如意ヶ嶽(大文字山)

今季一番冷え込みの厳しかった今朝、固まった体をほぐしにと山歩きに出掛けました。

今回も鹿ヶ谷から、陽の当たらない斜面を上がって行くため所々凍っていて。

楼門の滝もご覧の通り、白く見える所は凍っています。

顔はキンキンでしたが、体は汗が滲むほどに温まり、足運びは快調でした。

三角点に到着。

街が霞んで見え、冬の時季らしい青空の色。

こちら南側。

京都タワーは街の位置関係を知るのに良い目印です。

顔を近づけて三角点を見ることがなくて、今更になって気が付きましたが、各面で刻まれている字が異なり、方角で決まっているようで。

北面「標石番号」、南面「四等三角点」、東面「基本」、西面「国地院」と、これから他の山でも気にしてみます。

「基本」の文字に一番グッときているのですが。

東面が「基本」と覚えておき、粋な方角判断をしてみようと思います。

今回は火床経由で下りることに、土曜日ともあってこちらは少し賑わっていました。

銀閣寺から火床までを往復される方が多いかと思いますが、家の近くとあって私は鹿ヶ谷発着。

鹿ヶ谷から三角点への上り、火床経由で鹿ヶ谷への下りとどちらの道中も閑散としたもので、それぞれお一方とすれ違っただけでした。

人通りが少ない道のため落葉が踏み固められていなくて、足に負担なくざくざくと下りてこられたのですが、地面の傾斜が見えづらく時に思わぬトラップがあったりも。

鹿ヶ谷より火床コースの入り口、電信柱幅のひっそりとした案内表示にマイナーさを感じますが、適度な緊張感とひょいと行ける気軽さと、そのバランスの良さを好んでいる鹿ヶ谷ルート。

近所で幸い、家から往復1時間半の良い運動です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

法然院

山ブログが終わったばかりでまた山のことなのですが。

この夏の酷暑でしばらくストップしていた大文字ハイク、昨日久々にと思ったらご覧の通りで。 Details »

信州食

長野での最後の食事はこの土地らしく。

検討のお店が定休日と重なったりで、温泉施設併設の食堂でいただくことに。

Details »

peg

安曇野から松本へ。

ワインバーpegに連れて行ってもらいました。

Details »

宮沢牧場のソフトクリーム

大町から安曇野へ。

食の魅力も満載な長野県、お目当てはちひろ美術館の敷地内にあるソフトクリーム店です。 Details »

りんご農園へ

松本でthe source dinerを営む友人にくっついて見学に。

大町にあるりんご農園、小澤果樹園へ立ち寄らせていただきました。 Details »

昭和軒

大町温泉郷にある薬師の湯で早朝風呂を楽しみ、お昼ごはんは信濃大町駅近くの昭和軒へ。

ソースカツ丼が名物のお店です。

Details »

柏原新道にて扇沢へ

3日目の朝、仕度も早々に5時半下山開始です。

Details »

種池山荘の夜

テント場に戻って夕食、山の中での最後の食事です。

Details »

爺ヶ岳

種池山荘のテント場に着いたのが14時半過ぎ。

テントを張り終え相談の結果、当初3日目に行く予定だった爺ヶ岳のピストンをこの日に行うことに。

Details »

岩小屋沢岳〜種池山荘

新越山荘から2日目のテント場がある種池山荘までは2時間ほど。

Details »

新越山荘

お知らせ、入荷情報を挟みまして山ブログに戻ります。

鳴沢岳から30分ほどで新越山荘に到着です。

Details »

小鹿田焼のすり鉢 入荷しました。

昨年NHKBSプレミアムの「イッピン」で放送されてから度々お問い合わせをいただき、それを機にお買い上げの方が多かった小鹿田焼の片口すり鉢。

Details »