花器・蓋物・皿

周年企画「でく工房展」7日目です。

本日は花器、蓋物、皿類を6種ご紹介いたします。

花器は口が狭まったシンプルなものと口が広くモールの入ったころっとしたものと。

食卓の上でも気にせずにお使いいただける小振りなタイプです。

もう一種は完売、実物をお手に取れずに申し訳なく、只今受注での対応とさせていただいております。

蓋付きの容器は菓子瓶との名称ですが、透けることを利用して側面からの景色も楽しんでいただければ。

食べものに限らず、ポプリなど香りの瓶としてもどうぞ。

開け閉めの際にストレスを感じにくいよう開口部がしっかりと厚めに作られていますので、こちらも気兼ねなく。

続いて皿類を3種。

花びらのような豆皿は、今回ご用意したものの中で唯一円形ではないアイテム。

縁が緩やかに波打っています。

料理を乗せる面は平らか、裏側の細工で表現をしていますので、洗いづらさなどの心配はご無用です。

4寸サイズの水紋皿は葛まんじゅうや水ようかん、また水菓子などと銘々でお使いいただくのに適した大きさ。

6寸径の大版もご用意しています。

水紋皿、縁が分厚く丈夫な作りがうれしいところで、この厚みを出す方法を尋ねましたらまさかの折り返しと。

隙間なく折り込まれた縁の作りにも驚くアイテムです。

昨日ご紹介しましたヨーグルトカップも同じ作り、その点も見物かと。

ノーマル一輪挿し ¥2,000(抜)

ミニ花器 ¥1,800(抜)

菓子瓶 ¥3,500(抜)

豆皿 ¥1,500(抜)

水紋皿 小 ¥1,800(抜)

水紋皿 大 ¥2,600(抜)

——————————————————————————————–

8周年記念企画展

でく工房展

会期:2018年4月27日(金)〜5月6日(日)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

法然院

山ブログが終わったばかりでまた山のことなのですが。

この夏の酷暑でしばらくストップしていた大文字ハイク、昨日久々にと思ったらご覧の通りで。 Details »

信州食

長野での最後の食事はこの土地らしく。

検討のお店が定休日と重なったりで、温泉施設併設の食堂でいただくことに。

Details »

peg

安曇野から松本へ。

ワインバーpegに連れて行ってもらいました。

Details »

宮沢牧場のソフトクリーム

大町から安曇野へ。

食の魅力も満載な長野県、お目当てはちひろ美術館の敷地内にあるソフトクリーム店です。 Details »

りんご農園へ

松本でthe source dinerを営む友人にくっついて見学に。

大町にあるりんご農園、小澤果樹園へ立ち寄らせていただきました。 Details »

昭和軒

大町温泉郷にある薬師の湯で早朝風呂を楽しみ、お昼ごはんは信濃大町駅近くの昭和軒へ。

ソースカツ丼が名物のお店です。

Details »

柏原新道にて扇沢へ

3日目の朝、仕度も早々に5時半下山開始です。

Details »

種池山荘の夜

テント場に戻って夕食、山の中での最後の食事です。

Details »

爺ヶ岳

種池山荘のテント場に着いたのが14時半過ぎ。

テントを張り終え相談の結果、当初3日目に行く予定だった爺ヶ岳のピストンをこの日に行うことに。

Details »

岩小屋沢岳〜種池山荘

新越山荘から2日目のテント場がある種池山荘までは2時間ほど。

Details »

新越山荘

お知らせ、入荷情報を挟みまして山ブログに戻ります。

鳴沢岳から30分ほどで新越山荘に到着です。

Details »

小鹿田焼のすり鉢 入荷しました。

昨年NHKBSプレミアムの「イッピン」で放送されてから度々お問い合わせをいただき、それを機にお買い上げの方が多かった小鹿田焼の片口すり鉢。

Details »