元興寺

以前から行ってみたかったお寺、元興寺にも初詣へ参りました。

初めての正式な仏寺として596年に飛鳥に建てられた法興寺が元興寺の大元です。

平城京遷都をきっかけに現在の場所(奈良市)に改めて建てられることになり名を元興寺と、それから今年で1,300年になるそうです。

奈良時代の骨太で簡潔な建物は好きなものの機会があればと訪ねる程度、仏教や歴史に詳しくないのでその点はあしからず。

門を入った正面にあるのが極楽堂、国宝です。

中にも入りお参りしました。

構造上必要あっての柱の建て方なのでしょうが、内柱もまた気持ちの良い間隔で存在しています。(中は撮影不可だったと。)

扉や建具、格子組みなどの力強くきれいなこと、そのピシッと筋が通った様子、加えてシンメトリー好きにはグイグイくる格好良さです。

極楽堂とその後ろに続く禅室、飛鳥より瓦が運び移され、使われている数千枚は日本最古のものだそうです。

東大寺の大仏が完成した際の開眼法要は元興寺の僧が講師となり経を講じたとのこと、奈良に移った後も平城の飛鳥寺と呼ばれており、まさに仏教の源であるお寺と。

東大寺や興福寺に近く、ならまち観光の際に訪れやすい場所にありまして、折角ならと東大寺まで足を延ばしました。

途中でお餅休憩、高速餅つきで有名な中谷堂でよもぎ餅を。

この時は餅つき最中ではありませんでしたが、何事かと思うくらいの人だかり。

餅つきだけでなく従業員の皆さん手際が良く、注文を混乱なくさばかれていて、心配をよそにすぐに購入できました。

形をキープするのが難しいくらいの柔らかさ、そっとつまみながら、できたてをおいしくいただきました。

東大寺に到着するも大仏殿の拝殿には時間が足りず、南大門と金剛力士像だけを拝見。

ここだけでも(こここそ)と思っていたので、十分に満足です。

できれば同じ目線に立って見てみたいもの。

近づくと肉感に圧倒され、見下ろされている感に冷静になれず。

守護としての役割を全うされすぎて、毎度のことですが心穏やかな鑑賞が難しいです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

穂生窯について続き

穂生窯について、先日は感覚的なことを中心に書いたので、今日はお仕事の中身について少々。

こちらは新潟名物の笹団子です。 Details »

穂生窯

新潟出張、翌日は燕市にある穂生窯へ。

Details »

新潟中央卸売市場 中央食堂

先月のことになりますが、新潟へ出張に行っていました。

Details »

小鹿田焼 カップ追加

大分、小鹿田焼のスープカップと焼酎カップが追加入荷しています。

Details »

Cheer up!

雨降りの今日は歩いて出勤、大好きなパン屋Cheer up!に寄ってお昼ごはんを調達です。

Details »

「SとN」の写真と言葉と料理、デザインの話

当店で配布させていただいており、また個人的にもファンである「SとN」、3月にご近所蔦屋書店でトークイベントが行われるようです。

Details »

ANDADURAの革小物

ANDADURAの革小物、ただ今在庫が揃っています。

当店の定番品はペンケース(左)、ミニ財布(右)、コインケース2種、 Details »

“DIALOGUE”

2月27日(木)〜29日(土)に行われるKyoto Crafts Exhibition“DIALOGUE”のフライヤーをお預かりしています。

Details »

絵付けのない器

沖縄の器と言えば、連想するのは鮮やかで大胆な絵付けが施されたもの。

それが苦手で…、という方、接客をしていると少なからずおられることには気がついていて。 Details »

京都新聞 きらっと京滋

京都新聞読者用の情報誌、きらっと京滋2020年3月号に掲載をいただきました。

Details »

お赤飯せんべい

新潟は長岡のお赤飯せんべいをいただきました。

Details »

御倉屋

紫竹にあります和菓子店、御倉屋のお菓子をいただきました。

Details »