梅酒仕込みの準備

この季節恒例のご案内となりました。

梅酒を作られる方へ、梅の実をベストなタイミングで漬けるために周辺用品のご準備はどうぞお早めに。

毎年仕込み続け、いまだ自家製梅酒の正解が何かを求めている最中なのですが、ひとつ確かに言えることは梅以外に必要な材料、道具の準備は予め終わらせておくこと。

おいしそうな青梅を見つけた時に即仕込みができる状態にしておくことが、重要なポイントです。

かつて2~3日置いてしまって黄梅へと熟しかけ、悔やんだことがありますので。

ホワイトリカーと氷砂糖で漬け込むのが一般的ですが、ブランデーや日本酒(専用の度数が高いもの)、黒糖やてんさい糖、ハチミツなどと材料の組み合わせもいろいろとありまして、そちらもどうぞ検討されてご準備を。

梅の実は1kgで販売していることが多いのですが、その際の漬け込みにはこちらの4L瓶が適量です。

ミルクビンのような形の取手付き密封瓶、私は3本をぐるぐると使い回し、普段はキッチンの床に置いています。

掃除の際、取手が付いているので扱いが楽ですし、出したままでも気にならない見た目で。

すぐに取り出せる場所にあって、ここからちびちびといただいています。

梅酒をすくう際にはこちらの杓子が便利です。

梅の実も難なく取り出せる大きさで1杯約50cc、飲み過ぎないよう計量しながら使っていただいてもよいかと思います。

昨年漬けた梅酒は次の仕込みのためにと瓶を空けるべく、残りはこちらへ移し替えをしています。

容量は450mlと900ml、その時の残量に合わせて適した方に入れ替えていまして、冷蔵庫のドアポケットに収納。

梅酒を仕込む頃には気温も増し、冷えたものが口にも合いますので、ちょうどよくもあって。

ちょっと気が早くも今年の準備を終え、あとは良い梅を見つけるだけと現在スタンバイ中です。

毎年これぞと思う梅を探して何軒かはしごするのですが、恒例の行事となり楽しみながら行っています。

すぐに食べ終えてしまうものと違って、その出来が年の暮れからの(私の飲み始める時期です)楽しみを左右するもので、梅の実探しは焦らずじっくりが一番と。

ご紹介しました梅酒関連商品、この季節は通常より在庫数を多めにご用意していますが、まとまった数でご検討の方は予めご連絡いただければ幸いです。

また初めて漬けられる方には付属の説明書きがありますので、そちらもご参考いただければと思います。(聞いていただいても結構です。)

【ステンレス取手付き密封保存瓶】

4L ¥1,800(抜)

2L ¥1,500(抜)

1L ¥1,300(抜)

1~4L共通シリコンパッキン ¥180(抜)

【ステンレス杓子】

¥430(抜)

【ステンレスキャップ保存瓶】

900ml ¥400(抜)

450ml ¥350(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »