たから家の骨汁

昼ごはんは空港近くのたから家へ。

以前から一度は食べてみたいと思っていた骨汁を目当てに参りました。

骨汁とは出汁を取った後の肉付きの骨を使った汁物料理。

てんこもりですが、半分強が骨です。

骨汁と同じ大きさの丼碗がもうひとつ、こちらは骨入れのための容器。

もやしとニラ、すりおろし生姜が乗っていまして、野菜や薬味の種類はお店によって異なるようです。

たから家さんのメインは沖縄そばで、化学調味料を使わないのがこだわり。

毎日出汁を取っておられるため、骨が出てくるとのこと。

手づかみでいきたいところでしたが、頑張って箸で外しながらいただきました。

出汁を取った後とあっても骨周りの肉は旨味が強く、また骨汁として再度出汁で煮込んでいるためエキスでいっぱいです。

始め汁はあっさりとした味だったのですが、汁碗の上で肉を離しながら食べ進めていくと次第に脂分が増し、濃厚になっていきました。

その変化がなかなかおもしろいもので、汁も余すことなくいただきまして。

卓上にあるそぼろがまたうれしいサービス。

ごはんの上に乗せ、骨汁の出汁をかけながらいただいておりました。

骨汁料理は副産物とは言えごちそうです。

大抵のお店では数量が限られていて、こちらでも10食あるかないか。

今回お昼を過ぎていましたが、運良くいただけました。

ひとつ難点なのが食べるのに時間がかかること。

提供されてから完食するまでに30分以上かかってしまい、不慣れなこともありますが、時間のない時には向かないかと。

骨汁もまたそば同様に奥深そうで、機会があれば骨汁巡りもしてみたく思います。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

よしのやま酒粕

こちらも同じ方よりのいただきもの、丹後は吉岡酒造場の酒粕です。

Details »

中村軒

桂は中村軒の柏餅と桜餅をいただきました。

Details »

5月の営業日

5月の営業日をお知らせいたします。

Details »

柿渋うちわ価格改定

熊本、来民の柿渋うちわ、原材料の高騰により価格が上がるとの連絡がありました。

Details »

黄金柑と甘夏の皮

いただいた和歌山産の黄金柑とこれまたいただきものの京都の庭産甘夏と、同じタイミングだったので一緒に皮の始末をすることに。

Details »

黄金柑

和歌山産の黄金柑をいただきました。

Details »

本日の営業時間

本日は16時閉店となりますのでお間違えのないようにお願いいたします。

Details »

落合羊羹

岡山から来てくださった方より、羊羹のいただきもの。

直包の中に不揃いな棒羊羹、この様子から十分にローカル感が伝わってきます。 Details »

あいかむ

あいかむ大好きな友人がただ今来京中につき、仕事終わりに自転車走らせ食べに行ってきました。

Details »

企画展のフライヤー

企画展のフライヤーが出来上がりまして、店頭で配布をしております。

Details »

洋食にも向く和食器

DSCF1275

昨日ご案内をしました今月26日(金)より開催の9周年記念企画展 、テーマは「洋食にも向く和食器」です。

Details »

9周年記念企画展

9周年記念企画展についてお知らせをいたします。

Details »