花器・蓋物・皿

周年企画「でく工房展」7日目です。

本日は花器、蓋物、皿類を6種ご紹介いたします。

花器は口が狭まったシンプルなものと口が広くモールの入ったころっとしたものと。

食卓の上でも気にせずにお使いいただける小振りなタイプです。

もう一種は完売、実物をお手に取れずに申し訳なく、只今受注での対応とさせていただいております。

蓋付きの容器は菓子瓶との名称ですが、透けることを利用して側面からの景色も楽しんでいただければ。

食べものに限らず、ポプリなど香りの瓶としてもどうぞ。

開け閉めの際にストレスを感じにくいよう開口部がしっかりと厚めに作られていますので、こちらも気兼ねなく。

続いて皿類を3種。

花びらのような豆皿は、今回ご用意したものの中で唯一円形ではないアイテム。

縁が緩やかに波打っています。

料理を乗せる面は平らか、裏側の細工で表現をしていますので、洗いづらさなどの心配はご無用です。

4寸サイズの水紋皿は葛まんじゅうや水ようかん、また水菓子などと銘々でお使いいただくのに適した大きさ。

6寸径の大版もご用意しています。

水紋皿、縁が分厚く丈夫な作りがうれしいところで、この厚みを出す方法を尋ねましたらまさかの折り返しと。

隙間なく折り込まれた縁の作りにも驚くアイテムです。

昨日ご紹介しましたヨーグルトカップも同じ作り、その点も見物かと。

ノーマル一輪挿し ¥2,000(抜)

ミニ花器 ¥1,800(抜)

菓子瓶 ¥3,500(抜)

豆皿 ¥1,500(抜)

水紋皿 小 ¥1,800(抜)

水紋皿 大 ¥2,600(抜)

——————————————————————————————–

8周年記念企画展

でく工房展

会期:2018年4月27日(金)〜5月6日(日)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »