照屋窯 入荷しました。

沖縄、照屋窯の器が入荷しました。

先月参りました買い付けの様子は後日掲載の予定、店頭出しが整いましたので先に商品紹介をさせていただきます。

豆皿、4寸皿、5寸皿。

小鉢、マカイ(めし碗)。

マグ、片口。

8寸皿。

同じく8寸皿。

この度ご用意しました8寸皿は全て蛇の目無しです。

器を積み重ねて窯詰めをしますが、その1番上に置かれたもの。

全面に釉薬が掛かっていますので、陶器に慣れておられない方でも気兼ねなくお使いいただけるかと思います。

続いて瓶物、抱瓶(酒器)から。

珍しく裏面にまで絵付けされているもの(右)もありまして、前後共によくご覧になってください。

酒瓶(徳利)。

勝手にジュピターと命名しました。

強めの焼きがお好きな方には楽しんでいただけるかと、他に花瓶やからからもご用意しています。

ぐいのみは釉薬の厚みがひとつずつ異なりまして、飲み口を想像しながら選んでいただければ。

最後にウニヌティ(酒瓶)。

前回も分けていただいたウニヌティ、今回も前回同様に腕をケガされる前に作陶されたものです。

大きさのある筒状のものをロクロで挽くことが難しくなり、近年は作られておられないアイテム。

一番大きなもの、実は前回伺った時には良くできたものだから手元に置いておきたいとおっしゃられて断念したのですが、今回ダメ元で再度お願いすると「いいよ」と。

腕の調子が良く、今後また作る気になられているようで、こちらタイミング良くオッケーをいただきました。

それも是非ご覧になっていただきたいのですが、こちら焼き締めのものも是非じっくりと。

左は赤土の焼き締め、右にあるものは石の粒が混ざっており、質感が全く異なります。

画像では分かりにくいのですが、色味や醸し出す雰囲気もそれぞれ、どうぞ実際に目にしていただければと思います。

ウニヌティ、お酒を寝かせるために使われてもいいですし、もちろん花瓶として使っていただいても。

沖縄ならではの道具について、本来の用途にご興味ありましたらどうぞお声掛けを、今どうお使いになるかはご自身なりに見つけていただき、応用も楽しんでいただければと思います。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

法然院

山ブログが終わったばかりでまた山のことなのですが。

この夏の酷暑でしばらくストップしていた大文字ハイク、昨日久々にと思ったらご覧の通りで。 Details »

信州食

長野での最後の食事はこの土地らしく。

検討のお店が定休日と重なったりで、温泉施設併設の食堂でいただくことに。

Details »

peg

安曇野から松本へ。

ワインバーpegに連れて行ってもらいました。

Details »

宮沢牧場のソフトクリーム

大町から安曇野へ。

食の魅力も満載な長野県、お目当てはちひろ美術館の敷地内にあるソフトクリーム店です。 Details »

りんご農園へ

松本でthe source dinerを営む友人にくっついて見学に。

大町にあるりんご農園、小澤果樹園へ立ち寄らせていただきました。 Details »

昭和軒

大町温泉郷にある薬師の湯で早朝風呂を楽しみ、お昼ごはんは信濃大町駅近くの昭和軒へ。

ソースカツ丼が名物のお店です。

Details »

柏原新道にて扇沢へ

3日目の朝、仕度も早々に5時半下山開始です。

Details »

種池山荘の夜

テント場に戻って夕食、山の中での最後の食事です。

Details »

爺ヶ岳

種池山荘のテント場に着いたのが14時半過ぎ。

テントを張り終え相談の結果、当初3日目に行く予定だった爺ヶ岳のピストンをこの日に行うことに。

Details »

岩小屋沢岳〜種池山荘

新越山荘から2日目のテント場がある種池山荘までは2時間ほど。

Details »

新越山荘

お知らせ、入荷情報を挟みまして山ブログに戻ります。

鳴沢岳から30分ほどで新越山荘に到着です。

Details »

小鹿田焼のすり鉢 入荷しました。

昨年NHKBSプレミアムの「イッピン」で放送されてから度々お問い合わせをいただき、それを機にお買い上げの方が多かった小鹿田焼の片口すり鉢。

Details »