読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

大嶺實清さんの工房、陶芸界に限らず師と仰ぐ方が多くおられ、こちらにも必ず立ち寄っています。

やちむんの里を歩いていると知り合いに会うこともあって、どこかしこで話が弾み、器を目の前に共通の話題ができるのもなかなか稀な機会で。

大嶺工房の入口、イサム・ノグチ幻の原爆慰霊碑みたいだなと。

モチーフを伺えばよかったと今になって。

こちら読谷山窯の登り窯。

売店の横には以前にも立ち寄った焼き芋屋さん。

今年も読谷産の紅芋焼き芋を買いました。

小腹が空いた時のおやつにちょうど。

食べもの屋も何軒か出店されているので、この中で1日ゆっくりと楽しめます。

緑が豊富でハイキングしているような気分、初日の賑わいは相当なものですが、広々としているので窮屈さを感じることは全くなくて。

何度も訪れているやちむんの里ですが、1年前に初めて気が付いた研修センター前の漆喰シーサーもお気に入りです。

與那原さん(北窯の親方のおひとり)が昔作ったもので、年数も手伝って相当に良い雰囲気に。

以前はなかった口元にある碗が気になるところですが、水飲みボウルみたい。

ほんと愛嬌たっぷりです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

企画展で

26日(金)から始まる9周年記念企画展、詳細は先日のブログでご覧いただきたいのですが、今回は食品のご用意もしています。

Details »

よしのやま酒粕

こちらも同じ方よりのいただきもの、丹後は吉岡酒造場の酒粕です。

Details »

中村軒

桂は中村軒の柏餅と桜餅をいただきました。

Details »

5月の営業日

5月の営業日をお知らせいたします。

Details »

柿渋うちわ価格改定

熊本、来民の柿渋うちわ、原材料の高騰により価格が上がるとの連絡がありました。

Details »

黄金柑と甘夏の皮

いただいた和歌山産の黄金柑とこれまたいただきものの京都の庭産甘夏と、同じタイミングだったので一緒に皮の始末をすることに。

Details »

黄金柑

和歌山産の黄金柑をいただきました。

Details »

本日の営業時間

本日は16時閉店となりますのでお間違えのないようにお願いいたします。

Details »

落合羊羹

岡山から来てくださった方より、羊羹のいただきもの。

直包の中に不揃いな棒羊羹、この様子から十分にローカル感が伝わってきます。 Details »

あいかむ

あいかむ大好きな友人がただ今来京中につき、仕事終わりに自転車走らせ食べに行ってきました。

Details »

企画展のフライヤー

企画展のフライヤーが出来上がりまして、店頭で配布をしております。

Details »

洋食にも向く和食器

DSCF1275

昨日ご案内をしました今月26日(金)より開催の9周年記念企画展 、テーマは「洋食にも向く和食器」です。

Details »