梅酒仕込み

山陰紀行の途中ですが、季節ものを先に。

梅酒(シロップ)の準備について、先日必要な道具などをご案内させていただきました。

昨日今年の仕込みを終えましたので、簡単な手順をご紹介いたします。

青梅をよく洗い、つまようじでヘソを取り除きます。

すぐに漬けられる方は清潔なふきんで水気を吸い取ってください。

私はできるだけ手間なく楽にと自然乾燥です。

梅の実を買ってきた日の晩に洗浄とヘソ取りを終わらせておき、ストレーナーに入れて一晩置いています。

梅雨入り前の乾燥した空気の中であれば重なっている箇所も問題なく乾きまして。

瓶も同じく洗浄し自然乾燥です。

*湿度が高くなってから漬けられる方はひとつずつ平置きして乾かされた方が間違いないかと思います。

4Lの保存瓶に梅の実1kgでおおよそこれくらいの容量。

そこへ漬け込み用の日本酒を1升注いで完了です。

ホワイトリカーで行う方は氷砂糖やはちみつなどお好みで300〜500g入れてください。

今号のリビング新聞、何ともタイムリーな特集で梅についての記事がありました。

クエン酸が疲労回復や食欲増進に良いことは知られていますが、カルシウムの吸収率も上げるらしいです。

ヨーグルトに梅シロップをかけたり、シロップ漬けの梅の実にクリームチーズをつけたりと、健康作用関係なくおいしそう。

梅ポリフェノールの抗酸化作用によって体のサビ防止にも効果的とのことでした。

空気がカラッとしている間は仕込みが一層楽なので、私はできれば梅雨入り前にと済ませていますが、青梅が出回るのはあと2~3週間といったところでしょうか。

ご予定されている方はどうぞお早めにご準備ください。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

追加したものも含め、現在ご用意しているアイテムを簡単ながらご紹介いたします。 Details »

しずかな山

ヴィーガンのお菓子を作っておられるお客さんからのいただきもの。

今度イベントに出されるお菓子を試作されたのことで、 Details »

夷川餃子なかじま

西洞院夷川辺り、餃子のお店なかじまへとサク呑みに。

Details »

常滑陶芸研究所

運良くおられた職員の方に入れていただき、休館日ながら常滑陶芸研究所を見学させていただきました。

Details »

甚秋陶苑

常滑滞在記、続いては急須作りを専門にされている甚秋陶苑さんへ。

Details »

常滑

打ち合わせのためにやってきました常滑、焼き物の産地として有名な土地ながら初めての訪問です。

Details »

円頓寺商店街

昨日からの続き、円頓寺商店街の様子を少々。

高層ビルが立ち並ぶ名古屋駅から徒歩圏内ながら、昭和の雰囲気漂う素敵な商店街です。 Details »

名古屋モーニング

愛知へ日帰り出張、折角ならと朝早めに出て名古屋を楽しむべくうろうろと。

喫茶まつばでモーニングです。

Details »

KOUGEI NOW 2019 “DIALOGUE”

KOUGEI NOW 2019 Kyoto Crafts Exhibition”DIALOGUE”「親密な工芸」、本日内覧会に行ってきました。

昨年に引き続き会場はホテルカンラ京都。 Details »

丸型ステンレスピンチ

定番商品、丸型のステンレスピンチ。

今日のような絶好の洗濯日和に重宝する竿用のピンチです。 Details »

蕎麦切塩釜

蕎麦はここと決まっていて、毎度同じお店のご紹介ですが、蕎麦切塩釜へ参りました。

Details »

Cheer up!

大好きなパン店、Cheer up!のチョコベーグルとメロンパンです。

Details »