壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。

以前一度参加した際、学芸員の方に詳しく説明いただきたいへん有意義な鑑賞となりまして、この度も日程を調べて参りました。

*荒焼についての説明は前回のギャラリートークレポートにて書いておりますので、ご興味ありましたらそちらをご参考ください。

館内の一角には昭和10年代の壺屋の民家を再現したコーナーがあり、炊事場と居間の様子を見ることができます。

実際の暮らしぶりを忠実に表しているようで。

少し見にくいのですが食事の様子、メインは芋で汁物が添えられています。

汁物の碗はもちろんマカイ、今も変わらずに作り続けられている器や道具をこの時代からも見ることができます。

荒焼、炊事場にこうして置かれていたようで、貯蔵用にタライ代わりにと日常生活で使われていたと。

荒焼についていろいろと深掘りし、1時間ほど勉強させていただいたのですが、ここでは整理して書ききれないので、すみませんが伏せさせていただいて、ちょっと面白い甕の存在を教えていただいたのでそちらだけ。

特に1900年代初頭、泡盛を運ぶための甕として輸出用にも需要が多くあった荒焼は飛ぶように売れたそうです。

これは商品にならなかったものなのですが、よく見ると子どものらく書き(彫り)がありまして。

人が描かれているのですが、子どもらしい自由なタッチで、これはこれで興味深い仕上がり。

当時の職人は数の制作が日当に直結していた訳で、需要がたくさんあった時代は作れば売れると挽いては乾かし、仕事場は慌ただしかったんじゃないかと。

乾燥させている間に子どもがらく書きしても気が付かなかったのかもと、そんな光景を想像してみたり。

小話も挟んでのギャラリートーク、本当に有り難い機会です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

法然院

山ブログが終わったばかりでまた山のことなのですが。

この夏の酷暑でしばらくストップしていた大文字ハイク、昨日久々にと思ったらご覧の通りで。 Details »

信州食

長野での最後の食事はこの土地らしく。

検討のお店が定休日と重なったりで、温泉施設併設の食堂でいただくことに。

Details »

peg

安曇野から松本へ。

ワインバーpegに連れて行ってもらいました。

Details »

宮沢牧場のソフトクリーム

大町から安曇野へ。

食の魅力も満載な長野県、お目当てはちひろ美術館の敷地内にあるソフトクリーム店です。 Details »

りんご農園へ

松本でthe source dinerを営む友人にくっついて見学に。

大町にあるりんご農園、小澤果樹園へ立ち寄らせていただきました。 Details »

昭和軒

大町温泉郷にある薬師の湯で早朝風呂を楽しみ、お昼ごはんは信濃大町駅近くの昭和軒へ。

ソースカツ丼が名物のお店です。

Details »

柏原新道にて扇沢へ

3日目の朝、仕度も早々に5時半下山開始です。

Details »

種池山荘の夜

テント場に戻って夕食、山の中での最後の食事です。

Details »

爺ヶ岳

種池山荘のテント場に着いたのが14時半過ぎ。

テントを張り終え相談の結果、当初3日目に行く予定だった爺ヶ岳のピストンをこの日に行うことに。

Details »

岩小屋沢岳〜種池山荘

新越山荘から2日目のテント場がある種池山荘までは2時間ほど。

Details »

新越山荘

お知らせ、入荷情報を挟みまして山ブログに戻ります。

鳴沢岳から30分ほどで新越山荘に到着です。

Details »

小鹿田焼のすり鉢 入荷しました。

昨年NHKBSプレミアムの「イッピン」で放送されてから度々お問い合わせをいただき、それを機にお買い上げの方が多かった小鹿田焼の片口すり鉢。

Details »