高千穂のわら細工 受注について

11月下旬から12月上旬にお渡しとなります高千穂のわら細工、本日8月31日より受注を開始いたします。

dscf2125

12月頃にお手元に渡ることもあり、多くの方がお正月飾りにとお求めになられますが、永く飾っていただいてもきれいな状態が続きますので、その後もどうぞ縁起物としてお飾りいただければと思います。

お正月のことなどまだまだ考えられない残暑厳しい中でのご案内、例年お渡しまでに期間をいただいているのは理由がありまして、制作の様子からもお察しいただければと。

*昨年の納品時の様子。

また今年刈り取った青藁を使った結いたての状態から、次第に色が落ち着いていく様子もお楽しみいただきたく、受付時期を限らせていただいております。

dscf2128

*年数の経過した私物。

dscf2128

諸々ご理解をいただき受注手順をご確認ください。

画像1枚目よりそれぞれのわら細工について説明させていただきます。

酉:「大成」の意の他「とりこむ」と言ったところから商売繁盛を祈願して。

亀:「長寿」の象徴、末永い健康への願い、またそれより継続との意味も。

結:水引の結びきりと同じく、結び目がほどけないことから良縁を願う縁起物。

鶴:一生を連れ添うことから夫婦円満の思いを込めて。

それぞれ意味合いはあるものの、見た目の好みから決められる方がほとんど、贈り物でご検討の方は縁起の由来も含めて選んでおられるようです。

亀についてはご注文時に穗のご希望も伺っています。

左:黒米 右:古代米

「ご希望」と言うのは、最終収穫が終わらないと確定ができないもので、その点ご理解いただきましてご指定ください。

藁の生育、管理、乾燥、加工とどの工程も丁寧に行っておられ、年数が経過しても魅力が褪せないのが何より。

すぐに感じられる変化ではありませんが、末永く飾りたいと思っておられる方に、どうぞ来年のお正月飾りから始めていただければと思います。

以前にお問い合わせをいただいていた方には、当方より個別にご連絡をさせていただきます。

高千穂のわら細工

酉 ¥3,500(抜) w200×h300mm

亀 ¥3,500(抜) w150×h270mm

結 ¥4,200(抜) w360×h300mm

鶴 ¥2,400(抜) w180×h250mm

*全て壁掛けができる仕様、手仕事のためサイズには個体差があります。

【ご注文について】

ご注文時のお支払いとなり、キャンセルはご容赦ください。

受け取りを配送でご希望される方はその旨お申し出ください。

本年は10月9日をもって締切とさせていただきます。

それぞれ限定数での提供となりますので、締切以前に完売しました際はご了承ください。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »