大嶺實清展

空港に行くまでの時間を使って、琉球新報本社ビルで行われていた大嶺實清展に立ち寄りました。

大嶺實清さん、沖縄陶芸界の巨匠ですが、直接面識のない私にとってはお世話になっている北窯の親方、松田共司さん、松田米司さんのお師匠さんとの位置づけで。

沖縄県立芸術大学の先生をしておられたことから、陶芸界に限らず師と仰ぐ方が多くおられ、お名前はあちこちで耳にします。

読谷のやちむんの里内に工房を構えておられ、何度か足を運んだことはあるのですが、個展に伺うのは初めて。

アバンギャルドな作品(家)から、

伝統的なやちむん(チューカー)まで、いろいろな陶作品が展示されていました。

それにしても形の美しさにうっとり。

新聞社での個展ならでは、写真も多く掛けられていました。

その写真の数々がとても素敵で、スタッフの方にお声掛けしましたら、琉球新報のカメラマンが撮られたものと。

大嶺さん、普段は写真に撮られることを好まれないようですが、よくよく知ったカメラマンの方とあって、緊張感なく自然体だったようです。

お茶目な表情や何気ない場面、その写真に囲まれて拝見する作品の数々はより一層興味深くて、大変に良い機会となりました。

琉球新報本社の落成記念としての個展で、現在会期は終了しているのですが、ビルの1階ロビーにあったこの墨絵、勝手なことは言えませんが常時あるのかもしれません。

陶器を作る上でのデッサン画がこれですから、格好良過ぎます。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »