ヤマロク醤油の鶴醤

小豆島はヤマロク醬油の鶴醤(つるびしお)をいただきました。

以前ご来店をいただいた際に私の豆腐好きエピソードをいろいろと聞いてくださって、この夏豆腐アイスにはまっていることから、相性が良いのではとおみやげにくださいまして。

醬油をいただいた日の朝、豆腐アイスを食べきってしまったので再び調理。

重しをして水切りをした絹ごし豆腐一丁、ココナッツオイル大さじ1、ハチミツ適量、これをフードプロセッサーにかけるだけです。

私はおから(豆腐の半量まで)も入れていますが、なめらかさ優先の方は豆腐だけの方がおすすめです。

冷凍庫に入れ、豆腐アイスのできあがり。

カチカチになるので、数分間常温に置いてから食べています。

舌触りはアイスクリームに近く、豆腐の甘みが主体なさっぱりとした甘さ、個人的にはドストライクなデザートで。

*豆腐大好きなことが前提の感想、一般的にバニラアイスには到底敵わないです。

味の変化にとコーヒーやシナモン、抹茶などをかけて楽しんでいたのですが、初めての醬油トッピング、鶴醤がけでいただきました。

元が豆腐なので合わない訳がないのですが、豆腐アイスとの相性以上に醬油のおいしさに驚きで。

(醬油なので当たり前なものの)大豆、塩、小麦とのシンプルな原料からこのコクと風味が出てくるのが不思議。

再仕込み製法と書いてありまして、通常の醬油と比べて倍の原料と時間をかけておられるよう。

醬油のおいしさをストレートに味わいたくなって、冷奴用をあらたに買いに参りました。

服部さんの豆腐と共にの食レポート、明日にでもお届けしたいと思います。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

太平通り たまご屋

帰りの飛行機の時間まで那覇の市街地をぷらぷら。

太平通りを目当てに国際通りから市場通りを抜ける何となくのお決まりコースです。 Details »

ジャンバルターコー

晩は名護のジャンバルターコーへ。

何度か来ていますが、タコスとチキンを好み伺っているお店です。 Details »

ウッカガー

沖縄仕入紀行に戻りまして、久松食堂からすぐのウッカガーに立ち寄り。

Details »

梅酒仕込み

先日、梅酒仕込みに必要な道具や材料についてご案内をさせていただきました。

屋台八百屋で見つけた梅を漬けましたので、ものすごく簡単な手順をご紹介させていただきます。 Details »

久松食堂

買い付けの後は金武の久松食堂でお昼ごはん。

久々にチーイリチャーが食べたくなって。 Details »

買い付け

大宜味村の共同窯へ、菅原さんの器の買い付けです。

Details »

ビートル

翌朝、ホテルから大宜味へと向かう間です。

出発が早過ぎたので車を停めて少し休憩。

Details »

伊江牛 糸満直売所

沖縄到着後、精肉店が営んでいる食堂でお昼ごはんです。

Details »

トミーズ

神戸空港を利用する時に必ず立ち寄るのがトミーズ。

Details »

沖縄仕入旅

菅原さんの器の入荷案内が済んだところで、沖縄仕入旅の様子をお送りします。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄は大宜味村共同窯、菅原工房(菅原謙)の器が入荷しました。

Details »

Cheer up!

近代美術館で鑑賞の後、お昼ごはんを買いにCheer up!へ。

Details »