引き続き陶器市ぶらり

引き続き読谷の陶器市にて。

一周ぐるっとして小腹が空いた頃、いい所に焼き芋屋台を発見。

読谷山焼共同売店の横、いぶし銀の軽トラが焼き芋屋さんです。

石焼の窯が乗っており、それも円筒状の引出しタイプ。

焼き芋を買うことがなくてよく分かっていないのですが、この方式は初めて見ました。

ご主人に撮影許可をお願いすると、いい具合の一枚をと筒を引き出してくださって(1枚目画像)。

紅まさり、シルクスィート、紅イモから選べまして、ここは県産のものをと紅イモにしました(手で割った断面です)。

紅イモは読谷の特産品です。

タルトやチップスは食べたことがありましたが、そう言えば芋そのままは初めて。

紅イモは県外への持ち出しが禁止されているため、丸々いただく機会もなかなかなく。

肌寒い日だったので、温かい食べものがおいしいです。

ご主人に伺うと毎年出られているよう、この日初めて気付いたことを後悔しましたが、陶器市の恒例にしようと思います。

最後に研修所の前にあるシーサーについて。

その醸し出す空気感が気になっていて、共司さんに伺ってみましたら與那原さんが昔作ったものだとか。

漆喰なのですが、一瞬石造りかと思いました。

石だとここまでの細工は難しいですし、考えたら分かりそうなものの、あまりにも見事な質感で。

傑作、経年変化の漆喰シーサーも是非見つけてください。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »