花器・蓋物・皿

周年企画「でく工房展」7日目です。

本日は花器、蓋物、皿類を6種ご紹介いたします。

花器は口が狭まったシンプルなものと口が広くモールの入ったころっとしたものと。

食卓の上でも気にせずにお使いいただける小振りなタイプです。

もう一種は完売、実物をお手に取れずに申し訳なく、只今受注での対応とさせていただいております。

蓋付きの容器は菓子瓶との名称ですが、透けることを利用して側面からの景色も楽しんでいただければ。

食べものに限らず、ポプリなど香りの瓶としてもどうぞ。

開け閉めの際にストレスを感じにくいよう開口部がしっかりと厚めに作られていますので、こちらも気兼ねなく。

続いて皿類を3種。

花びらのような豆皿は、今回ご用意したものの中で唯一円形ではないアイテム。

縁が緩やかに波打っています。

料理を乗せる面は平らか、裏側の細工で表現をしていますので、洗いづらさなどの心配はご無用です。

4寸サイズの水紋皿は葛まんじゅうや水ようかん、また水菓子などと銘々でお使いいただくのに適した大きさ。

6寸径の大版もご用意しています。

水紋皿、縁が分厚く丈夫な作りがうれしいところで、この厚みを出す方法を尋ねましたらまさかの折り返しと。

隙間なく折り込まれた縁の作りにも驚くアイテムです。

昨日ご紹介しましたヨーグルトカップも同じ作り、その点も見物かと。

ノーマル一輪挿し ¥2,000(抜)

ミニ花器 ¥1,800(抜)

菓子瓶 ¥3,500(抜)

豆皿 ¥1,500(抜)

水紋皿 小 ¥1,800(抜)

水紋皿 大 ¥2,600(抜)

——————————————————————————————–

8周年記念企画展

でく工房展

会期:2018年4月27日(金)〜5月6日(日)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

久々にたっぷりと揃いまして、この度もアイテムのみですがご紹介をさせていただきます。

Details »

大阪日本民芸館 2018秋季展

9月8日(土)から始まります大阪日本民芸館秋季特別展「民藝のバスケタリー」、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしました。

Details »

新生姜の甘酢漬け

安かったのでまとめ買いをした新生姜、そうめんの薬味に使うも食べきれない分は日持ちするようにと甘酢漬けにしました。

Details »

四ノ宮 鈴や

花火大会へ向かうに山科を通るならと、お昼ごはんは鈴やでカレーです。

Details »

びわ湖大花火大会

何年ぶりか記憶にないほどですが、今年良い機会に恵まれまして琵琶湖の花火大会に行ってきました。

高台から望む最高のロケーションです。 Details »

オイルメンテナンス

宣言していましたカウンターのオイルメンテナンス、月曜晩に行っての今朝の様子です。

Details »

焼き黒豆枝豆

通りかかった八百屋さんに早くも黒豆の枝豆(大好物)が出ていて、大量買いしました。

亀岡産とのこと、持ち帰って早速いただきます。

Details »

お盆の前に

連日家もお店もクーラーつけっぱなし、室内の空気は乾燥気味です。

冬場に加えてこの時季にも気にしておきたいのが木製家具のオイルメンテナンス。

Details »

「バウハウスへの応答」

本日8月4日(土)から京都国立近代美術館で始まりました展示、「バウハウスへの応答」を見に行ってきました。

Details »

奈良屋の九重

会津の方からのいただきもの、奈良屋の九重(ゆず味)です。

すぐには何なのか分からなかったのですが、飲み物のようで。

Details »

GYOZA OHSHO 烏丸御池店

烏丸御池にあるオシャレ王将に行ってきました。

店名表記も「餃子の王将」ではなく「GYOZA OHSHO」。 Details »

大判薄手 白雪ふきん

大判薄手の白雪ふきん、キッチン周りでの使用の他ハンドタオルとしてお求めになる方もおられまして。

8枚の蚊帳生地を重ねて縫製している白雪ふきん、 Details »