水ようかん

水ようかんと聞くと夏のお菓子という方が多いかと思います。

私の地元、福井では水ようかんと言えば冬のお菓子。

食感がよく、つるつると入ってしまうので、いつまででも食べていられそうな危険なお菓子。

薄く四角い箱に直に入っています。

作られるお菓子屋さんによって、黒砂糖が強めだったり、寒天の硬め柔らかめがあったり、甘みの強弱も様々ですが、家の好みはここ高村菓舗の水ようかん。

私が小さい頃は、違うお菓子屋さんのものを好んで買っていました。

そこは、平たくて大きな漆塗りの木の盆に流し込んで作っていて、その盆ごと受け取り、食べ終わったら返しに行っていました。

そんな大きな盆なので冷蔵庫に入るはずもないのですが、ここは北陸ならでは、暖房の効いていない部屋に置いておけば冷蔵庫と同じなので、離れの部屋に置いていました。

随分前に作られなくなってしまったのですが、子ども心に座卓の真ん中にドンと置かれた水ようかんを囲んで食べるのが楽しかったのを覚えています。

その後はいろいろと食べ比べて好みのものを探し、辿り着いたのがこの高村さんの水ようかん。

この木のヘラで好みの大きさに切っていただきます。

今年も母が送ってくれました。

毎年この時期になると越前そばや、たらこや、お餅と一緒に水ようかんが届きます。

大晦日は年越しそばを食べて、紅白を見ながら水ようかん、これが恒例の過ごし方。

食の準備は進みつつあるので、あとは大掃除だけですね‥。

当店の年末年始の営業についてのお知らせはこちら

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

読谷山焼北窯 入荷しました。

先月に買い付けをして参りました沖縄、読谷山焼北窯の器の店頭出しが完了しました。

Details »

読谷山焼北窯買い付け

陶器市が終わり、読谷山焼北窯の買い付けへ。

Details »

南部そば

てびちそばで有名な南部そばへ。

Details »

鳥玉

頭いっぱいだったのであまり遠出をしたくなく、予約していた宿から徒歩圏内にあった鳥玉で晩ごはんをいただきました。

Details »

「岡本太郎の沖縄」

2018年公開のドキュメンタリー映画「岡本太郎の沖縄」を見に行きました。

南城市のイベントの中で上映会が行われており、この日は監督も来られていて。

Details »

知念岬

南城市の知念岬へ。

Details »

シーサイドドライブイン

恩納村のシーサイドドライブインへ。

Details »

番所亭

やちむんの里から車ですぐ、番所亭でお昼ごはんです。

Details »

引き続き

引き続き陶器市巡り。

北窯の後は大嶺實清工房へ、これも毎度の流れです。 Details »

読谷山焼陶器市

読谷山焼陶器市へ。

駐車スペースを考え開始時刻より少し早めに到着です。 Details »

キングタコス

日暮れまでしっかり仕事、お腹が空いたところで金武のキングタコス へ。

閉店時間に間に合うようにとちょっと急いで移動です。

Details »

スターバックスコーヒー 沖縄本部町店

ここからまたしばらく沖縄仕入紀行に。

出張中ながら事務作業がたまっていたので、スターバックスコーヒーへ。 Details »