柿渋のうちわ

季節に関係なく通年扱っています柿渋のうちわ、急に暖かくなったこともあり、手に取っていただける方が増えてきまして。

追加品も含め、改めてご紹介をさせていただきます。

熊本は来民で作られているこちらのうちわは、阿蘇の竹を軸としています。

生麩の糊で貼った和紙には自家製の柿渋を、湿気や虫に強くなる他、見た目にも良い色に仕上がっていまして。

透かしてみると骨の具合や濃淡がよく分かり、和紙の繊維も浮かび上がって見え、何ともきれい。

しなりのある竹を使っているため、優しく扇ぐだけで風が起き、その当たりも柔らかいもの。

形や大きさによって使い心地が異なりますので、しっくりと馴染むものをお選びいただければと思います。

最後に非定番品とはなりますが、大丸のご紹介を。

軸の太さだけでも違いが分かりますかと。

透かして見ると骨の密度差は一目瞭然、それだけ細かく割かれ、幅をもたせて広がっているということ。

これは昔の職人さんが作ったもので、蔵に眠っていた品、和紙の部分を貼り直ししていただいています。

大判で細かい作りのものは日頃から作っていないとすぐにはできないようで。

需要の減少から今ではあまり見られないものです。

在庫数だけのご提供となりますが、こちらもご興味ありましたら合わせてご覧いただければと思います。

柿渋うちわ

小 ¥1,000(抜)w160×h250mm

中 ¥1,600(抜)w200×h390mm

大丸 ¥4,500(抜)w280×h440mm

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »

大龍亭

年末最後の営業日、その日急に決まった忘年会はさくっと食事だけ済ませ、店内で呑み納めをすることに。

食事を求めて東大路を丸太町から北へ、 Details »

恒例のメンテナンス

あけましておめでとうございます。

本日より2019年の営業が始まりました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Details »

1月の営業日

1月の営業日をお知らせいたします。

Details »

金鶴の酒かす

新潟は佐渡、加藤酒造店「金鶴」の酒かすをいただきました。

Details »

小多福

小多福のおはぎをいただきました。

こちらは粒感のある古代米。 Details »