引き続き森山窯

引き続き森山窯にて。

山陰道から見えたススキをきっかけに植物の話からお庭の方へとお邪魔しまして。

首の傾き全開で見上げた大きな木、立派なイチョウがあり、この時季地面は銀杏でいっぱいでした。

昨年から近くに雄木を植えられたとのこと、思いの外たくさん実がついて食べるに余るようで。

どんなものかと見せていただいたら予想外のかわいらしさ。

繁殖力の強さに驚きです。

話は器に戻り、工房内でまたいろいろと、その中で急須作りについて少々。

手首の動きに自然な注ぎ口の角度や蓋に添える指の収まりなど、森山窯の急須の使いやすさは手にされている方には周知の通りかと。

私自身も興味津々な道具のひとつ、陶工の方々によって茶こしの作り方が異なることもあり、そちらについて伺っていましたら、穴空けの道具を見せてくださいました。

茶こしには細いもの(下)、蓋に設ける空気穴には太い方(上)を使われています。

傘の骨を利用した森山さんお手製の道具、ちょうど収まる柄を付けられているところがまた良くて。

お持ちの方がいらっしゃったら、是非茶こし穴を覗いていただければ。

溝に溜まる土を都度削ぎながらひとつずつ空けられているのですが、その間隔にも表情が見られます。

この穴もですが、以前に触れました指描やこの入荷でお話したい草紋など、森山窯の品に見られる間の取り方が個人的には結構ツボで、それぞれのエピソード(直接どうぞ)に愛嬌があって。

そしてこれもと持って来ていただいた柄杓も拝見しました。

こちらも大小竹筒を加工した手づくりの道具で、注ぎ口の角度や柄の付け方など、うまいこと作られています。

森山さんの急須が使い良い理由、これでまたよく分かりました。

使い勝手を思って工夫されている道具の数々(工房にはまだ多種あります)、自ずと器作りもどこに重きがあるのか瞭然です。

草紋のマグ、今回買い付けた品は今までご用意していたものと少し仕様が異なるのですが、器を手にしてお話差し上げたく(言葉ではうまく説明できずで)、ご興味ありましたらお声掛けいただければと思います。

物から垣間見て想像し、尋ねて腑に落ちる、森山さんの人となりを物を通して知っていくことに楽しみを覚え、質問の多い訪問となっています。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

久々にたっぷりと揃いまして、この度もアイテムのみですがご紹介をさせていただきます。

Details »

大阪日本民芸館 2018秋季展

9月8日(土)から始まります大阪日本民芸館秋季特別展「民藝のバスケタリー」、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしました。

Details »

新生姜の甘酢漬け

安かったのでまとめ買いをした新生姜、そうめんの薬味に使うも食べきれない分は日持ちするようにと甘酢漬けにしました。

Details »

四ノ宮 鈴や

花火大会へ向かうに山科を通るならと、お昼ごはんは鈴やでカレーです。

Details »

びわ湖大花火大会

何年ぶりか記憶にないほどですが、今年良い機会に恵まれまして琵琶湖の花火大会に行ってきました。

高台から望む最高のロケーションです。 Details »

オイルメンテナンス

宣言していましたカウンターのオイルメンテナンス、月曜晩に行っての今朝の様子です。

Details »

焼き黒豆枝豆

通りかかった八百屋さんに早くも黒豆の枝豆(大好物)が出ていて、大量買いしました。

亀岡産とのこと、持ち帰って早速いただきます。

Details »

お盆の前に

連日家もお店もクーラーつけっぱなし、室内の空気は乾燥気味です。

冬場に加えてこの時季にも気にしておきたいのが木製家具のオイルメンテナンス。

Details »

「バウハウスへの応答」

本日8月4日(土)から京都国立近代美術館で始まりました展示、「バウハウスへの応答」を見に行ってきました。

Details »

奈良屋の九重

会津の方からのいただきもの、奈良屋の九重(ゆず味)です。

すぐには何なのか分からなかったのですが、飲み物のようで。

Details »

GYOZA OHSHO 烏丸御池店

烏丸御池にあるオシャレ王将に行ってきました。

店名表記も「餃子の王将」ではなく「GYOZA OHSHO」。 Details »

大判薄手 白雪ふきん

大判薄手の白雪ふきん、キッチン周りでの使用の他ハンドタオルとしてお求めになる方もおられまして。

8枚の蚊帳生地を重ねて縫製している白雪ふきん、 Details »