「柳宗悦と京都」刊行記念イベント

光村推古書院の新刊「柳宗悦と京都~民藝のルーツを訪ねる」の発売を記念して9月1日より京都岡崎蔦屋書店にてイベントが行われます。

まずは簡単ながら本のご紹介を。

柳宗悦の生涯の中でも京都に住まいを置いていた約10年の間の出来事や、またその前後においてもこの土地との関係性などが紹介されており、「京都」を通して柳という人物を知っていく内容です。

民藝という言葉が生まれたのが京都住まいの頃とあって、自然と民藝運動の軌跡を辿ることにもなっていまして。

目次は以下の通り。

・我孫子から京都へ 杉山享司(日本民藝館学芸部長)

・「民藝」が誕生した磁場 土田眞紀(同志社大学文学部講師)

・運命の出会い 鷺 珠江(河井寬次郎記念館学芸員)

・京都民藝散歩 四釡尚人(京都民藝協会理事)

*敬称略。

活字が苦手で‥、半分読み終えた時点で紹介しているのが申し訳ないのですが、イベントの告知を早くした方がよいかと思いまして。

刊行を記念し、9月1日より30日まで京都岡崎蔦屋書店にてイベントが行われ、当店も参加させていただくことになりました。

民藝に馴染みのない方にも手に取っていただけるようにと書籍と共に手仕事品の販売が行われます。

ご一緒させていただくのは、しかまファインアーツ黒谷和紙協同組合いとへんuniverse

*敬称略。

陶器に紙に布ものと品揃えは様々、中でも普段使いに向くものが多く揃うようです。

そして関連企画がまた豪華な内容で、河井寛次郎氏のお茶碗で薄茶をいただけるとのこと。

著者でもあります河井寬次郎記念館学芸員の鷺 珠江さんのお話と共にお茶を楽しむイベントです。

松江のお菓子もいただけるとありまして、森山さんのところへ伺った時に寛次郎さんがお好きだったといただいたあのお茶菓子かもと勝手に想像していました。

お茶のイベントは9月29日(土)に全3回行われまして、先着順とのこと、詳しい内容をご確認の上お申し込みください。

*京都岡崎蔦屋書店より写真掲載の了承をいただきました。

販売会場の様子は、伺った際にまたご紹介させていただければと思います。

当店からは徒歩5分の距離、双方共にお立ち寄りいただければ幸いです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

太平通り たまご屋

帰りの飛行機の時間まで那覇の市街地をぷらぷら。

太平通りを目当てに国際通りから市場通りを抜ける何となくのお決まりコースです。 Details »

ジャンバルターコー

晩は名護のジャンバルターコーへ。

何度か来ていますが、タコスとチキンを好み伺っているお店です。 Details »

ウッカガー

沖縄仕入紀行に戻りまして、久松食堂からすぐのウッカガーに立ち寄り。

Details »

梅酒仕込み

先日、梅酒仕込みに必要な道具や材料についてご案内をさせていただきました。

屋台八百屋で見つけた梅を漬けましたので、ものすごく簡単な手順をご紹介させていただきます。 Details »

久松食堂

買い付けの後は金武の久松食堂でお昼ごはん。

久々にチーイリチャーが食べたくなって。 Details »

買い付け

大宜味村の共同窯へ、菅原さんの器の買い付けです。

Details »

ビートル

翌朝、ホテルから大宜味へと向かう間です。

出発が早過ぎたので車を停めて少し休憩。

Details »

伊江牛 糸満直売所

沖縄到着後、精肉店が営んでいる食堂でお昼ごはんです。

Details »

トミーズ

神戸空港を利用する時に必ず立ち寄るのがトミーズ。

Details »

沖縄仕入旅

菅原さんの器の入荷案内が済んだところで、沖縄仕入旅の様子をお送りします。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄は大宜味村共同窯、菅原工房(菅原謙)の器が入荷しました。

Details »

Cheer up!

近代美術館で鑑賞の後、お昼ごはんを買いにCheer up!へ。

Details »