ヤマロク醤油の鶴醤

小豆島はヤマロク醬油の鶴醤(つるびしお)をいただきました。

以前ご来店をいただいた際に私の豆腐好きエピソードをいろいろと聞いてくださって、この夏豆腐アイスにはまっていることから、相性が良いのではとおみやげにくださいまして。

醬油をいただいた日の朝、豆腐アイスを食べきってしまったので再び調理。

重しをして水切りをした絹ごし豆腐一丁、ココナッツオイル大さじ1、ハチミツ適量、これをフードプロセッサーにかけるだけです。

私はおから(豆腐の半量まで)も入れていますが、なめらかさ優先の方は豆腐だけの方がおすすめです。

冷凍庫に入れ、豆腐アイスのできあがり。

カチカチになるので、数分間常温に置いてから食べています。

舌触りはアイスクリームに近く、豆腐の甘みが主体なさっぱりとした甘さ、個人的にはドストライクなデザートで。

*豆腐大好きなことが前提の感想、一般的にバニラアイスには到底敵わないです。

味の変化にとコーヒーやシナモン、抹茶などをかけて楽しんでいたのですが、初めての醬油トッピング、鶴醤がけでいただきました。

元が豆腐なので合わない訳がないのですが、豆腐アイスとの相性以上に醬油のおいしさに驚きで。

(醬油なので当たり前なものの)大豆、塩、小麦とのシンプルな原料からこのコクと風味が出てくるのが不思議。

再仕込み製法と書いてありまして、通常の醬油と比べて倍の原料と時間をかけておられるよう。

醬油のおいしさをストレートに味わいたくなって、冷奴用をあらたに買いに参りました。

服部さんの豆腐と共にの食レポート、明日にでもお届けしたいと思います。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »