引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

常設展示については何度か書かせていただいているので、重複しないものを。

上の画像は金城次郎作の厨子甕。

家型、御殿型が多く見られる中、獅子頭とはさすがです。

甕の足もほとんどが切立の中、こちらは肉感があって、シーサーを貫いたのだと。

唐突に置いてある電動ロクロ機もちょっと面白いもので。

アメリカより量産のために提供されたようですが、使い物にならなかったのだとか。

技だけでなく数の面でも機械より職人の方が勝っていたのだと、テクノロジーがまだかわいらしかった時代の産物です。

こちらは以前にお話しましたワンブー、博物館にも収蔵されているほど沖縄らしさの強い器。

先日ご紹介しました菅原工房の入荷案内分でもご用意をしています。

今回も染付以外に無地白もありますので、ご興味ありましたら是非。

こちら焼物ではありませんが、芹沢銈介作のガラス絵。

壺屋にあった次郎さんのお宅の絵です。

どこかジブリ感を受けるのは私だけでしょうか。

もちろん時代はこちらの方が先ですが、映画の中で見たような雰囲気です。

壺屋はメインストリートのやちむん通りだけではなく、脇へ入ってもいろいろと目に付くものがあって楽しいのですが。

こちら普通のコンクリート道、歩道にずらずらっと陶片が埋め込まれていて、坂の多い脇道の滑り止めの役割も果たしています(多分)。

車道の真ん中にもちょっとした装飾が。

全て撮影してはいないのですが、ひとつずつメインとなる柄も違っていて。

中央は線彫の陶板。

こちらもつるつるしていたら危ないですからね。

彫り深めです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »

照屋窯

続いては照屋窯へ、ご挨拶と買い付けに参りました。

Details »

金月そば

読谷でのお昼ごはんは金月そばへ。

やちむんの里からも近く、道の駅喜名番所の向かいです。

Details »