勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として登録されている沖縄の世界遺産、指定されている5つの城跡にはなぜか全て行ったつもりでいまして。

勝連城跡が抜けていたことに気が付き、すぐに行ける距離ともあって朝一番に向かいました。

少し時間が早かったためか幸いにも独り占めです(正確には草刈り作業の方がおひとり)。

勝連城跡は勝連半島にある阿麻和利王の居城跡、現在も発掘調査の途中のようで、立ち入れない場所もありました。

中城湾と金武湾、双方を望める半島の小高い丘の上にあります。

周囲を一望できるこの環境、交易面でも軍事面でも便利なところと一目瞭然。

歴史がよく分かっていないので簡単な説明だけですが、一番上が御嶽や宝物庫のあった場所、2段目が殿舎が位置していた所らしいです。

殿舎の跡、ここからも水平線が見えます。

勝連城跡の石垣のほとんどが布積みと言って四角く切断された石積みなのですが、ここだけ丸石の野積み。

意味があるのかないのか、この裏に秘密部屋なんぞあるのではと勝手に想像していました。

城の頂上へ向かう最後の石段の前、眺望最高です。

石灰岩の白が眩しくて。

冬の陽射しでさえ半目、夏に行かれる方はサングラス持参でどうぞ。

最後の石段は城らしく、駆け上がりにくい作りになっていました。

上がるにつれて踏み面が狭くなっており、敵を容易に上げない仕組み。

ゆっくり上がる私には問題のない程度、最上階到着です。

殿舎跡から石垣のうねり、その先の森も一望。

こちらが玉ノミウヂ御嶽。

御嶽と聞いただけで、ちょっと距離を取ってしまいマジマジとは見られなかったのですが、勝連城の守り神とされていた霊石です。

その石の裏には洞穴があり、殿舎のあった二ノ段の位置まで通じていたそう。

有事の際の逃げ道と聞くと尚更気安くとは、人気のなさに自然と霊所感を強めてしまい、最後は少し足早に。

城を下りる頃には続々と観光客の方が来られていましたので、静かな空気感をとお思いの方は朝一にどうぞ。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

久々にたっぷりと揃いまして、この度もアイテムのみですがご紹介をさせていただきます。

Details »

大阪日本民芸館 2018秋季展

9月8日(土)から始まります大阪日本民芸館秋季特別展「民藝のバスケタリー」、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしました。

Details »

新生姜の甘酢漬け

安かったのでまとめ買いをした新生姜、そうめんの薬味に使うも食べきれない分は日持ちするようにと甘酢漬けにしました。

Details »

四ノ宮 鈴や

花火大会へ向かうに山科を通るならと、お昼ごはんは鈴やでカレーです。

Details »

びわ湖大花火大会

何年ぶりか記憶にないほどですが、今年良い機会に恵まれまして琵琶湖の花火大会に行ってきました。

高台から望む最高のロケーションです。 Details »

オイルメンテナンス

宣言していましたカウンターのオイルメンテナンス、月曜晩に行っての今朝の様子です。

Details »

焼き黒豆枝豆

通りかかった八百屋さんに早くも黒豆の枝豆(大好物)が出ていて、大量買いしました。

亀岡産とのこと、持ち帰って早速いただきます。

Details »

お盆の前に

連日家もお店もクーラーつけっぱなし、室内の空気は乾燥気味です。

冬場に加えてこの時季にも気にしておきたいのが木製家具のオイルメンテナンス。

Details »

「バウハウスへの応答」

本日8月4日(土)から京都国立近代美術館で始まりました展示、「バウハウスへの応答」を見に行ってきました。

Details »

奈良屋の九重

会津の方からのいただきもの、奈良屋の九重(ゆず味)です。

すぐには何なのか分からなかったのですが、飲み物のようで。

Details »

GYOZA OHSHO 烏丸御池店

烏丸御池にあるオシャレ王将に行ってきました。

店名表記も「餃子の王将」ではなく「GYOZA OHSHO」。 Details »

大判薄手 白雪ふきん

大判薄手の白雪ふきん、キッチン周りでの使用の他ハンドタオルとしてお求めになる方もおられまして。

8枚の蚊帳生地を重ねて縫製している白雪ふきん、 Details »