梅酒仕込みの準備

この季節恒例のご案内となりました。

梅酒を作られる方へ、梅の実をベストなタイミングで漬けるために周辺用品のご準備はどうぞお早めに。

毎年仕込み続け、いまだ自家製梅酒の正解が何かを求めている最中なのですが、ひとつ確かに言えることは梅以外に必要な材料、道具の準備は予め終わらせておくこと。

おいしそうな青梅を見つけた時に即仕込みができる状態にしておくことが、重要なポイントです。

かつて2~3日置いてしまって黄梅へと熟しかけ、悔やんだことがありますので。

ホワイトリカーと氷砂糖で漬け込むのが一般的ですが、ブランデーや日本酒(専用の度数が高いもの)、黒糖やてんさい糖、ハチミツなどと材料の組み合わせもいろいろとありまして、そちらもどうぞ検討されてご準備を。

梅の実は1kgで販売していることが多いのですが、その際の漬け込みにはこちらの4L瓶が適量です。

ミルクビンのような形の取手付き密封瓶、私は3本をぐるぐると使い回し、普段はキッチンの床に置いています。

掃除の際、取手が付いているので扱いが楽ですし、出したままでも気にならない見た目で。

すぐに取り出せる場所にあって、ここからちびちびといただいています。

梅酒をすくう際にはこちらの杓子が便利です。

梅の実も難なく取り出せる大きさで1杯約50cc、飲み過ぎないよう計量しながら使っていただいてもよいかと思います。

昨年漬けた梅酒は次の仕込みのためにと瓶を空けるべく、残りはこちらへ移し替えをしています。

容量は450mlと900ml、その時の残量に合わせて適した方に入れ替えていまして、冷蔵庫のドアポケットに収納。

梅酒を仕込む頃には気温も増し、冷えたものが口にも合いますので、ちょうどよくもあって。

ちょっと気が早くも今年の準備を終え、あとは良い梅を見つけるだけと現在スタンバイ中です。

毎年これぞと思う梅を探して何軒かはしごするのですが、恒例の行事となり楽しみながら行っています。

すぐに食べ終えてしまうものと違って、その出来が年の暮れからの(私の飲み始める時期です)楽しみを左右するもので、梅の実探しは焦らずじっくりが一番と。

ご紹介しました梅酒関連商品、この季節は通常より在庫数を多めにご用意していますが、まとまった数でご検討の方は予めご連絡いただければ幸いです。

また初めて漬けられる方には付属の説明書きがありますので、そちらもご参考いただければと思います。(聞いていただいても結構です。)

【ステンレス取手付き密封保存瓶】

4L ¥1,800(抜)

2L ¥1,500(抜)

1L ¥1,300(抜)

1~4L共通シリコンパッキン ¥180(抜)

【ステンレス杓子】

¥430(抜)

【ステンレスキャップ保存瓶】

900ml ¥400(抜)

450ml ¥350(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

太平通り たまご屋

帰りの飛行機の時間まで那覇の市街地をぷらぷら。

太平通りを目当てに国際通りから市場通りを抜ける何となくのお決まりコースです。 Details »

ジャンバルターコー

晩は名護のジャンバルターコーへ。

何度か来ていますが、タコスとチキンを好み伺っているお店です。 Details »

ウッカガー

沖縄仕入紀行に戻りまして、久松食堂からすぐのウッカガーに立ち寄り。

Details »

梅酒仕込み

先日、梅酒仕込みに必要な道具や材料についてご案内をさせていただきました。

屋台八百屋で見つけた梅を漬けましたので、ものすごく簡単な手順をご紹介させていただきます。 Details »

久松食堂

買い付けの後は金武の久松食堂でお昼ごはん。

久々にチーイリチャーが食べたくなって。 Details »

買い付け

大宜味村の共同窯へ、菅原さんの器の買い付けです。

Details »

ビートル

翌朝、ホテルから大宜味へと向かう間です。

出発が早過ぎたので車を停めて少し休憩。

Details »

伊江牛 糸満直売所

沖縄到着後、精肉店が営んでいる食堂でお昼ごはんです。

Details »

トミーズ

神戸空港を利用する時に必ず立ち寄るのがトミーズ。

Details »

沖縄仕入旅

菅原さんの器の入荷案内が済んだところで、沖縄仕入旅の様子をお送りします。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄は大宜味村共同窯、菅原工房(菅原謙)の器が入荷しました。

Details »

Cheer up!

近代美術館で鑑賞の後、お昼ごはんを買いにCheer up!へ。

Details »