金剛山山頂

金剛山登山のつづき。

山頂に近づくにつれて、白いところがちらほら。

平らな道なので、登山靴だけで問題なく歩けました。

間もなく参道。

山がご神体だとすればどこからが参道なのかと思いつつも、鳥居から気を改めまして。

今年は雪が少なく、傾斜のある参道も穏やかなものです。

樹齢500年との仁王杉を横目にあと少し。

まもなくで葛木神社到着です。

次々と参拝客の方が上がって来られ、皆さん一息といった表情。

初詣とあり、じっくりとお参りされている方が多い印象でした。

少しだけ順番待ちをして新年のご挨拶を終え、葛木神社から大阪側へ移動、数分で売店や休憩所が見えてきます。

最近何となく気になっているのが、看板屋(塗装屋)さん独自の書体。

売店の「珈琲」とか、

分別ゴミ箱の「アルミ缶」、「スチール缶」とか。

これは文字よりも仏さんの勘だめしの方が気になりますが。

「金剛自然を守る会詰所」とか。

年季の入った看板ほどセンスが様々で見ていて楽しいです。

1,053m金剛山山頂に到着。

遠くに見えるのは大阪の街です。

金剛山で一番高い所が1,112mで奈良側にあるようですが、葛木神社のご神体となっているため立ち入りができず、こちらが登頂地点と。

軽くお昼休憩をとりました。

金剛山には葛木神社の他、転法輪寺というお寺があります。

今まで登ったことのある霊山は神社のみであることが多かったため、少し不思議に思い調べてみると、転法輪寺は元々葛木神社と同じ所に位置しており、廃仏毀釈の流れで廃寺となった後、昭和に入ってから今の場所に再建されたようです。

修験道の聖地である葛城山系の金剛山が寺を再興するとの流れに至ったのは納得、そう言えば昨年訪れた熊野でも那智熊野大社と並列に青岸渡寺がありましたし。

修験道で有名な所として思い浮かぶ熊野や大峯山系を考えると共通しているような。

山岳信仰は神仏習合と言いますか、自然も何も全て包括しての信仰とあって、当初双方あったことは不思議ではないのですが、ただ廃仏毀釈の動きがあったことを思うと建てることが簡単ではない山頂に再建されていたり、廃寺を免れている所には深く理由がありそう。

気にしながら山に登るのも興味深いかもしれません。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

照屋窯 入荷しました。

沖縄、照屋窯の器が入荷しました。

Details »

丹丹味噌・Lesley Stone・豆源

引き続きいただきもののご紹介です。

有機大豆を使った丹丹味噌から。

Details »

今西軒・えがわ・HORNO

年末年始に頂戴しておりました有り難いいただきもの、2回に分けてご紹介させていただきます。

まずは京都は五条、あんこの有名店今西軒のおはぎから。 Details »

信越食持ち帰り分

最後は持ち帰ったものとおまけと。

松本the Sourceでの夕食の前にamijokへ立ち寄りました。

Details »

the Source

長野から松本へ移動し、晩ごはんはthe Sourceへ。

こちらも友人が営むお店です。

Details »

こまつや

人に会う旅、長野編もお食事処のご紹介です。

善光寺の門前にありますパスタと自然派ワインのお店、こまつやさんを訪ねました。

Details »

中央食堂

新潟市中央卸売市場の中にある中央食堂でのお昼ごはん、越後6点盛海鮮丼と天然ぶりかま焼定食をいただきました。

Details »

喫茶カンポス

年始に新潟と長野に行っていまして、その様子をこれより少々。

人に会う旅だったので喫茶店かお食事処かの飲食系ブログですが、ご興味ありましたら。

Details »

ひとり京都さんぽ

2017年12月29日発売のスターツ出版発行、OZ magazine特別編集「ひとり京都さんぽ」に掲載をいただきました。

Details »

如意ヶ嶽(大文字山)

今季一番冷え込みの厳しかった今朝、固まった体をほぐしにと山歩きに出掛けました。

Details »

延興寺窯 入荷しました。

昨年買い付けに参りました鳥取、延興寺窯の器が入荷いたしました。

Details »

元興寺

以前から行ってみたかったお寺、元興寺にも初詣へ参りました。

Details »