです。

本日発表された京都府、京都市の国への緊急事態宣言発出要請を受け、受理されるか否かに関わらず、深刻な状態にあることには違いなく、今後の営業を大幅に縮小することにしました。 Details »

お知らせ

この週末は通常通りの営業をさせていただきました。

明日も普段通りに開ける予定です。

毎日(営業日は)書いていたブログはしばらくお休みします。 Details »

ブルキナバスケット

アフリカはブルキナファソのバスケットが入荷しました。

再入荷までに期間が空いてしまいましたが、各サイズ揃っています。
Details »

お知らせ

新型コロナウィルス感染防止への対応につきましてお知らせです。

当店通常通りの営業をしていますが、 Details »

読谷山焼北窯 入荷しました。

沖縄、読谷山焼北窯の器が入荷しました。

Details »

哲学の道

今朝、スーパー帰りの哲学の道です。

リュックいっぱいに食料品が詰まっていたのですが、これを見たら寄らずにはおられず。 Details »