奈良屋の九重

会津の方からのいただきもの、奈良屋の九重(ゆず味)です。

すぐには何なのか分からなかったのですが、飲み物のようで。

小さい頃からあってごく一般的なものと思われていたそう。

そういう地元菓子、私にもいろいろと憶えがありまして、代表的なのは冬場の水ようかんかと。

お湯に溶かしていただくと聞いて、この包みの印象から葛湯のようなものを想像したのですが、黄色く色付いた小さなあられがたくさん入っていました。

分量がよく分からなかったのですが、甘さによってお好みらしく。

小さじ2杯ほどでお試し、お湯を注ぐとあられから次第に色が移っていき、粒が表面へと上がってきます。

随分と甘さ控えめだったので、次はもう少し入れていただいてみようかと。

「品位高尚風味亦佳」、「精神爽快を覚ゆるもの」、「御土産御進物用として至極適当」と包みにあった説明文が渋過ぎで、老舗感満載。

*読めない漢字も含まれていたので抜粋です。

いただく機会がなければ出会えなかった地元密着菓子、本当に有り難い限り。

冷やしていただいても良いとのこと、ひと包み分じっくりと楽しませていただきます。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »