大阪へ -鑑賞編-

「ルーシー・リー展」を見に、大阪市立東洋陶磁美術館に行ってきました。

中之島にあるのですが、この辺りは重要文化財の建物が多く、独特の雰囲気。

水晶橋。

中央公会堂。

中之島図書館。

川沿いのために、辺りが抜けていてとても気持ちがいい場所でした。

「ルーシー・リー展」は平日にも関わらず続々と人が訪れ、鑑賞するのに前の人が進むのを待つほど。

ルーシー・リーについての詳細は公式サイトをどうぞ。

始めに彼女のインタビュー映像を30分ほど見てから、展示室へ。

周囲の環境や時代背景、人との出会いなど接するものと共に変化していく作品を時系列で見ることができました。

彼女の器でよく目にする形や色、技法があるのですが、晩年になってからのものとは初めて知りました。

戦争の時代に生活の為に作っていたという陶器のボタン、この頃の釉薬研究が後の作品に繋がっていき、鮮やかな色や独特の配色、質感のものが生まれたのですね。

1902年に生まれ、1995年に生涯を終えたルーシー・リー。

作陶の背景が器ににじみ出ていることもあり、美術館の解説にもあった「20世紀の陶芸家」という言葉がとてもしっくりきました。

器の曲線の描き方や線の細さもそうですが、少し儚さみたいなものも感じられて女性が好むのも分かりますね。

館内は9割女性でしたし。

展示は2月13日まで行われています。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »

大龍亭

年末最後の営業日、その日急に決まった忘年会はさくっと食事だけ済ませ、店内で呑み納めをすることに。

食事を求めて東大路を丸太町から北へ、 Details »

恒例のメンテナンス

あけましておめでとうございます。

本日より2019年の営業が始まりました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Details »

1月の営業日

1月の営業日をお知らせいたします。

Details »

金鶴の酒かす

新潟は佐渡、加藤酒造店「金鶴」の酒かすをいただきました。

Details »

小多福

小多福のおはぎをいただきました。

こちらは粒感のある古代米。 Details »