焼き黒豆枝豆

通りかかった八百屋さんに早くも黒豆の枝豆(大好物)が出ていて、大量買いしました。

亀岡産とのこと、持ち帰って早速いただきます。

大叔母から枝豆は茹でるより焼いた方がおいしいよと聞いて以来、枝豆は「焼き」で食べています。

自己流ですが簡単に方法を。

調理時に水を使わないので、塩は予め揉んで置いています。

その方が万遍なく塩気が馴染むような気がして、何となく。

シンクの上でも衛生的かつ揉み込み作業も安心の深さとあって、ザルは専らこの足付きボイルストレーナーを使っています。

Exif_JPEG_PICTURE

本来は鍋に入れ、片手で簡単に茹で上げをとのものですが、その目的以外にも野菜洗いや水切りにとほぼ毎日使う愛用品です。

Exif_JPEG_PICTURE

*お店では4サイズ扱っています。

塩揉み後は気持ち時間を置いてから、熱した鉄フライパンへ投入。

ここではサラダ油を使用、炒めては蓋をして蒸し焼きの繰り返しです。

10分くらいでしょうか、火を消した後にゴマ油をぐるっと一周かけ、蓋をして暫し余熱で。

炒め油にゴマ油を使うと10分の間に香りが飛んでしまうので後掛けにしています。

この方が格段に香りが立っておいしいので。

今年初の黒豆枝豆、皮から透けて見える黒豆にたまらずコンロの前でつまみ食い。

鉄フライパンで炒めると香ばしさも加わって、おいし過ぎます。

普段はしませんが、熱々の大好物を目の前にこのままキッチンドランク、お皿に盛りつけるまでもなくすごいスピードで食べていました。

焼き枝豆はコリッとした食感が強く、黒豆はさらに粒感が良くて。

フライパン(26cm)いっぱいに調理をしていますが、この倍の量を買っているので、次は仕上げ油をオリーブオイルとニンニクチップにして楽しむ予定です。

フライパンではなく中華鍋をお持ちただいている方でももちろん、中華鍋で作っていただければと。

ただフライパンより熱が入りやすいので、極弱火で蒸し焼きをされてください。

ステンレスボイルストレーナー

16cm ¥1,440(抜)

19cm ¥1,740(抜)

22cm ¥1,900(抜)

25cm ¥2,600(抜)

打ち出し鉄フライパン

22cm ¥2,900(抜)

26cm ¥3,800(抜)

打ち出し返し中華鍋

27cm ¥4,800(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

祇園祭前祭宵山

祇園祭に行っていた訳ではないのですが、たまたまその期間に夜の外出が重なって。

Details »

延興寺窯

山陰仕入旅、最後は延興寺窯へ。

延興寺とは鳥取は岩美町の土地の名前で、おおよそ工房から見える辺りがその地域。 Details »

元湯温泉

鳥取滞在の翌朝は元湯温泉で早朝風呂です。

Details »

営業時間変更のお知らせ

本日15日(月・祝)は17:30閉店となります。

毎月の営業についてはトップページにありますカレンダーをご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

更科

山陰仕入旅、続いては晩ごはん。

お昼に魚をいただいたものの、続けて食べてもいいほどに山陰の魚介はおいしいです。

Details »

海の店ささき

温泉津から東へ移動する際によく利用しています食堂、海の店ささきでお昼ごはんです。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根は温泉津焼森山窯の品出しが完了しました。

種類豊富ですので、この度もアイテム名のみのご案内とさせていただきます。 Details »

やきものの里

森山窯を後にして温泉津やきものの里へ。

森山窯からは歩いて行ける距離です。 Details »

温泉津焼 森山窯

温泉津温泉からは森山窯へ。

恒例の買い付けです。 Details »

温泉津温泉 元湯

早朝、温泉津に到着。

港のこの風景を眺めてから目覚ましの湯へと向かうのがいつもの流れです。 Details »

台南微風

森山窯の品出し準備が整いつつありますので、随分と前のことにはなりますがそろそろ山陰仕入旅の様子を。

島根、鳥取へは京都で車を借りて向かっています。 Details »

DJANGO toKyo

メタボ岡崎(当店の入る建物)で営業をして9年を過ぎましたが、初めてのことになります。

105号室にお店がオープンします。 Details »