冷酒のぐいのみ

この春開催しました周年企画展「でく工房展」、当店定番アイテムも企画展終了後に品薄となっていたのですが、先日全4種の在庫が整いました。

この暑い最中に気分だけでも涼しくと、口当たりの良いでく工房のグラスで水分補給や晩酌を楽しんでいただければと思います。

企画展期間中、唯一詳しくご紹介しなかったのがこちらのぐいのみなのですが、冷酒がお好きな方に一度お試しいただきたいこだわりの品です。

2年前に一度ご案内していますが改めて。

お酒をいただく時、実際に飲んだ量よりもどれくらいの時間を楽しんだかを大事に思うタイプなのですが、同じくの方がいらっしゃったらと。

健康上飲み過ぎないようにとは心がけていまして、そんな希望を反映してのぐいのみで、見た目には多く入っているようで実際にはそれほどでもないと。

あさがお型(径が広くて底が浅い形)と筒型(径が狭くて底が深い形)と、8分目の高さまで注いだ時にどちらの方が実質少ないかはご存知の通りかと。

1合徳利ですと、8分目まで注いで約5杯楽しめます。

これが私には時間を楽しみながらも飲み過ぎない程良いところでして。

アルコールの採り過ぎによる脱水症状、この酷暑の中で毎日のように注意喚起されていますが、そんな中で晩酌を楽しむには呑んだ気になることも大切かと。

*それでもどうぞ一緒に水は飲まれください。

dscf2255

容量の絶妙さばかりを伝えていますが、見た目にももちろんきれいな形。

一見シンプルながら角度によって感じ方が変わったり。

また底の部分が不思議なのですが、輪っか入っているようにも見えたりと。

dscf2256

重心が低く安定感があることも魅力のひとつ、積み重ねての収納も難なくです。

日本酒を呑まれない方でもソースや薬味を入れる器にと買っていただいた方がおられました。

用途はどうぞご自由に、楽しんでいただければと思います。

ぐいのみ ¥1,800(抜)

Φ68×h41mm

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

Meets Regional 8・9月合併号

7月1日発売、京阪神エルマガジン社発行のMeets Regional 8・9月合併号に掲載をいただきました。

Details »

MR. MAURICE’S ITALIAN

ランチはホテルのレストラン、MR. MAURICE’S ITALIANへ。

Details »

旧館

他の客室も見学を、窓の形に馴染みのある方も多いかと。

この印象的なアーチ窓は旧館部分の3階です。

Details »

ミーティングルーム

連日細かい滞在記、あと数回お付き合いを。

エレベーターホールの壁面も信楽焼のタイルで、案内表示は柚木沙弥郎氏。 Details »

STUMPTOWN COFFEE ROASTERS

ロビーから続く扉の奥はコーヒーショップ、STUMPTOWN COFFEE ROASTERSです。

Details »

ロビー

Ace Hotel Kyoto滞在記、客室に続いて本日はロビースペースを。

Details »

Ace Hotel Kyoto

先月開業しましたAce Hotel Kyotoへ。

有り難くプレオープンの時に泊まらせていただきました。 Details »

完売しました。

BRAUN社のアラームクロック、ドイツ製ムーブメントを使用した製品につきまして、当店在庫分が完売をしました。

Details »

とり伊

四条大宮にある水炊きのお店、とり伊で親子丼をいただきました。

Details »

ビゴの店

北大路にあるパン屋さん、ビゴの店のパンをいただきました。

Details »

夏越の祓

岡崎神社で茅の輪くぐり、本日6月最終日、今年ももう折り返しです。

Details »

「水野美術館コレクション 美しNIPPON」

しばらく閉館をしていた”美術館「えき」KYOTO”が再開、7月4日(土)から「水野美術館コレクション 美しNIPPON」が始まります。

Details »