小代焼ふもと窯

玉名から荒尾へ移動、ふもと窯にて買い付けです。

小岱山(しょうだいさん)の麓にあってふもと窯、登ったことはないですが、山の方へ進んで行くと登山口があるらしいです。

広々とした環境 敷地内にこうして土が置いてあったり、登り窯があったり。

山際にあって緑に囲まれていて(その分この時季は冷え込みも厳しいですが)、きれいに整えられた仕事場、本当に気持ちの良い所です。

瑞穂窯に続きふもと窯の器も品出しは年明けの予定、完了次第ブログにてお知らせさせていただきます。

飴釉や白掛のスリップウェアに加えて、青白い発色が特徴の小代焼も買い付けをしています。

伝統的な小代の器は発色の触れ幅が広いため、直接買い付け時にのみご用意をしていまして。

上の画像にある5枚、同じ釉薬をかけて焼成をしていますが、発色には大きく個体差が生じます(クリックすると拡大します)。

小代焼らしい焼き上がりとして、窯が目指す着地点は真ん中にあるこちらなのですが、

私が個人的に好んでいるのが一番左のもの。

何とも言えぬ、沸々と滲み出てきたような青色に魅了される一番焼きの強いものです。

この上がりのものが欲しくて、変にこだわってしまい、結果頻繁に提供できない状況を作ってしまっていますが、同じく好みの方がいらしたらうれしく思います。

今回の買い付けも内容濃いものになっていますので、どうぞ品出しを楽しみにされてください。

熊本弾丸買い付け旅はこれにて終わり、食事もままならず、運転しながらが頬張って終了です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

追加したものも含め、現在ご用意しているアイテムを簡単ながらご紹介いたします。 Details »

しずかな山

ヴィーガンのお菓子を作っておられるお客さんからのいただきもの。

今度イベントに出されるお菓子を試作されたのことで、 Details »

夷川餃子なかじま

西洞院夷川辺り、餃子のお店なかじまへとサク呑みに。

Details »

常滑陶芸研究所

運良くおられた職員の方に入れていただき、休館日ながら常滑陶芸研究所を見学させていただきました。

Details »

甚秋陶苑

常滑滞在記、続いては急須作りを専門にされている甚秋陶苑さんへ。

Details »

常滑

打ち合わせのためにやってきました常滑、焼き物の産地として有名な土地ながら初めての訪問です。

Details »

円頓寺商店街

昨日からの続き、円頓寺商店街の様子を少々。

高層ビルが立ち並ぶ名古屋駅から徒歩圏内ながら、昭和の雰囲気漂う素敵な商店街です。 Details »

名古屋モーニング

愛知へ日帰り出張、折角ならと朝早めに出て名古屋を楽しむべくうろうろと。

喫茶まつばでモーニングです。

Details »

KOUGEI NOW 2019 “DIALOGUE”

KOUGEI NOW 2019 Kyoto Crafts Exhibition”DIALOGUE”「親密な工芸」、本日内覧会に行ってきました。

昨年に引き続き会場はホテルカンラ京都。 Details »

丸型ステンレスピンチ

定番商品、丸型のステンレスピンチ。

今日のような絶好の洗濯日和に重宝する竿用のピンチです。 Details »

蕎麦切塩釜

蕎麦はここと決まっていて、毎度同じお店のご紹介ですが、蕎麦切塩釜へ参りました。

Details »

Cheer up!

大好きなパン店、Cheer up!のチョコベーグルとメロンパンです。

Details »