小代焼ふもと窯

玉名から荒尾へ移動、ふもと窯にて買い付けです。

小岱山(しょうだいさん)の麓にあってふもと窯、登ったことはないですが、山の方へ進んで行くと登山口があるらしいです。

広々とした環境 敷地内にこうして土が置いてあったり、登り窯があったり。

山際にあって緑に囲まれていて(その分この時季は冷え込みも厳しいですが)、きれいに整えられた仕事場、本当に気持ちの良い所です。

瑞穂窯に続きふもと窯の器も品出しは年明けの予定、完了次第ブログにてお知らせさせていただきます。

飴釉や白掛のスリップウェアに加えて、青白い発色が特徴の小代焼も買い付けをしています。

伝統的な小代の器は発色の触れ幅が広いため、直接買い付け時にのみご用意をしていまして。

上の画像にある5枚、同じ釉薬をかけて焼成をしていますが、発色には大きく個体差が生じます(クリックすると拡大します)。

小代焼らしい焼き上がりとして、窯が目指す着地点は真ん中にあるこちらなのですが、

私が個人的に好んでいるのが一番左のもの。

何とも言えぬ、沸々と滲み出てきたような青色に魅了される一番焼きの強いものです。

この上がりのものが欲しくて、変にこだわってしまい、結果頻繁に提供できない状況を作ってしまっていますが、同じく好みの方がいらしたらうれしく思います。

今回の買い付けも内容濃いものになっていますので、どうぞ品出しを楽しみにされてください。

熊本弾丸買い付け旅はこれにて終わり、食事もままならず、運転しながらが頬張って終了です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

太平通り たまご屋

帰りの飛行機の時間まで那覇の市街地をぷらぷら。

太平通りを目当てに国際通りから市場通りを抜ける何となくのお決まりコースです。 Details »

ジャンバルターコー

晩は名護のジャンバルターコーへ。

何度か来ていますが、タコスとチキンを好み伺っているお店です。 Details »

ウッカガー

沖縄仕入紀行に戻りまして、久松食堂からすぐのウッカガーに立ち寄り。

Details »

梅酒仕込み

先日、梅酒仕込みに必要な道具や材料についてご案内をさせていただきました。

屋台八百屋で見つけた梅を漬けましたので、ものすごく簡単な手順をご紹介させていただきます。 Details »

久松食堂

買い付けの後は金武の久松食堂でお昼ごはん。

久々にチーイリチャーが食べたくなって。 Details »

買い付け

大宜味村の共同窯へ、菅原さんの器の買い付けです。

Details »

ビートル

翌朝、ホテルから大宜味へと向かう間です。

出発が早過ぎたので車を停めて少し休憩。

Details »

伊江牛 糸満直売所

沖縄到着後、精肉店が営んでいる食堂でお昼ごはんです。

Details »

トミーズ

神戸空港を利用する時に必ず立ち寄るのがトミーズ。

Details »

沖縄仕入旅

菅原さんの器の入荷案内が済んだところで、沖縄仕入旅の様子をお送りします。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄は大宜味村共同窯、菅原工房(菅原謙)の器が入荷しました。

Details »

Cheer up!

近代美術館で鑑賞の後、お昼ごはんを買いにCheer up!へ。

Details »