梅酒仕込みの準備

この季節恒例のご案内となりました。

梅酒を作られる方へ、梅の実をベストなタイミングで漬けるために周辺用品のご準備はどうぞお早めに。

毎年仕込み続け、いまだ自家製梅酒の正解が何かを求めている最中なのですが、ひとつ確かに言えることは梅以外に必要な材料、道具の準備は予め終わらせておくこと。

おいしそうな青梅を見つけた時に即仕込みができる状態にしておくことが、重要なポイントです。

かつて2~3日置いてしまって黄梅へと熟しかけ、悔やんだことがありますので。

ホワイトリカーと氷砂糖で漬け込むのが一般的ですが、ブランデーや日本酒(専用の度数が高いもの)、黒糖やてんさい糖、ハチミツなどと材料の組み合わせもいろいろとありまして、そちらもどうぞ検討されてご準備を。

梅の実は1kgで販売していることが多いのですが、その際の漬け込みにはこちらの4L瓶が適量です。

ミルクビンのような形の取手付き密封瓶、私は3本をぐるぐると使い回し、普段はキッチンの床に置いています。

掃除の際、取手が付いているので扱いが楽ですし、出したままでも気にならない見た目で。

すぐに取り出せる場所にあって、ここからちびちびといただいています。

梅酒をすくう際にはこちらの杓子が便利です。

梅の実も難なく取り出せる大きさで1杯約50cc、飲み過ぎないよう計量しながら使っていただいてもよいかと思います。

昨年漬けた梅酒は次の仕込みのためにと瓶を空けるべく、残りはこちらへ移し替えをしています。

容量は450mlと900ml、その時の残量に合わせて適した方に入れ替えていまして、冷蔵庫のドアポケットに収納。

梅酒を仕込む頃には気温も増し、冷えたものが口にも合いますので、ちょうどよくもあって。

ちょっと気が早くも今年の準備を終え、あとは良い梅を見つけるだけと現在スタンバイ中です。

毎年これぞと思う梅を探して何軒かはしごするのですが、恒例の行事となり楽しみながら行っています。

すぐに食べ終えてしまうものと違って、その出来が年の暮れからの(私の飲み始める時期です)楽しみを左右するもので、梅の実探しは焦らずじっくりが一番と。

ご紹介しました梅酒関連商品、この季節は通常より在庫数を多めにご用意していますが、まとまった数でご検討の方は予めご連絡いただければ幸いです。

また初めて漬けられる方には付属の説明書きがありますので、そちらもご参考いただければと思います。(聞いていただいても結構です。)

【ステンレス取手付き密封保存瓶】

4L ¥1,800(抜)

2L ¥1,500(抜)

1L ¥1,300(抜)

1~4L共通シリコンパッキン ¥180(抜)

【ステンレス杓子】

¥430(抜)

【ステンレスキャップ保存瓶】

900ml ¥400(抜)

450ml ¥350(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

久々にたっぷりと揃いまして、この度もアイテムのみですがご紹介をさせていただきます。

Details »

大阪日本民芸館 2018秋季展

9月8日(土)から始まります大阪日本民芸館秋季特別展「民藝のバスケタリー」、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしました。

Details »

新生姜の甘酢漬け

安かったのでまとめ買いをした新生姜、そうめんの薬味に使うも食べきれない分は日持ちするようにと甘酢漬けにしました。

Details »

四ノ宮 鈴や

花火大会へ向かうに山科を通るならと、お昼ごはんは鈴やでカレーです。

Details »

びわ湖大花火大会

何年ぶりか記憶にないほどですが、今年良い機会に恵まれまして琵琶湖の花火大会に行ってきました。

高台から望む最高のロケーションです。 Details »

オイルメンテナンス

宣言していましたカウンターのオイルメンテナンス、月曜晩に行っての今朝の様子です。

Details »

焼き黒豆枝豆

通りかかった八百屋さんに早くも黒豆の枝豆(大好物)が出ていて、大量買いしました。

亀岡産とのこと、持ち帰って早速いただきます。

Details »

お盆の前に

連日家もお店もクーラーつけっぱなし、室内の空気は乾燥気味です。

冬場に加えてこの時季にも気にしておきたいのが木製家具のオイルメンテナンス。

Details »

「バウハウスへの応答」

本日8月4日(土)から京都国立近代美術館で始まりました展示、「バウハウスへの応答」を見に行ってきました。

Details »

奈良屋の九重

会津の方からのいただきもの、奈良屋の九重(ゆず味)です。

すぐには何なのか分からなかったのですが、飲み物のようで。

Details »

GYOZA OHSHO 烏丸御池店

烏丸御池にあるオシャレ王将に行ってきました。

店名表記も「餃子の王将」ではなく「GYOZA OHSHO」。 Details »

大判薄手 白雪ふきん

大判薄手の白雪ふきん、キッチン周りでの使用の他ハンドタオルとしてお求めになる方もおられまして。

8枚の蚊帳生地を重ねて縫製している白雪ふきん、 Details »