照屋窯 入荷しました。

沖縄、照屋窯の器が入荷しました。

先月参りました買い付けの様子は後日掲載の予定、店頭出しが整いましたので先に商品紹介をさせていただきます。

豆皿、4寸皿、5寸皿。

小鉢、マカイ(めし碗)。

マグ、片口。

8寸皿。

同じく8寸皿。

この度ご用意しました8寸皿は全て蛇の目無しです。

器を積み重ねて窯詰めをしますが、その1番上に置かれたもの。

全面に釉薬が掛かっていますので、陶器に慣れておられない方でも気兼ねなくお使いいただけるかと思います。

続いて瓶物、抱瓶(酒器)から。

珍しく裏面にまで絵付けされているもの(右)もありまして、前後共によくご覧になってください。

酒瓶(徳利)。

勝手にジュピターと命名しました。

強めの焼きがお好きな方には楽しんでいただけるかと、他に花瓶やからからもご用意しています。

ぐいのみは釉薬の厚みがひとつずつ異なりまして、飲み口を想像しながら選んでいただければ。

最後にウニヌティ(酒瓶)。

前回も分けていただいたウニヌティ、今回も前回同様に腕をケガされる前に作陶されたものです。

大きさのある筒状のものをロクロで挽くことが難しくなり、近年は作られておられないアイテム。

一番大きなもの、実は前回伺った時には良くできたものだから手元に置いておきたいとおっしゃられて断念したのですが、今回ダメ元で再度お願いすると「いいよ」と。

腕の調子が良く、今後また作る気になられているようで、こちらタイミング良くオッケーをいただきました。

それも是非ご覧になっていただきたいのですが、こちら焼き締めのものも是非じっくりと。

左は赤土の焼き締め、右にあるものは石の粒が混ざっており、質感が全く異なります。

画像では分かりにくいのですが、色味や醸し出す雰囲気もそれぞれ、どうぞ実際に目にしていただければと思います。

ウニヌティ、お酒を寝かせるために使われてもいいですし、もちろん花瓶として使っていただいても。

沖縄ならではの道具について、本来の用途にご興味ありましたらどうぞお声掛けを、今どうお使いになるかはご自身なりに見つけていただき、応用も楽しんでいただければと思います。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »