ピクルス漬けの後始末

野菜の価格に苦しんだこの冬、そんな中玉ねぎの安定感には助けられました。

ちょこちょこと作るのが面倒なので、日持ちする漬け調理は好んでしておくのですが、赤玉ねぎを3玉分、ピクルス漬けにしました。

野田琺瑯のタッパー、浅型を使うことでピクルス液作りは最小で済みまして。

酸や塩分に強く、色移りの心配がない琺瑯容器は食品の保存に重宝します。

皆さんあまり馴染みがないようですが、個人的にはこの浅型を一番よく使います。

直火にかける際の安定性もこの形が一番ですし。

切り立てとは違って、一晩漬けると色が均等に。

酸っぱいものは好きなので、塩分控えめでお酢を多めにしています。

赤玉ねぎを使ってのピクルス作りは何度かしているのですが、今回は何だかこの残り液を捨てるのが惜しくなりまして。

目に見えてのアントシアニン、興味本位でちょっと飲んでみると、果実酢のような感じで結構いけました。

塩控えめにしておいてよかったと。

沈殿したスパイスは残し、上澄みだけ無理なくおいしく飲みきりました。

一応気になって調べてみると、ピクルス液を飲む方はちらほらおられるようで、ひと安心。

液の保存に使用しているのは、酸や塩分に強いステンレス蓋のガラス瓶です。

冷蔵庫のドアポケットに収まるサイズなので、保管の際のスペースに無駄がなく、これもまた便利です。

野田琺瑯

琺瑯容器浅型 小 ¥1,250(抜) W208×D145×H44mm

琺瑯容器浅型 大 ¥1,950(抜) W252×D188×H48mm

ステンレス蓋保存瓶

450ml ¥350(抜)

900ml ¥400(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

年末年始の営業について

年末年始の営業についてお知らせをいたします。

Details »

efish

カレーの後はお茶を。

五条鴨川沿いにありますefishへ。 Details »

ムジャラ

先週末長野から友人が来ていまして、仕事終わりの夜にごはんとお茶と。

ごはんはスパイスカレーのお店ムジャラに行きました。 Details »

AND Bread kitayama

北山のパン店、AND Bread kitayamaのパンをいただきました。

Details »

挽物の鍋敷き

先日入荷案内をしました小林挽物店の木工品買い付けの時にお願いをしていた鍋敷きが追加で入荷しました。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根は温泉津焼、森山窯の器が入荷しました。

Details »

珈琲山居

珈琲山居のコーヒー豆をいただきました。

試作の豆ということで。 Details »

銀座ウエスト

東京は銀座ウエストのダークフルーツケーキをいただきました。

Details »

12月の営業日

12月の営業日をお知らせいたします。

Details »

薬味入れと木盆

先日鳥取にて買い付けをしてきました小林挽物店の木工品が入荷しました。

Details »

道の駅若桜とおまけ

小林挽物店からすぐの場所、道の駅若桜で軽くごはんです。

Details »

小林挽物店

鳥取での買い付け、続いては小林挽物店へ。

Details »