照屋窯 入荷しました。

沖縄、照屋窯の器が入荷しました。

先月参りました買い付けの様子は後日掲載の予定、店頭出しが整いましたので先に商品紹介をさせていただきます。

豆皿、4寸皿、5寸皿。

小鉢、マカイ(めし碗)。

マグ、片口。

8寸皿。

同じく8寸皿。

この度ご用意しました8寸皿は全て蛇の目無しです。

器を積み重ねて窯詰めをしますが、その1番上に置かれたもの。

全面に釉薬が掛かっていますので、陶器に慣れておられない方でも気兼ねなくお使いいただけるかと思います。

続いて瓶物、抱瓶(酒器)から。

珍しく裏面にまで絵付けされているもの(右)もありまして、前後共によくご覧になってください。

酒瓶(徳利)。

勝手にジュピターと命名しました。

強めの焼きがお好きな方には楽しんでいただけるかと、他に花瓶やからからもご用意しています。

ぐいのみは釉薬の厚みがひとつずつ異なりまして、飲み口を想像しながら選んでいただければ。

最後にウニヌティ(酒瓶)。

前回も分けていただいたウニヌティ、今回も前回同様に腕をケガされる前に作陶されたものです。

大きさのある筒状のものをロクロで挽くことが難しくなり、近年は作られておられないアイテム。

一番大きなもの、実は前回伺った時には良くできたものだから手元に置いておきたいとおっしゃられて断念したのですが、今回ダメ元で再度お願いすると「いいよ」と。

腕の調子が良く、今後また作る気になられているようで、こちらタイミング良くオッケーをいただきました。

それも是非ご覧になっていただきたいのですが、こちら焼き締めのものも是非じっくりと。

左は赤土の焼き締め、右にあるものは石の粒が混ざっており、質感が全く異なります。

画像では分かりにくいのですが、色味や醸し出す雰囲気もそれぞれ、どうぞ実際に目にしていただければと思います。

ウニヌティ、お酒を寝かせるために使われてもいいですし、もちろん花瓶として使っていただいても。

沖縄ならではの道具について、本来の用途にご興味ありましたらどうぞお声掛けを、今どうお使いになるかはご自身なりに見つけていただき、応用も楽しんでいただければと思います。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

久々にたっぷりと揃いまして、この度もアイテムのみですがご紹介をさせていただきます。

Details »

大阪日本民芸館 2018秋季展

9月8日(土)から始まります大阪日本民芸館秋季特別展「民藝のバスケタリー」、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしました。

Details »

新生姜の甘酢漬け

安かったのでまとめ買いをした新生姜、そうめんの薬味に使うも食べきれない分は日持ちするようにと甘酢漬けにしました。

Details »

四ノ宮 鈴や

花火大会へ向かうに山科を通るならと、お昼ごはんは鈴やでカレーです。

Details »

びわ湖大花火大会

何年ぶりか記憶にないほどですが、今年良い機会に恵まれまして琵琶湖の花火大会に行ってきました。

高台から望む最高のロケーションです。 Details »

オイルメンテナンス

宣言していましたカウンターのオイルメンテナンス、月曜晩に行っての今朝の様子です。

Details »

焼き黒豆枝豆

通りかかった八百屋さんに早くも黒豆の枝豆(大好物)が出ていて、大量買いしました。

亀岡産とのこと、持ち帰って早速いただきます。

Details »

お盆の前に

連日家もお店もクーラーつけっぱなし、室内の空気は乾燥気味です。

冬場に加えてこの時季にも気にしておきたいのが木製家具のオイルメンテナンス。

Details »

「バウハウスへの応答」

本日8月4日(土)から京都国立近代美術館で始まりました展示、「バウハウスへの応答」を見に行ってきました。

Details »

奈良屋の九重

会津の方からのいただきもの、奈良屋の九重(ゆず味)です。

すぐには何なのか分からなかったのですが、飲み物のようで。

Details »

GYOZA OHSHO 烏丸御池店

烏丸御池にあるオシャレ王将に行ってきました。

店名表記も「餃子の王将」ではなく「GYOZA OHSHO」。 Details »

大判薄手 白雪ふきん

大判薄手の白雪ふきん、キッチン周りでの使用の他ハンドタオルとしてお求めになる方もおられまして。

8枚の蚊帳生地を重ねて縫製している白雪ふきん、 Details »