かどや

西大路にあるお食事処かどやへ。

好奇心がくすぐられる惹きの強い外観です。

この外観からぶたじるを食べないと始まらない食堂と、ぶたじるとごはん(小)を注文しました。

たくさん入った豚バラ肉、程よい甘みを感じるも脂分、塩分はガツンと多めです。

汗を流して働いてきた方には程良い濃さのぶたじると。

ごはんはこれで小サイズ、ぶたじると一緒にいただくにはベストな量でした。

短冊にあるお品書きの他、冷蔵ケースには一品料理が並んでいて、たらの煮付けもいただくことに。

電子レンジで温め直していただけます。

周囲は朝から飲んでいるおじさま方に私と同じく惹かれて入って来られた(ように見えた)お若い女性達、頭上のテレビではワイドショーが流れる、そんな雰囲気です。

朝方からお昼までの営業とあり、夜勤明けの方向けの食堂と。

「食堂」のれんがふたつ掛かっていますが、どちらからも入れると思いきや正解はひとつ。

迷うことなく足を進めている方は常連さん、私がきょろきょろしつつ向かったのは言うまでもなくです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

法然院

山ブログが終わったばかりでまた山のことなのですが。

この夏の酷暑でしばらくストップしていた大文字ハイク、昨日久々にと思ったらご覧の通りで。 Details »

信州食

長野での最後の食事はこの土地らしく。

検討のお店が定休日と重なったりで、温泉施設併設の食堂でいただくことに。

Details »

peg

安曇野から松本へ。

ワインバーpegに連れて行ってもらいました。

Details »

宮沢牧場のソフトクリーム

大町から安曇野へ。

食の魅力も満載な長野県、お目当てはちひろ美術館の敷地内にあるソフトクリーム店です。 Details »

りんご農園へ

松本でthe source dinerを営む友人にくっついて見学に。

大町にあるりんご農園、小澤果樹園へ立ち寄らせていただきました。 Details »

昭和軒

大町温泉郷にある薬師の湯で早朝風呂を楽しみ、お昼ごはんは信濃大町駅近くの昭和軒へ。

ソースカツ丼が名物のお店です。

Details »

柏原新道にて扇沢へ

3日目の朝、仕度も早々に5時半下山開始です。

Details »

種池山荘の夜

テント場に戻って夕食、山の中での最後の食事です。

Details »

爺ヶ岳

種池山荘のテント場に着いたのが14時半過ぎ。

テントを張り終え相談の結果、当初3日目に行く予定だった爺ヶ岳のピストンをこの日に行うことに。

Details »

岩小屋沢岳〜種池山荘

新越山荘から2日目のテント場がある種池山荘までは2時間ほど。

Details »

新越山荘

お知らせ、入荷情報を挟みまして山ブログに戻ります。

鳴沢岳から30分ほどで新越山荘に到着です。

Details »

小鹿田焼のすり鉢 入荷しました。

昨年NHKBSプレミアムの「イッピン」で放送されてから度々お問い合わせをいただき、それを機にお買い上げの方が多かった小鹿田焼の片口すり鉢。

Details »