生姜の甘酢漬け

年中手に入り、価格も安定しているので気にしたことがなかったのですが、生姜の旬っていつなのかと。

調べてみると今時分、10月から11月のようです。

冷え性なので毎日少しずつでも食べようと年中必要として買っているのですが、旬を知るとなおさら積極的にと思うもので。

買ってきた生姜はすぐに刻み、日持ちのしやすい酢漬けにして置いています。

スライスで作る時もありますが、時間に余裕のある時は出来る限り細かくして作っています。

この方が炒め物でも煮付けでもいろんな料理に使いやすく、納豆に混ぜていただいたりともできますから。

作り方はいろいろとあるようですが、保存瓶いっぱいに詰め、お酢と砂糖を好みの配合で入れるだけの一番簡単な方法で済ませています。

蓋をして振れば隙間が埋まっていい具合に浸かるので、甘酢は半量程度で。

調味料、乾物の保存の他、漬け込みにもよく利用するのが、酸や塩分に強く密封可能なステンレスキャップ瓶。

冷蔵庫のポケットに収まるサイズというのもまた便利でして。

こういった類のものは見た目にも整然に揃えたくなるもの、長く変わらない商品とあって買い足しに不安がないのも良い点です。

【ステンレスキャップ保存瓶】

900ml ¥400(抜)

450ml ¥350(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

太平通り たまご屋

帰りの飛行機の時間まで那覇の市街地をぷらぷら。

太平通りを目当てに国際通りから市場通りを抜ける何となくのお決まりコースです。 Details »

ジャンバルターコー

晩は名護のジャンバルターコーへ。

何度か来ていますが、タコスとチキンを好み伺っているお店です。 Details »

ウッカガー

沖縄仕入紀行に戻りまして、久松食堂からすぐのウッカガーに立ち寄り。

Details »

梅酒仕込み

先日、梅酒仕込みに必要な道具や材料についてご案内をさせていただきました。

屋台八百屋で見つけた梅を漬けましたので、ものすごく簡単な手順をご紹介させていただきます。 Details »

久松食堂

買い付けの後は金武の久松食堂でお昼ごはん。

久々にチーイリチャーが食べたくなって。 Details »

買い付け

大宜味村の共同窯へ、菅原さんの器の買い付けです。

Details »

ビートル

翌朝、ホテルから大宜味へと向かう間です。

出発が早過ぎたので車を停めて少し休憩。

Details »

伊江牛 糸満直売所

沖縄到着後、精肉店が営んでいる食堂でお昼ごはんです。

Details »

トミーズ

神戸空港を利用する時に必ず立ち寄るのがトミーズ。

Details »

沖縄仕入旅

菅原さんの器の入荷案内が済んだところで、沖縄仕入旅の様子をお送りします。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄は大宜味村共同窯、菅原工房(菅原謙)の器が入荷しました。

Details »

Cheer up!

近代美術館で鑑賞の後、お昼ごはんを買いにCheer up!へ。

Details »