黒豆餅

出町ふたばの黒豆餅。

お店のお客さんからいただきました。

「申し訳ないです‥‥。」と言いつつも「有り難く(心底)頂戴します。」と。

一番有名な豆餅は赤エンドウ豆の豆餅で、豆に少し塩気があります。

いただいたのは黒豆餅。

大粒の黒豆が餅生地に包まれていて、黒豆のほくっとした食感と甘さが通常の豆餅とはまた違う美味しさです。

遠方の友人やお世話になっている方にも手土産としてこの味をと思うのですが、豆餅には「本日中にお召し上がり下さい。」と書いてあります。

無添加で作られているがゆえですね。

京都へ観光にお越しの方で、ふたばの行列を見て諦めてしまう方がいらっしゃるようですが、ここは少し時間を持って並ばれてみてください。

暖かい季節であれば鴨川沿いで食べてもいいですが、買った日に帰られるのであれば、電子レンジで10秒ほど温め直せば柔らかい豆餅を堪能できますので、近くに来られた際には是非。

余談ですが、数年前、京都市内で引越を考えていた時、ふたばと出町商店街の存在のため、真剣に出町柳で物件を探していました。

結果、諸々の条件のため他の場所に住んだのですが。

それくらいに好んでいるお店です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

イチョウ材まな板 訳あり品

常時ご用意しているイチョウ材のまな板ですが、こちらは不定期入荷、訳ありものです。

Details »

緑茶の胡麻和え

いただいた宇治の新茶、出がらしの葉があまりにもきれいな緑色だったので、胡麻和えにしていただきました。

Details »

永谷宗園茶店の新茶

宇治にお住いの方より新茶をいただきました。

永谷宗園茶店の煎茶、天上天下一です。

Details »

CHIANTIのパルミジャーノ

東京は西麻布、CHIANTIのクッキーをいただきました。

Details »

木のひげのツーロングA

東京は多摩のパン屋さん、木のひげのツーロングAをいただきました。

好んでいる固い食べ物の話の流れから頂戴しまして。 Details »

餃子王

当店から徒歩数分の餃子王、食べ納めにと行ってきました。

というのも近々移転されるようで。

Details »

太平通り たまご屋

帰りの飛行機の時間まで那覇の市街地をぷらぷら。

太平通りを目当てに国際通りから市場通りを抜ける何となくのお決まりコースです。 Details »

ジャンバルターコー

晩は名護のジャンバルターコーへ。

何度か来ていますが、タコスとチキンを好み伺っているお店です。 Details »

ウッカガー

沖縄仕入紀行に戻りまして、久松食堂からすぐのウッカガーに立ち寄り。

Details »

梅酒仕込み

先日、梅酒仕込みに必要な道具や材料についてご案内をさせていただきました。

屋台八百屋で見つけた梅を漬けましたので、ものすごく簡単な手順をご紹介させていただきます。 Details »

久松食堂

買い付けの後は金武の久松食堂でお昼ごはん。

久々にチーイリチャーが食べたくなって。 Details »

買い付け

大宜味村の共同窯へ、菅原さんの器の買い付けです。

Details »