延興寺窯

延興寺窯へ参りました。

昨年工房を新築されまして、以前のスペースは展示場になっています。

窓の右奥に見えるのが新しい工房、難なく歩ける距離なのですが、雪の季節はこの間の除雪が大変と。

この機会に除雪機を手に入れられたようです。

この時買い付けました器は先日店頭出しが完了しています。

揃いましたアイテムについてはこちらよりご覧ください。

半年に一度の訪問で、積もる話をしながらお茶をいただいておりました。

面が平らな楕円皿は菓子皿としても便利、笹に包まれた葛まんじゅうにもぴったりです。

柔らかい丸みのあるお皿に三角形の対比がまた余計に。

食べてばかりですが、こちらは鳥取市内のお菓子屋さんホテイ堂の栗まんじゅう。

栗まるごとが白あんに包まれていまして、品のいい甘さです。

延興寺窯の黒釉、梨地と呼んでいますが、ふつふつと沸いたような質感が良く、今回の買い付け分はいつも以上にその様子が表れています。

加えて黒の色合いも絶妙の仕上がりですので、ご興味ありましたら店頭で触れてご覧いただきたく思います。

こちら線刻7寸皿、白掛して上絵付けされる予定だったのですが訳あって飴釉に変更されました。

*白掛の器は今回ご用意していません。

個人的には線刻がクリアに見えるため飴釉の方が好みと、窯にあった分を分けていただきまして。

ちょっとイレギュラーな制作なので、次回追加のご用意ができるとしても1年以上は先になるかと。

飴釉派の方はどうぞこの機会にご覧ください。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

久々にたっぷりと揃いまして、この度もアイテムのみですがご紹介をさせていただきます。

Details »

大阪日本民芸館 2018秋季展

9月8日(土)から始まります大阪日本民芸館秋季特別展「民藝のバスケタリー」、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしました。

Details »

新生姜の甘酢漬け

安かったのでまとめ買いをした新生姜、そうめんの薬味に使うも食べきれない分は日持ちするようにと甘酢漬けにしました。

Details »

四ノ宮 鈴や

花火大会へ向かうに山科を通るならと、お昼ごはんは鈴やでカレーです。

Details »

びわ湖大花火大会

何年ぶりか記憶にないほどですが、今年良い機会に恵まれまして琵琶湖の花火大会に行ってきました。

高台から望む最高のロケーションです。 Details »

オイルメンテナンス

宣言していましたカウンターのオイルメンテナンス、月曜晩に行っての今朝の様子です。

Details »

焼き黒豆枝豆

通りかかった八百屋さんに早くも黒豆の枝豆(大好物)が出ていて、大量買いしました。

亀岡産とのこと、持ち帰って早速いただきます。

Details »

お盆の前に

連日家もお店もクーラーつけっぱなし、室内の空気は乾燥気味です。

冬場に加えてこの時季にも気にしておきたいのが木製家具のオイルメンテナンス。

Details »

「バウハウスへの応答」

本日8月4日(土)から京都国立近代美術館で始まりました展示、「バウハウスへの応答」を見に行ってきました。

Details »

奈良屋の九重

会津の方からのいただきもの、奈良屋の九重(ゆず味)です。

すぐには何なのか分からなかったのですが、飲み物のようで。

Details »

GYOZA OHSHO 烏丸御池店

烏丸御池にあるオシャレ王将に行ってきました。

店名表記も「餃子の王将」ではなく「GYOZA OHSHO」。 Details »

大判薄手 白雪ふきん

大判薄手の白雪ふきん、キッチン周りでの使用の他ハンドタオルとしてお求めになる方もおられまして。

8枚の蚊帳生地を重ねて縫製している白雪ふきん、 Details »