元興寺

以前から行ってみたかったお寺、元興寺にも初詣へ参りました。

初めての正式な仏寺として596年に飛鳥に建てられた法興寺が元興寺の大元です。

平城京遷都をきっかけに現在の場所(奈良市)に改めて建てられることになり名を元興寺と、それから今年で1,300年になるそうです。

奈良時代の骨太で簡潔な建物は好きなものの機会があればと訪ねる程度、仏教や歴史に詳しくないのでその点はあしからず。

門を入った正面にあるのが極楽堂、国宝です。

中にも入りお参りしました。

構造上必要あっての柱の建て方なのでしょうが、内柱もまた気持ちの良い間隔で存在しています。(中は撮影不可だったと。)

扉や建具、格子組みなどの力強くきれいなこと、そのピシッと筋が通った様子、加えてシンメトリー好きにはグイグイくる格好良さです。

極楽堂とその後ろに続く禅室、飛鳥より瓦が運び移され、使われている数千枚は日本最古のものだそうです。

東大寺の大仏が完成した際の開眼法要は元興寺の僧が講師となり経を講じたとのこと、奈良に移った後も平城の飛鳥寺と呼ばれており、まさに仏教の源であるお寺と。

東大寺や興福寺に近く、ならまち観光の際に訪れやすい場所にありまして、折角ならと東大寺まで足を延ばしました。

途中でお餅休憩、高速餅つきで有名な中谷堂でよもぎ餅を。

この時は餅つき最中ではありませんでしたが、何事かと思うくらいの人だかり。

餅つきだけでなく従業員の皆さん手際が良く、注文を混乱なくさばかれていて、心配をよそにすぐに購入できました。

形をキープするのが難しいくらいの柔らかさ、そっとつまみながら、できたてをおいしくいただきました。

東大寺に到着するも大仏殿の拝殿には時間が足りず、南大門と金剛力士像だけを拝見。

ここだけでも(こここそ)と思っていたので、十分に満足です。

できれば同じ目線に立って見てみたいもの。

近づくと肉感に圧倒され、見下ろされている感に冷静になれず。

守護としての役割を全うされすぎて、毎度のことですが心穏やかな鑑賞が難しいです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

玉嶋屋の玉羊羹

福島県二本松の菓子店、玉嶋屋の玉羊羹をいただきました。

Details »

無地染めの手拭い

連日38℃超え(本日39.8℃)の異常な暑さに流れる汗が一向に乾かず、この息苦しくムシっとした空気は今月いっぱい続くとのことで、何とも酷な夏の始まりです。

Details »

ANDADURAについてのお知らせ

ANDADURA製品の供給ついてお知らせがあります。

岡山県総社市に工房を構えておられるANDADURA、先日起こりました豪雨(平成30年7月豪雨)により被害に遭いまして、現在制作を中止されています。 Details »

小麦小店

北山にあります小麦小店の焼菓子をいただきました。

Details »

大嶺實清展

空港に行くまでの時間を使って、琉球新報本社ビルで行われていた大嶺實清展に立ち寄りました。

Details »

てだこそば

晩ごはんは浦添のてだこそばへ。

骨汁アグー生姜焼き定食と飲食店開拓をした後は、食べずには帰れないこちらでそばをいただきます。

Details »

Tettoh Coffee

午後はちょっとした打ち合わせ。

うるま市にあるTettoh Coffeeで待ち合わせです。

Details »

焼肉乃我那覇

大宜味での買い付けの後、お昼は大抵名護でいただいています。

こちらも初めて訪れるお店で精肉店が経営する焼肉店、焼肉乃我那覇です。

Details »

大宜味共同窯 買い付け

沖縄仕入旅、翌日は大宜味村へ。

菅原謙さんの工房へ買い付けに参りました。 Details »

照屋窯

昼ごはんの後は恩納村まで車を走らせ、照屋窯へ向かいました。

Details »

とみぐすく食堂

先日参りました沖縄への買い付け、今回も旅の様子を紹介させていただきます。

Details »

甘楽 花子

甘楽 花子(かんらくはなご)のお菓子をいただきました。

「天の川」という名前の生菓子、今日の日にぴったりで。 Details »