ロックグラス

周年企画「でく工房展」8日目です。

本日はロックグラスを3種ご紹介いたします。

会期前に一度ご案内しましたテレビ番組の企画グラスです。

焼酎用にと作られた特別なロックグラス、底面からの溝の深いストレートモールが特徴的で、ずっしり重めの作りです。

大きな氷を入れて、濃いめのお酒をゆっくりと楽しんでいただきたい、そんな重量感です。

斜めモールの方は完売をしまして、ストレートロック、青いグラスも含め受注不可、明日6日までの販売となりますのでどうぞご注意ください。

こちらはモールが交差した丸い形のロックグラス。

漣丸ロックとの名称なのですが、その名の通りゆらめきがきれいなグラスです。

ストレートロックほど重みはなく、ヨーグルトやアイスクリームなどのデザートカップとしてもお使いいただけます。

この形と深さを利用し、層を眺めていただくミニパフェも楽しいかと。

最後は斜めにモールの入った大振りのグラス。

お酒でもいいのですが、冷茶やジュースなど普段のコップに使いやすい形です。

氷を入れても余裕のある容量、アイスコーヒー、アイスティーにとご活用いただければと思います。

商品紹介はこれにて最終回、当店定番品は改めて掲載をしませんでしたが、いつもの4種もご用意しています。

ストレートロックグラス ¥2,300(抜)

漣丸ロック ¥2,200(抜)

シンプルモールグラス ¥2,200(抜)

——————————————————————————————–

8周年記念企画展

でく工房展

会期:2018年4月27日(金)〜5月6日(日)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »