中央食堂

新潟市中央卸売市場の中にある中央食堂でのお昼ごはん、越後6点盛海鮮丼と天然ぶりかま焼定食をいただきました。

こちらは海鮮丼、刺身の厚みが伝わりますでしょうか。

これだけ食べごたえのある生魚は久しぶりです。

丼と言うより刺身にごはんが添えてあるようなバランスで、私としては刺身と同量のごはんが欲しかったところですが、刺身醤油を控えめに、身の味を十分楽しんでいただくことにしました。

魚のおいしさは言うまでもなくです。

定食には車麩の煮付けと味噌汁がついていまして、ぶりかま焼定食には加えて香の物と温泉卵も。

焼き立てのかまのいい香り、何より掌大の大きさに驚き、レモンと比較していただければ何となく想像できますでしょうか。

何も付けずにそのままいただいたのですが、味にも驚きでした。

今まで口にした中でダントツのおいしさ、味付け調理の技なのか、ブリの持っているものなのか、いずれにしてもこんなにも旨味が凝縮されたかま焼きは初めていただきました。

魚全般好きなのですが、特にブリ、そして特にかまを好んでいまして、そこそこは口にしている中で比較をしても随一です。

締まったところ、脂の多いところ、そして目の周りのゼラチン質と、味食感が楽しみ放題、骨を分けながらじっくりいただくことも含めてかま好きなのですが、この量で堪能できることが幸せ。

もう1杯ごはんを注文、噛み締めていただきました。

この内容でそれぞれ千円以下ですから、日本海万歳です。

一般の利用は8時〜14時で、8時までは市場関係者のみが使えるよう。

市場の中と聞いてどんな雰囲気かと思っていましたが、明るくきれいで、何より店内が暖かくて良かったと。

中央食堂以外にも数軒の飲食店がありますが、こちら所狭しと貼られた短冊メニューには惹かれるものがたくさんありまして、他にも金目の煮付け定食やのど黒開き天ぷら定食、さばもいいなと。

新潟に行く度に少しずつ攻めて行こうかと、ただぶりかま焼のおいしさが衝撃的だったのでまた頼むことになりそう。

季節によっても変わるでしょうし、楽しみは尽きない素晴らしき市場内食堂です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »

照屋窯

続いては照屋窯へ、ご挨拶と買い付けに参りました。

Details »

金月そば

読谷でのお昼ごはんは金月そばへ。

やちむんの里からも近く、道の駅喜名番所の向かいです。

Details »