大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

冬の沖縄は曇りがちですが、太陽光がおだやかでこのくらいの空の方が過ごしやすくて好きです。

買い付け前の様子、今回は特に7寸皿が豊富で色柄も様々。

制作数は少なくも、この時季需要の多いマグも仕入れています。

品出し完了は2月内を予定していまして、準備が整い次第ブログにてお知らせいたします。

買い付けを終えて、いつもと同じく具体的な目的は持たずにつらつらと世間話を。

今回の焼き上がり、今までと比べると少し化粧の色が柔らかかったので、菅原さんに伺ってみましたら安富祖の白土を使われたようで。

安富祖の土は底をつき、もう採れないことは北窯の親方から聞いていたので、もう少しいろいろと聞いてみると、永く保管されていた陶工の方から分けていただいたよう。

今回はそれを使って調整されたとのことでした。

自然物を相手にしていると原料が変わっていくのは当たり前で、時々によって表情が変化していくことにもちろん抵抗はないのですが、こうして不意に安富祖の白化粧品を目にすると、やっぱり惹かれてしまったりも。

私が初めて手にしたやちむんがそうだったからというのもあるとは思うのですが。

2月にご用意する品々、ご興味ありましたら化粧の風合いにも注目してご覧ください。

そしてこの土はまた別の土なのですが、工房前の敷地に置かれていたもの。

化粧ではなく本体の方に使う土のひとつです。

私も教えていただくまで気が付かなかったほど辺りと同化していますが、これも立派な原料。

土からできていることを分かっていても、これがああなるって本当に不思議。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

企画展で

26日(金)から始まる9周年記念企画展、詳細は先日のブログでご覧いただきたいのですが、今回は食品のご用意もしています。

Details »

よしのやま酒粕

こちらも同じ方よりのいただきもの、丹後は吉岡酒造場の酒粕です。

Details »

中村軒

桂は中村軒の柏餅と桜餅をいただきました。

Details »

5月の営業日

5月の営業日をお知らせいたします。

Details »

柿渋うちわ価格改定

熊本、来民の柿渋うちわ、原材料の高騰により価格が上がるとの連絡がありました。

Details »

黄金柑と甘夏の皮

いただいた和歌山産の黄金柑とこれまたいただきものの京都の庭産甘夏と、同じタイミングだったので一緒に皮の始末をすることに。

Details »

黄金柑

和歌山産の黄金柑をいただきました。

Details »

本日の営業時間

本日は16時閉店となりますのでお間違えのないようにお願いいたします。

Details »

落合羊羹

岡山から来てくださった方より、羊羹のいただきもの。

直包の中に不揃いな棒羊羹、この様子から十分にローカル感が伝わってきます。 Details »

あいかむ

あいかむ大好きな友人がただ今来京中につき、仕事終わりに自転車走らせ食べに行ってきました。

Details »

企画展のフライヤー

企画展のフライヤーが出来上がりまして、店頭で配布をしております。

Details »

洋食にも向く和食器

DSCF1275

昨日ご案内をしました今月26日(金)より開催の9周年記念企画展 、テーマは「洋食にも向く和食器」です。

Details »