大阪へ -鑑賞編-

「ルーシー・リー展」を見に、大阪市立東洋陶磁美術館に行ってきました。

中之島にあるのですが、この辺りは重要文化財の建物が多く、独特の雰囲気。

水晶橋。

中央公会堂。

中之島図書館。

川沿いのために、辺りが抜けていてとても気持ちがいい場所でした。

「ルーシー・リー展」は平日にも関わらず続々と人が訪れ、鑑賞するのに前の人が進むのを待つほど。

ルーシー・リーについての詳細は公式サイトをどうぞ。

始めに彼女のインタビュー映像を30分ほど見てから、展示室へ。

周囲の環境や時代背景、人との出会いなど接するものと共に変化していく作品を時系列で見ることができました。

彼女の器でよく目にする形や色、技法があるのですが、晩年になってからのものとは初めて知りました。

戦争の時代に生活の為に作っていたという陶器のボタン、この頃の釉薬研究が後の作品に繋がっていき、鮮やかな色や独特の配色、質感のものが生まれたのですね。

1902年に生まれ、1995年に生涯を終えたルーシー・リー。

作陶の背景が器ににじみ出ていることもあり、美術館の解説にもあった「20世紀の陶芸家」という言葉がとてもしっくりきました。

器の曲線の描き方や線の細さもそうですが、少し儚さみたいなものも感じられて女性が好むのも分かりますね。

館内は9割女性でしたし。

展示は2月13日まで行われています。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

太平通り たまご屋

帰りの飛行機の時間まで那覇の市街地をぷらぷら。

太平通りを目当てに国際通りから市場通りを抜ける何となくのお決まりコースです。 Details »

ジャンバルターコー

晩は名護のジャンバルターコーへ。

何度か来ていますが、タコスとチキンを好み伺っているお店です。 Details »

ウッカガー

沖縄仕入紀行に戻りまして、久松食堂からすぐのウッカガーに立ち寄り。

Details »

梅酒仕込み

先日、梅酒仕込みに必要な道具や材料についてご案内をさせていただきました。

屋台八百屋で見つけた梅を漬けましたので、ものすごく簡単な手順をご紹介させていただきます。 Details »

久松食堂

買い付けの後は金武の久松食堂でお昼ごはん。

久々にチーイリチャーが食べたくなって。 Details »

買い付け

大宜味村の共同窯へ、菅原さんの器の買い付けです。

Details »

ビートル

翌朝、ホテルから大宜味へと向かう間です。

出発が早過ぎたので車を停めて少し休憩。

Details »

伊江牛 糸満直売所

沖縄到着後、精肉店が営んでいる食堂でお昼ごはんです。

Details »

トミーズ

神戸空港を利用する時に必ず立ち寄るのがトミーズ。

Details »

沖縄仕入旅

菅原さんの器の入荷案内が済んだところで、沖縄仕入旅の様子をお送りします。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄は大宜味村共同窯、菅原工房(菅原謙)の器が入荷しました。

Details »

Cheer up!

近代美術館で鑑賞の後、お昼ごはんを買いにCheer up!へ。

Details »