ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

座喜味城跡のすぐ脇、やちむんの里からも車で10分弱です。

ホール部分ですが、読谷山花織が掛けられていたりと。

4つある展示室では読谷の歴史や文化、自然に関する資料を見ることができます。

2階にガマの再現部屋があったのですが、辺りに誰もいない展示室、ちょっと入る勇気がなくて。

ガマとは洞窟のこと、沖縄戦の際には防空壕に使われたこともあって集団自決の場になったりと特別な意味合いがあります。

再現とは分かりつつもカーテンをめくったところまで、一歩進めず終いでした。

ここは少し頑張った場所なのですが、展示用に制作された亀甲墓。

屋根が亀の甲の形をしていることからのこの名称、人は亡くなると還るとの考えから形は母体(子宮)を表しています。

ここは明るく、お墓自体はレプリカなので何ともないのですが、閉じた空間で周囲を厨子甕に囲まれて居るのは(結構近くて)心穏やかではなくて。

本物の厨子甕でも単品ライトアップの博物館形式であれば落ち着いて見られるのですが。

ひとり鑑賞なのが大いにあって、1分限界です。

でもこういう展示はなかなかないので、体感を伴うというのは良い経験かと(ガマ未経験ですが)。

館内の廊下からずらっと並ぶ厨子甕が見えました。

ミュージアムの外は座喜味城跡へと向かう道に繋がっていて、近くまで行けるのではと回ってみることに。

つづく。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ggg

ギンザ・グラフィック・ギャラリーへ、「日本のアートディレクション展 2019」を見に行きました。

Details »

Ginza Sony Park

続いてGinza Sony Parkへ。

Details »

GINZA SIX

久々の東京とあって銀座もいろいろと変わっていて、初めての場所巡りを。

こちらGINZA SIXです。

Details »

銀ぶら

喫茶アメリカンまでの道中、朝の銀座を散歩。

Details »

喫茶アメリカン

東京滞在2日目、いつかと思っていたこちらのサンドイッチで朝ごはんです。

歌舞伎座のすぐ近く、喫茶アメリカンで極厚サンドイッチをテイクアウトしました。 Details »

「工芸批評」展

銀座松屋で行われていた「工芸批評」展、最終日に駆け込みで伺いました。

Details »

三浦三崎港 めぐみ水産

葉山から横浜へ戻り、地下街ポルタの中にある三浦三崎港めぐみ水産でさくっとお昼ごはんです。

Details »

「カイ・フランク」展

神奈川県立近代美術館葉山館で行われている「日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク」展を見に参りました。

Details »

謝甜記 貮号店

東京方面への旅、スタートは横浜中華街の謝甜記貮号店で朝粥を。

数あるお粥メニューから悩みつつも魚生粥を注文しました。

Details »

東京行き

気がつけば3年半ぶり、東京方面に行ってきました。

とりあえずの横浜中華街、理由は後ほど。

Details »

服部のとうふ

当店から徒歩5分ほど、スーパーYAOSENで扱っている服部さんのとうふです。

工房は真如堂の近くにありますが、 Details »

小代焼ふもと窯 入荷しました。

先日買い付けをしてきました熊本は小代焼ふもと窯の器、本日店頭出しが完了しました。

Details »