読谷山焼陶器市

読谷山焼の陶器市へ。

お世話になっている北窯を始め、この日はやちむんの里全体をゆっくりと回っています。

年に一度のお祭り、北窯では12月窯で焼成された器が一同に並びます。

地元に根ざし、沖縄の土着的な器をと日々仕事をされている陶工の方々、幅広く知られるようになったことはうれしいものの、心の奥底ではやはり沖縄の人にこそ使って欲しいと思っておられて。

親方々との会話の中でも度々感じることがあります。

年々県外からの需要が増える中、お祭りでは十分に見てもらいたいと個人のお客さんに向けて陶器市を開かれています。

県外からやってきた小売業の私もこの日ばかりは個人客、自分の買い物をゆっくりと、お祭りの空気感も含めて楽しんでいます。

松田米司工房に貼り出されている「北窯のやちむんについて」、興味を持ち始めた方がいらしたら是非一度目を通されてみてください。

クリックで拡大します。

当店でもご質問があるとお答えをしているのですが、毎度全てとはいかないので。

とても親切な解説です。

曇っていた空も次第に明るくなってきました。

やちむんの里の魅力は器が買えること以上にこの環境にあるのかと、年々街化している本島でこれだけ気持ちの良い場所はなかなかかと。

保存されているものではなく今も生活と仕事ととが毎日、動いている場所と思うと尚更です。

巨大な登り窯に定期的に火が入るため、煙の影響がないよう周囲に建物は見当たりません。

小高い丘のようになっていて風が抜け(時に寒いのですが)本当に気持ちの良い場所です。

お祭りの日はじっくり物を見る時と、気持ちと時間にゆとりを持ち、年に一度とのんびり散歩をしています。

工房の敷地内にも公に入れることもあって気の向くままに。

石垣の上にあるシーサーと同じ格好をしてますが、こちらはワンちゃんでした。

しばらく熱い視線を送っていたもののピクリともしなかったので、カメラ構えて何となく一枚。

陶器市探訪はもう少し続きます。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »

照屋窯

続いては照屋窯へ、ご挨拶と買い付けに参りました。

Details »

金月そば

読谷でのお昼ごはんは金月そばへ。

やちむんの里からも近く、道の駅喜名番所の向かいです。

Details »