引き続き陶器市ぶらり

引き続き読谷の陶器市にて。

一周ぐるっとして小腹が空いた頃、いい所に焼き芋屋台を発見。

読谷山焼共同売店の横、いぶし銀の軽トラが焼き芋屋さんです。

石焼の窯が乗っており、それも円筒状の引出しタイプ。

焼き芋を買うことがなくてよく分かっていないのですが、この方式は初めて見ました。

ご主人に撮影許可をお願いすると、いい具合の一枚をと筒を引き出してくださって(1枚目画像)。

紅まさり、シルクスィート、紅イモから選べまして、ここは県産のものをと紅イモにしました(手で割った断面です)。

紅イモは読谷の特産品です。

タルトやチップスは食べたことがありましたが、そう言えば芋そのままは初めて。

紅イモは県外への持ち出しが禁止されているため、丸々いただく機会もなかなかなく。

肌寒い日だったので、温かい食べものがおいしいです。

ご主人に伺うと毎年出られているよう、この日初めて気付いたことを後悔しましたが、陶器市の恒例にしようと思います。

最後に研修所の前にあるシーサーについて。

その醸し出す空気感が気になっていて、共司さんに伺ってみましたら與那原さんが昔作ったものだとか。

漆喰なのですが、一瞬石造りかと思いました。

石だとここまでの細工は難しいですし、考えたら分かりそうなものの、あまりにも見事な質感で。

傑作、経年変化の漆喰シーサーも是非見つけてください。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

久々にたっぷりと揃いまして、この度もアイテムのみですがご紹介をさせていただきます。

Details »

大阪日本民芸館 2018秋季展

9月8日(土)から始まります大阪日本民芸館秋季特別展「民藝のバスケタリー」、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしました。

Details »

新生姜の甘酢漬け

安かったのでまとめ買いをした新生姜、そうめんの薬味に使うも食べきれない分は日持ちするようにと甘酢漬けにしました。

Details »

四ノ宮 鈴や

花火大会へ向かうに山科を通るならと、お昼ごはんは鈴やでカレーです。

Details »

びわ湖大花火大会

何年ぶりか記憶にないほどですが、今年良い機会に恵まれまして琵琶湖の花火大会に行ってきました。

高台から望む最高のロケーションです。 Details »

オイルメンテナンス

宣言していましたカウンターのオイルメンテナンス、月曜晩に行っての今朝の様子です。

Details »

焼き黒豆枝豆

通りかかった八百屋さんに早くも黒豆の枝豆(大好物)が出ていて、大量買いしました。

亀岡産とのこと、持ち帰って早速いただきます。

Details »

お盆の前に

連日家もお店もクーラーつけっぱなし、室内の空気は乾燥気味です。

冬場に加えてこの時季にも気にしておきたいのが木製家具のオイルメンテナンス。

Details »

「バウハウスへの応答」

本日8月4日(土)から京都国立近代美術館で始まりました展示、「バウハウスへの応答」を見に行ってきました。

Details »

奈良屋の九重

会津の方からのいただきもの、奈良屋の九重(ゆず味)です。

すぐには何なのか分からなかったのですが、飲み物のようで。

Details »

GYOZA OHSHO 烏丸御池店

烏丸御池にあるオシャレ王将に行ってきました。

店名表記も「餃子の王将」ではなく「GYOZA OHSHO」。 Details »

大判薄手 白雪ふきん

大判薄手の白雪ふきん、キッチン周りでの使用の他ハンドタオルとしてお求めになる方もおられまして。

8枚の蚊帳生地を重ねて縫製している白雪ふきん、 Details »