REAL HARNESS

乗馬用具にも用いられる頑丈な革を使ったベルト、と聞いて思い出す方もおられるかと。

開店当初から3年ほど前まで販売をしていたジャベツクリフのベルト、念願の再来です。

と言いましても名称が変わり、REAL HARNESS(リアルハーネス)となりました。

分厚く丈夫な革の素材、タンニン鞣しの染料仕上げ、馬具の名残であるナンバリング、真鍮製のバックルと全てにおいて、あの当時のままの品物。

200年を超える老舗、イギリスのジャベツクリフが作り上げてきたベルトと同じです。

名称が変わり、ここ数年期間が空いたのはジャベツクリフが廃業した後、同じ技術で再生産できる道を探していたためでして。

ジャベツクリフにおられた職人が集まり、再度物作りができる体制になるまで、数年かかってしまいました。

その間、ご購入いただいた方より他の色の買い足しや、贈り物などのご希望をいただき、再興するまでお待ちになられるとおっしゃっていただいて。

自身のベルトも10年近く経ち、色味や風合いはもちろん、体の線に沿ったベルトは自分だけのオーダーメイドのようなフィット感になり、離せないものになっています。

ジャベツクリフが廃業した理由は定かではないのですが、1本がこれだけ長持ちしてしまったら、今の経済サイクルでは難しかったのかもと勝手ながらに思っていました。

こうして職人達が持てる技術を活かせる場所ができ、また良い物が手に取れることにほっとしています。

こちらのベルト、サイズ選びにコツが必要でして、皆さん方には試着していただいております。

使用を重ねると体の線に沿ってカーブするため、新品状態でどのインチを選ぶかが鍵でして、ご希望の方はお気軽にお声掛けをいただければと思います。

また贈り物などでご検討の方はその方がされている普段のベルトをお持ちいただくか、よく使用する穴からバックルの根元までを測られてください。

一生ものになり得るベルトですので、サイズ選びはどうぞしっかり。

ジャベツクリフ時代と違う点が何点かありまして、ブラックのバックルが銀色(ニッケル素材)に変わり、サイズ展開が28・30・32・34インチと幅広くなりました。

また在庫は余裕を持ってご用意をしていますが、ご希望のカラー、サイズが一旦完売した際には最長6ヶ月ほどお待ちいただくことになります。

最後に、ジャベツクリフとの名称で現行販売されているベルトがあることについて、当方で選択しなかった理由は公には言いにくくありましてこちらでは伏せさせていただきます。

気になる方がおられましたら、どうぞそちらは店頭で聞いていただければと思います。

REAL HARNESS ブライドルレザーベルト

¥12,000(抜)

color:Oert・Havana・Black

size:28・30・32・34inch

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小代瑞穂窯 入荷しました。

熊本、小代瑞穂窯の器が追加入荷しました。

Details »

延興寺窯 入荷しました。

鳥取、延興寺窯の器が追加入荷しました。

Details »

船はしや

三条大橋の脇、船はしやのおかきをいただきました。

おかき、あられ、豆菓子が所狭しと置かれていて、わたしも何度か伺ったことがあります。 Details »

TAKUMI CRAFT CONNECTION

LEXUS主催「TAKUMI CRAFT CONNECTION KYOTO」を見に建仁寺両足院、平安神宮額殿の2会場へ。

Details »

引き続き年末商品

昨日に続き年末に向けてご入用の多い商品を。

Details »

供給事情により

クリスマスの贈り物、また新年から使い始めたいとのお求めが多いREAL HARNESSのレザーベルトANDADURAの革小物

Details »

わら細工 入荷しました。

8月に受注をさせていただきました高千穂のわら細工、ご用意ができました。

Details »

12月の営業日

12月の営業日をお知らせいたします。

Details »

北野天満宮 災難厄除梅干

「大福梅 令和元年 災難厄除梅干 北野天満宮 御宝刀 鬼切丸 別名 髭切」

漢字がずらずらっと、なにやら有り難そうな梅干しです。 Details »

鹿ケ谷山荘

グランピエの展示会「花紋付の絨毯」を見に、今朝は鹿ヶ谷山荘へ。

ラグを探し続けて久しいのですが、 Details »

俺のイタリアン 八重洲

東京滞在の最後はバスの時間まで友人と夕食、八重洲にある俺のイタリアンへ。

Details »

コレド室町テラス

最後は日本橋のコレド室町テラスへ。

2階にできた誠品生活、日本に初出店したと話題になっていたもので。 Details »