生姜の甘酢漬け

年中手に入り、価格も安定しているので気にしたことがなかったのですが、生姜の旬っていつなのかと。

調べてみると今時分、10月から11月のようです。

冷え性なので毎日少しずつでも食べようと年中必要として買っているのですが、旬を知るとなおさら積極的にと思うもので。

買ってきた生姜はすぐに刻み、日持ちのしやすい酢漬けにして置いています。

スライスで作る時もありますが、時間に余裕のある時は出来る限り細かくして作っています。

この方が炒め物でも煮付けでもいろんな料理に使いやすく、納豆に混ぜていただいたりともできますから。

作り方はいろいろとあるようですが、保存瓶いっぱいに詰め、お酢と砂糖を好みの配合で入れるだけの一番簡単な方法で済ませています。

蓋をして振れば隙間が埋まっていい具合に浸かるので、甘酢は半量程度で。

調味料、乾物の保存の他、漬け込みにもよく利用するのが、酸や塩分に強く密封可能なステンレスキャップ瓶。

冷蔵庫のポケットに収まるサイズというのもまた便利でして。

こういった類のものは見た目にも整然に揃えたくなるもの、長く変わらない商品とあって買い足しに不安がないのも良い点です。

【ステンレスキャップ保存瓶】

900ml ¥400(抜)

450ml ¥350(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »