“DIALOGUE”「旅と工芸」

ホテルカンラ京都で行われていました展示会 “DIALOGUE”「旅と工芸」へ。

バイヤー、広報など仕事関係の方以外にも一般の入場もできるため、有り難く伺いました。

知人が出展していることもあって向かったので、事前に会の詳細を調べずに参りまして、演出にもいろいろと驚きでした。

展示会場はホテルの全客室です。

スイートルームも会場とされており、物だけでなく部屋にも興味津々でした。

甲冑の展示部屋ではベッドの上まで使い西陣織や組紐、金細工など素材の展示もありまして。

バスルームに、

半屋外のお風呂。

洗面室など展示部屋以外も見学ができました。

こちらはまた別のスイートルーム。

ベッドの大きさにも驚き。

何部屋と呼ぶのか、ちょっとした家事室もありまして。

時間が足らずに全ての部屋をじっくりとまでいかなかったのですが、様々な工芸作品の今に触れられ、良い刺激となりました。

新商品発表の会に訪ねる機会が少なく、またホテル内の一室一室を見回れたこともあっていろいろと新鮮な気持ちで。

花背で藁のアクセサリーを作られている方のコーナーでは、売り物ではなくもお風呂場にかけられていた蓑に視線が。

見つめていると裏側もどうぞと、湯船の際をぐるっと回って。

古い蓑の展示はあっても、なかなか裏まで見ることはなく。

腰回りとかこんな感じなんだと。

今現在蓑を使用し生活されている方はおられないそうですが、作り方をご存知な方が市内におられるようで。

そのおじいちゃんに習ったとのこと、参考品として展示されていました。

新品の蓑を目にしたのは初めて、そしてこんなに軽快な物に感じられたのも初めて。

使い込まれたものは雨風に耐え忍んだ証と、思い込みではありますがその人の人生まで背負っているような重みがあって、その圧から顔を近づけては見られなかったので。

細かな作りを目にできて幸いです。

興味深いイベントのご案内、本日の閉会までに間に合うよう掲載するつもりだったのですが、報告となってしまったことが申し訳なく。

KOUGEI NOW 2108と記載されていましたので、2019が開かれることもあるのかと‥‥。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

追加したものも含め、現在ご用意しているアイテムを簡単ながらご紹介いたします。 Details »

しずかな山

ヴィーガンのお菓子を作っておられるお客さんからのいただきもの。

今度イベントに出されるお菓子を試作されたのことで、 Details »

夷川餃子なかじま

西洞院夷川辺り、餃子のお店なかじまへとサク呑みに。

Details »

常滑陶芸研究所

運良くおられた職員の方に入れていただき、休館日ながら常滑陶芸研究所を見学させていただきました。

Details »

甚秋陶苑

常滑滞在記、続いては急須作りを専門にされている甚秋陶苑さんへ。

Details »

常滑

打ち合わせのためにやってきました常滑、焼き物の産地として有名な土地ながら初めての訪問です。

Details »

円頓寺商店街

昨日からの続き、円頓寺商店街の様子を少々。

高層ビルが立ち並ぶ名古屋駅から徒歩圏内ながら、昭和の雰囲気漂う素敵な商店街です。 Details »

名古屋モーニング

愛知へ日帰り出張、折角ならと朝早めに出て名古屋を楽しむべくうろうろと。

喫茶まつばでモーニングです。

Details »

KOUGEI NOW 2019 “DIALOGUE”

KOUGEI NOW 2019 Kyoto Crafts Exhibition”DIALOGUE”「親密な工芸」、本日内覧会に行ってきました。

昨年に引き続き会場はホテルカンラ京都。 Details »

丸型ステンレスピンチ

定番商品、丸型のステンレスピンチ。

今日のような絶好の洗濯日和に重宝する竿用のピンチです。 Details »

蕎麦切塩釜

蕎麦はここと決まっていて、毎度同じお店のご紹介ですが、蕎麦切塩釜へ参りました。

Details »

Cheer up!

大好きなパン店、Cheer up!のチョコベーグルとメロンパンです。

Details »