ピクルス漬けの後始末

野菜の価格に苦しんだこの冬、そんな中玉ねぎの安定感には助けられました。

ちょこちょこと作るのが面倒なので、日持ちする漬け調理は好んでしておくのですが、赤玉ねぎを3玉分、ピクルス漬けにしました。

野田琺瑯のタッパー、浅型を使うことでピクルス液作りは最小で済みまして。

酸や塩分に強く、色移りの心配がない琺瑯容器は食品の保存に重宝します。

皆さんあまり馴染みがないようですが、個人的にはこの浅型を一番よく使います。

直火にかける際の安定性もこの形が一番ですし。

切り立てとは違って、一晩漬けると色が均等に。

酸っぱいものは好きなので、塩分控えめでお酢を多めにしています。

赤玉ねぎを使ってのピクルス作りは何度かしているのですが、今回は何だかこの残り液を捨てるのが惜しくなりまして。

目に見えてのアントシアニン、興味本位でちょっと飲んでみると、果実酢のような感じで結構いけました。

塩控えめにしておいてよかったと。

沈殿したスパイスは残し、上澄みだけ無理なくおいしく飲みきりました。

一応気になって調べてみると、ピクルス液を飲む方はちらほらおられるようで、ひと安心。

液の保存に使用しているのは、酸や塩分に強いステンレス蓋のガラス瓶です。

冷蔵庫のドアポケットに収まるサイズなので、保管の際のスペースに無駄がなく、これもまた便利です。

野田琺瑯

琺瑯容器浅型 小 ¥1,250(抜) W208×D145×H44mm

琺瑯容器浅型 大 ¥1,950(抜) W252×D188×H48mm

ステンレス蓋保存瓶

450ml ¥350(抜)

900ml ¥400(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

今宮神社

上賀茂神社からパンを買いに行きたくてナカガワ小麦店へ立ち寄り、そこから今宮神社に向かいました。

Details »

賀茂別雷神社

大原から上賀茂神社へ。

Details »

大原ふれあい朝市

東京から友人が来京していて、昨日は朝から京都巡り。

日曜と言うことでスタートは大原の朝市に行きました。 Details »

茶寮 宝泉

下鴨、茶寮宝泉のお菓子をいただきました。

紫陽花と蛍、季節の上生菓子です。 Details »

天狗

荒神口にありますうどん屋天狗に行きました。

友人が遠方より来京中で、たまたま見かけたこの店構えに惹かれたよう。 Details »

POPEYE Issue855

6月9日発売、マガジンハウス発行のPOPEYE Issue855で、バスタオルを紹介させていただきました。

Details »

鳥取食2

山陰仕入旅で持ち帰った食べ物、続いて亀井堂のラスクから。

Details »

鳥取食1

山陰仕入旅の合間に立ち寄ったスーパーや道の駅で購入したものを少しご紹介させていただきます。

Details »

鮮魚たつみ

お昼ごはんは浦富海岸近くの鮮魚たつみへ。

Details »

延興寺窯

延興寺窯へ参りました。

Details »

喫茶 めだかの学校

延興寺窯への買い付けの前に、ホテルを早めに出て岩美町でモーニングを。

道の駅きなんせ岩美の目の前にある、喫茶めだかの学校へ伺いました。

Details »

すみれ

念願のお店、すみれへ。

Details »