ボウル・鉢

周年企画「でく工房展」6日目です。

本日はボウル、鉢類を8種ご紹介いたします。

まずは深くモールの入ったボウルから。

底が平らかなため面が必要なお料理にはこちらがおすすめ。

連想しやすいものとしては冷奴、サラダや和え物など一般的な小鉢使いにも向いています。

同じ形状の大きい版もご用意しています。

鉢類の中で一番小さなサイズがこちらのひまわり小鉢。

積み重ねての収納がしやすい形状です。

花鉢はその名の通り縁に向かって広がりのある形。

少量での盛りつけでも様になる上、ざっと量を入れてもバランスが取れます。

慣れない分不思議に思われる方が多いのですが、陶器でも近い形があって、お使いいただいた方より好評をいただく買い足し希望の多い形状。

その大きい版もご用意しています。

これからの季節は是非かき氷の器としても。

細かくしのぎの入った浅めの鉢は鉢類の中で一番低く、径は広めです。

どこか懐かしさを感じる雰囲気で。

それに対し、現代的な印象が強いのがこちらのヨーグルトカップ。

工業製品っぽさが個人的には相当ツボです。

ヨーグルトやアイスクリームなどデザートを連想しやすい形状。

こちらいっぱいに作ったプリン、なんて贅沢ですが一度やってみたいものです。

最後はモールの交差した深めのボウル。

連想しやすいのはサラダ、径に対して一番容量があります。

形状、容量様々に幅広く揃えました鉢類ですが、重量感にもそれぞれ個性がありますので、感触も是非お試しいただければと思います。

平ボウルモール 小 ¥2,100(抜)

平ボウルモール 中 ¥2,700(抜)

ひまわり小鉢 ¥1,500(抜)

花鉢 ¥2,400(抜)

花氷鉢 ¥2,400(抜)

しのぎ浅鉢 ¥2,200(抜)

ヨーグルトカップ ¥2,300(抜)

ワッフルボウル ¥2,600(抜)

——————————————————————————————–

8周年記念企画展

でく工房展

会期:2018年4月27日(金)〜5月6日(日)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »