壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。

以前一度参加した際、学芸員の方に詳しく説明いただきたいへん有意義な鑑賞となりまして、この度も日程を調べて参りました。

*荒焼についての説明は前回のギャラリートークレポートにて書いておりますので、ご興味ありましたらそちらをご参考ください。

館内の一角には昭和10年代の壺屋の民家を再現したコーナーがあり、炊事場と居間の様子を見ることができます。

実際の暮らしぶりを忠実に表しているようで。

少し見にくいのですが食事の様子、メインは芋で汁物が添えられています。

汁物の碗はもちろんマカイ、今も変わらずに作り続けられている器や道具をこの時代からも見ることができます。

荒焼、炊事場にこうして置かれていたようで、貯蔵用にタライ代わりにと日常生活で使われていたと。

荒焼についていろいろと深掘りし、1時間ほど勉強させていただいたのですが、ここでは整理して書ききれないので、すみませんが伏せさせていただいて、ちょっと面白い甕の存在を教えていただいたのでそちらだけ。

特に1900年代初頭、泡盛を運ぶための甕として輸出用にも需要が多くあった荒焼は飛ぶように売れたそうです。

これは商品にならなかったものなのですが、よく見ると子どものらく書き(彫り)がありまして。

人が描かれているのですが、子どもらしい自由なタッチで、これはこれで興味深い仕上がり。

当時の職人は数の制作が日当に直結していた訳で、需要がたくさんあった時代は作れば売れると挽いては乾かし、仕事場は慌ただしかったんじゃないかと。

乾燥させている間に子どもがらく書きしても気が付かなかったのかもと、そんな光景を想像してみたり。

小話も挟んでのギャラリートーク、本当に有り難い機会です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

三重は鈴鹿の蔵元、清水清三郎商店の作をいただきました。

でく工房へ伺った帰りに駅で見かけ、一度買って帰ったことがあります。 Details »

TAPIR レーダーバルサムについて

レザーメンテナンス用品として取り扱いをしていますTAPIR製品、少々仕様変更がありましてお知らせをいたします。

Details »

KYOTO CRAFTS MAP

先日ご案内をしましたKOUGEI NOW 2019 “DIALOGUE”、当日会場で用意されていましたKYOTO CRAFTS MAP、部数に限りがありますが当店でも配布をしています。

Details »

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

追加したものも含め、現在ご用意しているアイテムを簡単ながらご紹介いたします。 Details »

しずかな山

ヴィーガンのお菓子を作っておられるお客さんからのいただきもの。

今度イベントに出されるお菓子を試作されたのことで、 Details »

夷川餃子なかじま

西洞院夷川辺り、餃子のお店なかじまへとサク呑みに。

Details »

常滑陶芸研究所

運良くおられた職員の方に入れていただき、休館日ながら常滑陶芸研究所を見学させていただきました。

Details »

甚秋陶苑

常滑滞在記、続いては急須作りを専門にされている甚秋陶苑さんへ。

Details »

常滑

打ち合わせのためにやってきました常滑、焼き物の産地として有名な土地ながら初めての訪問です。

Details »

円頓寺商店街

昨日からの続き、円頓寺商店街の様子を少々。

高層ビルが立ち並ぶ名古屋駅から徒歩圏内ながら、昭和の雰囲気漂う素敵な商店街です。 Details »

名古屋モーニング

愛知へ日帰り出張、折角ならと朝早めに出て名古屋を楽しむべくうろうろと。

喫茶まつばでモーニングです。

Details »

KOUGEI NOW 2019 “DIALOGUE”

KOUGEI NOW 2019 Kyoto Crafts Exhibition”DIALOGUE”「親密な工芸」、本日内覧会に行ってきました。

昨年に引き続き会場はホテルカンラ京都。 Details »