信越食持ち帰り分

最後は持ち帰ったものとおまけと。

松本the Sourceでの夕食の前にamijokへ立ち寄りました。

昨年6月縁あって茨城旅をご一緒したり、関西に来られた時にはロクへ寄ってくださったりと、次に松本へ行った際には伺おうと思っていたカフェと雑貨のお店です。

閉店間際とあって、持ち帰りでマフィンをお願いすることにしました。

昼時に長野でごはんを食べ終え、松本が夕方着となったのには理由があり、山好きの友人が山店に連れて行ってくれまして。

こちらもこまつやさんと同じく善光寺に程近いNATURAL ANCHORS、その節はご夫妻にお世話になりました。

長居しまして恐縮ながら楽しい時間を過ごさせていただき感謝しています。

次々と山好きのお客さんが来られて、コーヒーをいただきながら延々山トーク、幸せな集いでした。

気兼ねなく情報交換して、それぞれに魅力を語って、そして道具を見定めてと、本当に素敵な場所です。

私以外は皆長野県民、その環境がうらやまし過ぎて終始嫉妬でした。

持ち帰ったマフィンのおかげで夜行明けの朝も楽しみな時間となりまして。

ずっしりとした重さ、大きさも相当なもので8寸皿に乗せてこの存在感です。

パイナップルとフロマージュクリーム、もうひとつはいちごとクリームチーズ。

表面はクッキー生地のようにサクサクしていて、中にはフルーツがごろっと、食べ進めるにつれてしっとりとしています。

これだけのボリューム、食べきってしまうことの罪悪感は忘れて、朝から元気になれました。

新潟ではぽんしゅ館に立ち寄り、お酒を購入。

青木酒蔵の雪男、日本酒ではなく焼酎なのですが、酒粕から作られた粕とり焼酎と知って飲んでみたくなりまして。

焼酎が得意ではないのですが、それに勝る酒粕好きなのでスルーできず。

青木酒造の代表銘柄である鶴齢、その吟醸酒の酒粕を使用し、焼酎一筋との福岡の西吉田酒造が醸造されたようです。

香りは酒粕で、味はスキッとした焼酎、不思議な感覚でした。

焼酎が得意ではないのに割りたくないと思ってしまうもの、そのままでちびちびといただいています。

隣にある緑の瓶は白瀧酒造の上善如水、そのにごり酒とあってこちらも思わず。

まだ開けていないので味はこれからです。

日本酒のおいしさに目覚めていない頃、上善ブームと共に口にしてみたことから日本酒への興味が湧いたもので、私にとってはきっかけのようなお酒です。

最近改めて飲んでみたらやっぱりおいしくて、いろんな方向性の日本酒がある中、すっきり系の基本軸として据えているのが上善如水(純米吟醸)、にごり酒も楽しみです。

最後におまけ、新潟地元ならではの食で外せないヤスダヨーグルトを少し。

飲むヨーグルトなどパッケージされたものは一部京都でも購入できるのですが、ソフトクリームは直営ショップならでは。

寒い中、そしてブリでお腹いっぱいな後でも、牛乳濃いヨーグルトソフトは完食に問題のないおいしさでした。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

法然院

山ブログが終わったばかりでまた山のことなのですが。

この夏の酷暑でしばらくストップしていた大文字ハイク、昨日久々にと思ったらご覧の通りで。 Details »

信州食

長野での最後の食事はこの土地らしく。

検討のお店が定休日と重なったりで、温泉施設併設の食堂でいただくことに。

Details »

peg

安曇野から松本へ。

ワインバーpegに連れて行ってもらいました。

Details »

宮沢牧場のソフトクリーム

大町から安曇野へ。

食の魅力も満載な長野県、お目当てはちひろ美術館の敷地内にあるソフトクリーム店です。 Details »

りんご農園へ

松本でthe source dinerを営む友人にくっついて見学に。

大町にあるりんご農園、小澤果樹園へ立ち寄らせていただきました。 Details »

昭和軒

大町温泉郷にある薬師の湯で早朝風呂を楽しみ、お昼ごはんは信濃大町駅近くの昭和軒へ。

ソースカツ丼が名物のお店です。

Details »

柏原新道にて扇沢へ

3日目の朝、仕度も早々に5時半下山開始です。

Details »

種池山荘の夜

テント場に戻って夕食、山の中での最後の食事です。

Details »

爺ヶ岳

種池山荘のテント場に着いたのが14時半過ぎ。

テントを張り終え相談の結果、当初3日目に行く予定だった爺ヶ岳のピストンをこの日に行うことに。

Details »

岩小屋沢岳〜種池山荘

新越山荘から2日目のテント場がある種池山荘までは2時間ほど。

Details »

新越山荘

お知らせ、入荷情報を挟みまして山ブログに戻ります。

鳴沢岳から30分ほどで新越山荘に到着です。

Details »

小鹿田焼のすり鉢 入荷しました。

昨年NHKBSプレミアムの「イッピン」で放送されてから度々お問い合わせをいただき、それを機にお買い上げの方が多かった小鹿田焼の片口すり鉢。

Details »