ボウル・鉢

周年企画「でく工房展」6日目です。

本日はボウル、鉢類を8種ご紹介いたします。

まずは深くモールの入ったボウルから。

底が平らかなため面が必要なお料理にはこちらがおすすめ。

連想しやすいものとしては冷奴、サラダや和え物など一般的な小鉢使いにも向いています。

同じ形状の大きい版もご用意しています。

鉢類の中で一番小さなサイズがこちらのひまわり小鉢。

積み重ねての収納がしやすい形状です。

花鉢はその名の通り縁に向かって広がりのある形。

少量での盛りつけでも様になる上、ざっと量を入れてもバランスが取れます。

慣れない分不思議に思われる方が多いのですが、陶器でも近い形があって、お使いいただいた方より好評をいただく買い足し希望の多い形状。

その大きい版もご用意しています。

これからの季節は是非かき氷の器としても。

細かくしのぎの入った浅めの鉢は鉢類の中で一番低く、径は広めです。

どこか懐かしさを感じる雰囲気で。

それに対し、現代的な印象が強いのがこちらのヨーグルトカップ。

工業製品っぽさが個人的には相当ツボです。

ヨーグルトやアイスクリームなどデザートを連想しやすい形状。

こちらいっぱいに作ったプリン、なんて贅沢ですが一度やってみたいものです。

最後はモールの交差した深めのボウル。

連想しやすいのはサラダ、径に対して一番容量があります。

形状、容量様々に幅広く揃えました鉢類ですが、重量感にもそれぞれ個性がありますので、感触も是非お試しいただければと思います。

平ボウルモール 小 ¥2,100(抜)

平ボウルモール 中 ¥2,700(抜)

ひまわり小鉢 ¥1,500(抜)

花鉢 ¥2,400(抜)

花氷鉢 ¥2,400(抜)

しのぎ浅鉢 ¥2,200(抜)

ヨーグルトカップ ¥2,300(抜)

ワッフルボウル ¥2,600(抜)

——————————————————————————————–

8周年記念企画展

でく工房展

会期:2018年4月27日(金)〜5月6日(日)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

法然院

山ブログが終わったばかりでまた山のことなのですが。

この夏の酷暑でしばらくストップしていた大文字ハイク、昨日久々にと思ったらご覧の通りで。 Details »

信州食

長野での最後の食事はこの土地らしく。

検討のお店が定休日と重なったりで、温泉施設併設の食堂でいただくことに。

Details »

peg

安曇野から松本へ。

ワインバーpegに連れて行ってもらいました。

Details »

宮沢牧場のソフトクリーム

大町から安曇野へ。

食の魅力も満載な長野県、お目当てはちひろ美術館の敷地内にあるソフトクリーム店です。 Details »

りんご農園へ

松本でthe source dinerを営む友人にくっついて見学に。

大町にあるりんご農園、小澤果樹園へ立ち寄らせていただきました。 Details »

昭和軒

大町温泉郷にある薬師の湯で早朝風呂を楽しみ、お昼ごはんは信濃大町駅近くの昭和軒へ。

ソースカツ丼が名物のお店です。

Details »

柏原新道にて扇沢へ

3日目の朝、仕度も早々に5時半下山開始です。

Details »

種池山荘の夜

テント場に戻って夕食、山の中での最後の食事です。

Details »

爺ヶ岳

種池山荘のテント場に着いたのが14時半過ぎ。

テントを張り終え相談の結果、当初3日目に行く予定だった爺ヶ岳のピストンをこの日に行うことに。

Details »

岩小屋沢岳〜種池山荘

新越山荘から2日目のテント場がある種池山荘までは2時間ほど。

Details »

新越山荘

お知らせ、入荷情報を挟みまして山ブログに戻ります。

鳴沢岳から30分ほどで新越山荘に到着です。

Details »

小鹿田焼のすり鉢 入荷しました。

昨年NHKBSプレミアムの「イッピン」で放送されてから度々お問い合わせをいただき、それを機にお買い上げの方が多かった小鹿田焼の片口すり鉢。

Details »