如意ヶ嶽(大文字山)

今季一番冷え込みの厳しかった今朝、固まった体をほぐしにと山歩きに出掛けました。

今回も鹿ヶ谷から、陽の当たらない斜面を上がって行くため所々凍っていて。

楼門の滝もご覧の通り、白く見える所は凍っています。

顔はキンキンでしたが、体は汗が滲むほどに温まり、足運びは快調でした。

三角点に到着。

街が霞んで見え、冬の時季らしい青空の色。

こちら南側。

京都タワーは街の位置関係を知るのに良い目印です。

顔を近づけて三角点を見ることがなくて、今更になって気が付きましたが、各面で刻まれている字が異なり、方角で決まっているようで。

北面「標石番号」、南面「四等三角点」、東面「基本」、西面「国地院」と、これから他の山でも気にしてみます。

「基本」の文字に一番グッときているのですが。

東面が「基本」と覚えておき、粋な方角判断をしてみようと思います。

今回は火床経由で下りることに、土曜日ともあってこちらは少し賑わっていました。

銀閣寺から火床までを往復される方が多いかと思いますが、家の近くとあって私は鹿ヶ谷発着。

鹿ヶ谷から三角点への上り、火床経由で鹿ヶ谷への下りとどちらの道中も閑散としたもので、それぞれお一方とすれ違っただけでした。

人通りが少ない道のため落葉が踏み固められていなくて、足に負担なくざくざくと下りてこられたのですが、地面の傾斜が見えづらく時に思わぬトラップがあったりも。

鹿ヶ谷より火床コースの入り口、電信柱幅のひっそりとした案内表示にマイナーさを感じますが、適度な緊張感とひょいと行ける気軽さと、そのバランスの良さを好んでいる鹿ヶ谷ルート。

近所で幸い、家から往復1時間半の良い運動です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »