梅酒仕込み

山陰紀行の途中ですが、季節ものを先に。

梅酒(シロップ)の準備について、先日必要な道具などをご案内させていただきました。

昨日今年の仕込みを終えましたので、簡単な手順をご紹介いたします。

青梅をよく洗い、つまようじでヘソを取り除きます。

すぐに漬けられる方は清潔なふきんで水気を吸い取ってください。

私はできるだけ手間なく楽にと自然乾燥です。

梅の実を買ってきた日の晩に洗浄とヘソ取りを終わらせておき、ストレーナーに入れて一晩置いています。

梅雨入り前の乾燥した空気の中であれば重なっている箇所も問題なく乾きまして。

瓶も同じく洗浄し自然乾燥です。

*湿度が高くなってから漬けられる方はひとつずつ平置きして乾かされた方が間違いないかと思います。

4Lの保存瓶に梅の実1kgでおおよそこれくらいの容量。

そこへ漬け込み用の日本酒を1升注いで完了です。

ホワイトリカーで行う方は氷砂糖やはちみつなどお好みで300〜500g入れてください。

今号のリビング新聞、何ともタイムリーな特集で梅についての記事がありました。

クエン酸が疲労回復や食欲増進に良いことは知られていますが、カルシウムの吸収率も上げるらしいです。

ヨーグルトに梅シロップをかけたり、シロップ漬けの梅の実にクリームチーズをつけたりと、健康作用関係なくおいしそう。

梅ポリフェノールの抗酸化作用によって体のサビ防止にも効果的とのことでした。

空気がカラッとしている間は仕込みが一層楽なので、私はできれば梅雨入り前にと済ませていますが、青梅が出回るのはあと2~3週間といったところでしょうか。

ご予定されている方はどうぞお早めにご準備ください。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

久々にたっぷりと揃いまして、この度もアイテムのみですがご紹介をさせていただきます。

Details »

大阪日本民芸館 2018秋季展

9月8日(土)から始まります大阪日本民芸館秋季特別展「民藝のバスケタリー」、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしました。

Details »

新生姜の甘酢漬け

安かったのでまとめ買いをした新生姜、そうめんの薬味に使うも食べきれない分は日持ちするようにと甘酢漬けにしました。

Details »

四ノ宮 鈴や

花火大会へ向かうに山科を通るならと、お昼ごはんは鈴やでカレーです。

Details »

びわ湖大花火大会

何年ぶりか記憶にないほどですが、今年良い機会に恵まれまして琵琶湖の花火大会に行ってきました。

高台から望む最高のロケーションです。 Details »

オイルメンテナンス

宣言していましたカウンターのオイルメンテナンス、月曜晩に行っての今朝の様子です。

Details »

焼き黒豆枝豆

通りかかった八百屋さんに早くも黒豆の枝豆(大好物)が出ていて、大量買いしました。

亀岡産とのこと、持ち帰って早速いただきます。

Details »

お盆の前に

連日家もお店もクーラーつけっぱなし、室内の空気は乾燥気味です。

冬場に加えてこの時季にも気にしておきたいのが木製家具のオイルメンテナンス。

Details »

「バウハウスへの応答」

本日8月4日(土)から京都国立近代美術館で始まりました展示、「バウハウスへの応答」を見に行ってきました。

Details »

奈良屋の九重

会津の方からのいただきもの、奈良屋の九重(ゆず味)です。

すぐには何なのか分からなかったのですが、飲み物のようで。

Details »

GYOZA OHSHO 烏丸御池店

烏丸御池にあるオシャレ王将に行ってきました。

店名表記も「餃子の王将」ではなく「GYOZA OHSHO」。 Details »

大判薄手 白雪ふきん

大判薄手の白雪ふきん、キッチン周りでの使用の他ハンドタオルとしてお求めになる方もおられまして。

8枚の蚊帳生地を重ねて縫製している白雪ふきん、 Details »