奈良屋の九重

会津の方からのいただきもの、奈良屋の九重(ゆず味)です。

すぐには何なのか分からなかったのですが、飲み物のようで。

小さい頃からあってごく一般的なものと思われていたそう。

そういう地元菓子、私にもいろいろと憶えがありまして、代表的なのは冬場の水ようかんかと。

お湯に溶かしていただくと聞いて、この包みの印象から葛湯のようなものを想像したのですが、黄色く色付いた小さなあられがたくさん入っていました。

分量がよく分からなかったのですが、甘さによってお好みらしく。

小さじ2杯ほどでお試し、お湯を注ぐとあられから次第に色が移っていき、粒が表面へと上がってきます。

随分と甘さ控えめだったので、次はもう少し入れていただいてみようかと。

「品位高尚風味亦佳」、「精神爽快を覚ゆるもの」、「御土産御進物用として至極適当」と包みにあった説明文が渋過ぎで、老舗感満載。

*読めない漢字も含まれていたので抜粋です。

いただく機会がなければ出会えなかった地元密着菓子、本当に有り難い限り。

冷やしていただいても良いとのこと、ひと包み分じっくりと楽しませていただきます。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

河井寛次郎展

兵庫陶芸美術館で12月9日(日)まで行われている「没後50年 河井寛次郎展-過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今-」、招待券をお預かりしています。

Details »

Sugar coatのクッキー

新潟はSugar coatのエスプレッソクッキーをいただきました。

Details »

李青

河原町今出川の交差点から少し南、李青でお昼ごはんをいただきました。

Details »

ヤマダベーカリー

大文字の山頂でパンをと思い浄土寺のヤマダベーカリーへ。

結果山に入れなかった経緯はひとつ前のブログでご覧ください。 Details »

法然院

山ブログが終わったばかりでまた山のことなのですが。

この夏の酷暑でしばらくストップしていた大文字ハイク、昨日久々にと思ったらご覧の通りで。 Details »

信州食

長野での最後の食事はこの土地らしく。

検討のお店が定休日と重なったりで、温泉施設併設の食堂でいただくことに。

Details »

peg

安曇野から松本へ。

ワインバーpegに連れて行ってもらいました。

Details »

宮沢牧場のソフトクリーム

大町から安曇野へ。

食の魅力も満載な長野県、お目当てはちひろ美術館の敷地内にあるソフトクリーム店です。 Details »

りんご農園へ

松本でthe source dinerを営む友人にくっついて見学に。

大町にあるりんご農園、小澤果樹園へ立ち寄らせていただきました。 Details »

昭和軒

大町温泉郷にある薬師の湯で早朝風呂を楽しみ、お昼ごはんは信濃大町駅近くの昭和軒へ。

ソースカツ丼が名物のお店です。

Details »

柏原新道にて扇沢へ

3日目の朝、仕度も早々に5時半下山開始です。

Details »

種池山荘の夜

テント場に戻って夕食、山の中での最後の食事です。

Details »