柿渋のうちわ

季節に関係なく通年扱っています柿渋のうちわ、急に暖かくなったこともあり、手に取っていただける方が増えてきまして。

追加品も含め、改めてご紹介をさせていただきます。

熊本は来民で作られているこちらのうちわは、阿蘇の竹を軸としています。

生麩の糊で貼った和紙には自家製の柿渋を、湿気や虫に強くなる他、見た目にも良い色に仕上がっていまして。

透かしてみると骨の具合や濃淡がよく分かり、和紙の繊維も浮かび上がって見え、何ともきれい。

しなりのある竹を使っているため、優しく扇ぐだけで風が起き、その当たりも柔らかいもの。

形や大きさによって使い心地が異なりますので、しっくりと馴染むものをお選びいただければと思います。

最後に非定番品とはなりますが、大丸のご紹介を。

軸の太さだけでも違いが分かりますかと。

透かして見ると骨の密度差は一目瞭然、それだけ細かく割かれ、幅をもたせて広がっているということ。

これは昔の職人さんが作ったもので、蔵に眠っていた品、和紙の部分を貼り直ししていただいています。

大判で細かい作りのものは日頃から作っていないとすぐにはできないようで。

需要の減少から今ではあまり見られないものです。

在庫数だけのご提供となりますが、こちらもご興味ありましたら合わせてご覧いただければと思います。

柿渋うちわ

小 ¥1,000(抜)w160×h250mm

中 ¥1,600(抜)w200×h390mm

大丸 ¥4,500(抜)w280×h440mm

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

追加したものも含め、現在ご用意しているアイテムを簡単ながらご紹介いたします。 Details »

しずかな山

ヴィーガンのお菓子を作っておられるお客さんからのいただきもの。

今度イベントに出されるお菓子を試作されたのことで、 Details »

夷川餃子なかじま

西洞院夷川辺り、餃子のお店なかじまへとサク呑みに。

Details »

常滑陶芸研究所

運良くおられた職員の方に入れていただき、休館日ながら常滑陶芸研究所を見学させていただきました。

Details »

甚秋陶苑

常滑滞在記、続いては急須作りを専門にされている甚秋陶苑さんへ。

Details »

常滑

打ち合わせのためにやってきました常滑、焼き物の産地として有名な土地ながら初めての訪問です。

Details »

円頓寺商店街

昨日からの続き、円頓寺商店街の様子を少々。

高層ビルが立ち並ぶ名古屋駅から徒歩圏内ながら、昭和の雰囲気漂う素敵な商店街です。 Details »

名古屋モーニング

愛知へ日帰り出張、折角ならと朝早めに出て名古屋を楽しむべくうろうろと。

喫茶まつばでモーニングです。

Details »

KOUGEI NOW 2019 “DIALOGUE”

KOUGEI NOW 2019 Kyoto Crafts Exhibition”DIALOGUE”「親密な工芸」、本日内覧会に行ってきました。

昨年に引き続き会場はホテルカンラ京都。 Details »

丸型ステンレスピンチ

定番商品、丸型のステンレスピンチ。

今日のような絶好の洗濯日和に重宝する竿用のピンチです。 Details »

蕎麦切塩釜

蕎麦はここと決まっていて、毎度同じお店のご紹介ですが、蕎麦切塩釜へ参りました。

Details »

Cheer up!

大好きなパン店、Cheer up!のチョコベーグルとメロンパンです。

Details »