壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。

以前一度参加した際、学芸員の方に詳しく説明いただきたいへん有意義な鑑賞となりまして、この度も日程を調べて参りました。

*荒焼についての説明は前回のギャラリートークレポートにて書いておりますので、ご興味ありましたらそちらをご参考ください。

館内の一角には昭和10年代の壺屋の民家を再現したコーナーがあり、炊事場と居間の様子を見ることができます。

実際の暮らしぶりを忠実に表しているようで。

少し見にくいのですが食事の様子、メインは芋で汁物が添えられています。

汁物の碗はもちろんマカイ、今も変わらずに作り続けられている器や道具をこの時代からも見ることができます。

荒焼、炊事場にこうして置かれていたようで、貯蔵用にタライ代わりにと日常生活で使われていたと。

荒焼についていろいろと深掘りし、1時間ほど勉強させていただいたのですが、ここでは整理して書ききれないので、すみませんが伏せさせていただいて、ちょっと面白い甕の存在を教えていただいたのでそちらだけ。

特に1900年代初頭、泡盛を運ぶための甕として輸出用にも需要が多くあった荒焼は飛ぶように売れたそうです。

これは商品にならなかったものなのですが、よく見ると子どものらく書き(彫り)がありまして。

人が描かれているのですが、子どもらしい自由なタッチで、これはこれで興味深い仕上がり。

当時の職人は数の制作が日当に直結していた訳で、需要がたくさんあった時代は作れば売れると挽いては乾かし、仕事場は慌ただしかったんじゃないかと。

乾燥させている間に子どもがらく書きしても気が付かなかったのかもと、そんな光景を想像してみたり。

小話も挟んでのギャラリートーク、本当に有り難い機会です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

太平通り たまご屋

帰りの飛行機の時間まで那覇の市街地をぷらぷら。

太平通りを目当てに国際通りから市場通りを抜ける何となくのお決まりコースです。 Details »

ジャンバルターコー

晩は名護のジャンバルターコーへ。

何度か来ていますが、タコスとチキンを好み伺っているお店です。 Details »

ウッカガー

沖縄仕入紀行に戻りまして、久松食堂からすぐのウッカガーに立ち寄り。

Details »

梅酒仕込み

先日、梅酒仕込みに必要な道具や材料についてご案内をさせていただきました。

屋台八百屋で見つけた梅を漬けましたので、ものすごく簡単な手順をご紹介させていただきます。 Details »

久松食堂

買い付けの後は金武の久松食堂でお昼ごはん。

久々にチーイリチャーが食べたくなって。 Details »

買い付け

大宜味村の共同窯へ、菅原さんの器の買い付けです。

Details »

ビートル

翌朝、ホテルから大宜味へと向かう間です。

出発が早過ぎたので車を停めて少し休憩。

Details »

伊江牛 糸満直売所

沖縄到着後、精肉店が営んでいる食堂でお昼ごはんです。

Details »

トミーズ

神戸空港を利用する時に必ず立ち寄るのがトミーズ。

Details »

沖縄仕入旅

菅原さんの器の入荷案内が済んだところで、沖縄仕入旅の様子をお送りします。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄は大宜味村共同窯、菅原工房(菅原謙)の器が入荷しました。

Details »

Cheer up!

近代美術館で鑑賞の後、お昼ごはんを買いにCheer up!へ。

Details »