引き続き陶器市ぶらり

引き続き読谷の陶器市にて。

一周ぐるっとして小腹が空いた頃、いい所に焼き芋屋台を発見。

読谷山焼共同売店の横、いぶし銀の軽トラが焼き芋屋さんです。

石焼の窯が乗っており、それも円筒状の引出しタイプ。

焼き芋を買うことがなくてよく分かっていないのですが、この方式は初めて見ました。

ご主人に撮影許可をお願いすると、いい具合の一枚をと筒を引き出してくださって(1枚目画像)。

紅まさり、シルクスィート、紅イモから選べまして、ここは県産のものをと紅イモにしました(手で割った断面です)。

紅イモは読谷の特産品です。

タルトやチップスは食べたことがありましたが、そう言えば芋そのままは初めて。

紅イモは県外への持ち出しが禁止されているため、丸々いただく機会もなかなかなく。

肌寒い日だったので、温かい食べものがおいしいです。

ご主人に伺うと毎年出られているよう、この日初めて気付いたことを後悔しましたが、陶器市の恒例にしようと思います。

最後に研修所の前にあるシーサーについて。

その醸し出す空気感が気になっていて、共司さんに伺ってみましたら與那原さんが昔作ったものだとか。

漆喰なのですが、一瞬石造りかと思いました。

石だとここまでの細工は難しいですし、考えたら分かりそうなものの、あまりにも見事な質感で。

傑作、経年変化の漆喰シーサーも是非見つけてください。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »

照屋窯

続いては照屋窯へ、ご挨拶と買い付けに参りました。

Details »

金月そば

読谷でのお昼ごはんは金月そばへ。

やちむんの里からも近く、道の駅喜名番所の向かいです。

Details »