引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

常設展示については何度か書かせていただいているので、重複しないものを。

上の画像は金城次郎作の厨子甕。

家型、御殿型が多く見られる中、獅子頭とはさすがです。

甕の足もほとんどが切立の中、こちらは肉感があって、シーサーを貫いたのだと。

唐突に置いてある電動ロクロ機もちょっと面白いもので。

アメリカより量産のために提供されたようですが、使い物にならなかったのだとか。

技だけでなく数の面でも機械より職人の方が勝っていたのだと、テクノロジーがまだかわいらしかった時代の産物です。

こちらは以前にお話しましたワンブー、博物館にも収蔵されているほど沖縄らしさの強い器。

先日ご紹介しました菅原工房の入荷案内分でもご用意をしています。

今回も染付以外に無地白もありますので、ご興味ありましたら是非。

こちら焼物ではありませんが、芹沢銈介作のガラス絵。

壺屋にあった次郎さんのお宅の絵です。

どこかジブリ感を受けるのは私だけでしょうか。

もちろん時代はこちらの方が先ですが、映画の中で見たような雰囲気です。

壺屋はメインストリートのやちむん通りだけではなく、脇へ入ってもいろいろと目に付くものがあって楽しいのですが。

こちら普通のコンクリート道、歩道にずらずらっと陶片が埋め込まれていて、坂の多い脇道の滑り止めの役割も果たしています(多分)。

車道の真ん中にもちょっとした装飾が。

全て撮影してはいないのですが、ひとつずつメインとなる柄も違っていて。

中央は線彫の陶板。

こちらもつるつるしていたら危ないですからね。

彫り深めです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »