かどや

西大路にあるお食事処かどやへ。

好奇心がくすぐられる惹きの強い外観です。

この外観からぶたじるを食べないと始まらない食堂と、ぶたじるとごはん(小)を注文しました。

たくさん入った豚バラ肉、程よい甘みを感じるも脂分、塩分はガツンと多めです。

汗を流して働いてきた方には程良い濃さのぶたじると。

ごはんはこれで小サイズ、ぶたじると一緒にいただくにはベストな量でした。

短冊にあるお品書きの他、冷蔵ケースには一品料理が並んでいて、たらの煮付けもいただくことに。

電子レンジで温め直していただけます。

周囲は朝から飲んでいるおじさま方に私と同じく惹かれて入って来られた(ように見えた)お若い女性達、頭上のテレビではワイドショーが流れる、そんな雰囲気です。

朝方からお昼までの営業とあり、夜勤明けの方向けの食堂と。

「食堂」のれんがふたつ掛かっていますが、どちらからも入れると思いきや正解はひとつ。

迷うことなく足を進めている方は常連さん、私がきょろきょろしつつ向かったのは言うまでもなくです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »